小澤一郎

1977年9月1日生まれ、京都市出身。早稲田大学卒。スペインでサッカージャーナリストとしての活動を開始し、2010年3月に帰国。日本とスペインの両国で育成年代の指導経験があり、現場視点からの執筆を得意とする。著書に『スペインサッカーの神髄』(サッカー小僧新書)、『サッカー選手の正しい売り方 移籍ビジネスで儲ける欧州のクラブ、儲けられない日本のクラブ』(カンゼン)、Twitterのアドレスは@ichiroozawa。有料メールマガジン『小澤一郎の「メルマガでしか書けないサッカーの話」』も好評配信中。

「余命5年」 “ 死”に近づくリーガ・エスパニョーラ

不健全なクラブ経営は、リーガ・エスパニョーラの「寿命」を縮めている。
増え続けるクラブの負債、300名を超す選手への給与未払い。
経営破綻寸前のクラブを抱えるリーガはこれからも存続し続けられるのか?
バルセロナ大学経済学部教授であり、国内の複数クラブの経営アドバイザーを務めるホセ・マリア・ガイ氏がリーガの現状と未来について語る。

鈴木政一監督率いるU-18日本代表を見る上で、必要な物差しとは?

3大会連続でW-20ワールドカップ出場を逃している日本。2015年のU-20W杯出場を目指し、U-18代表監督にジュビロ磐田で黄金期を築いた鈴木政一氏が就任した。鈴木監督の目指すチーム作りと、アンダーカテゴリ代表に求められる役割に迫る。

優秀な若手がJリーグに来なくなる? TC請求権とは何か?

FIFAの移籍規則に記載されている、23歳以下の選手に対するTC(トレーニングコンペンセーション)の支払義務。一方Jリーグはローカルルールで運用されている。両者を比較すると育成機関に入る金額に大きな差がある。このトレーニングコンペンセーションを分析する。

サッカーの現場に体罰はあるのか?『小澤一郎の育成指導をさぐる旅』

『ジュニアサッカーを応援しよう』誌上で小澤一郎氏がレポートしている「育成指導を探る旅」。今回は、JFAが示した「サッカーの指導現場において、今後一切の暴力を根絶する」をテーマに、指導現場における暴力について考えていく。

“スーペル・デポル”を率いた稀代の戦術家・ハビエル・イルレタ インタビュー

「今後は戦術的な柔軟性、多様性を持ったチームが勝ち残っていく時代になる」
巧みな戦術を駆使し、デポルティーボ・ラコルーニャ(スペイン)の黄金期「スーペル・デポル」を築き上げたハビエル・イルレタ。稀代の戦術家と謳われる彼が、現代戦術の「トレンド」と「進化」を紐解く。

検証・移籍ルール変更後のJリーグ ~Jクラブは直面する現実にどう対処すべきか?~(後編)

FIFAルール採用でそれまでローカルルールとして存在していた国内の移籍保償金が撤廃されてから1年余り。相次ぐ0円移籍など、その影響は如実に現れている。Jリーグのクラブや選手は直面する問題をどのように解決するべきか?鹿島アントラーズの鈴木満強化部長、ヴァンフォーレ甲府の佐久間悟GM、日本サッカー協会認定選手エージェントの田邊伸明氏に話を聞き、これからの移籍のあるべき姿を考察する。

検証・移籍ルール変更後のJリーグ ~Jクラブは直面する現実にどう対処すべきか?~(前編)

FIFAルール採用でそれまでローカルルールとして存在していた国内の移籍保償金が撤廃されてから1年余り。相次ぐ0円移籍など、その影響は如実に現れている。Jリーグのクラブや選手は直面する問題をどのように解決するべきか?鹿島アントラーズの鈴木満強化部長、ヴァンフォーレ甲府の佐久間悟GM、日本サッカー協会認定選手エージェントの田邊伸明氏に話を聞き、これからの移籍のあるべき姿を考察する。

柏レイソルの育成戦略が示す、日本的な育成システムの構築法

『クラブ改革の3つのステップ』
酒井宏樹、工藤壮人、茨田陽生など、アカデミーからトップへ有能な選手を多く輩出する柏レイソル。クラブが育成に力を注ぐ背景には、どのようなビジョンがあるのだろうか。ユース年代の指導者、アカデミーダイレクターを経て、強化部長に就任した吉田達磨氏の話をもとに、育成をベースとしたクラブ改革の全貌に迫った。

サンフレッチェ広島のブレない指針(後編)【サッカー批評 issue50】

『トップチームと育成組織の幸福な関係とは? 育成型クラブのロールモデル』
駒野友一、森崎兄弟、柏木陽介、槙野智章などユースから優秀な人材を多数輩出し、また「人もボールも動く魅力的なサッカー」というスタイルが定着したサンフレッチェ広島。「育成型クラブ」の代名詞とまで言われるこのクラブの現在地と未来を探るべく、2011シーズン開幕前の広島を訪ねた。

サンフレッチェ広島のブレない指針(前編)【サッカー批評 issue50】

『トップチームと育成組織の幸福な関係とは? 育成型クラブのロールモデル』
駒野友一、森崎兄弟、柏木陽介、槙野智章などユースから優秀な人材を多数輩出し、また「人もボールも動く魅力的なサッカー」というスタイルが定着したサンフレッチェ広島。「育成型クラブ」の代名詞とまで言われるこのクラブの現在地と未来を探るべく、2011シーズン開幕前の広島を訪ねた。

新着記事

↑top