齋藤祐太

上智大学外国語学部ポルトガル語学科所属。ポルト大学文学部交換留学。
ポルトガル滞在中に、「ストライカーDX」ウェブ版のワールドサッカー通信局ポルトガル通信を担当。
FCポルトのソシオとなり、毎週末スタジアムへ足を運んだ。帰国後も日本からポルトガルサッカー情報を発信中。
Twittterアカウントは@yutasaito_pt

類を見ないポルトガル人監督によるCL。勝ち残った“マディラの真珠”は富豪の舌を唸らせるか

類を見ないポルトガル人監督によるCL。勝ち残った“マディラの真珠”は富豪の舌を唸らせるか

6名のポルトガル人監督が決勝トーナメント進出をかけて争った今シーズンのチャンピオンズリーグ(以下、CL)のグループステージ。熾烈な争いを勝ち抜けたのは、モナコの若手監督レオナルド・ジャルディンだった。今月から始まる決勝トーナメントでは“バトルロワイアル”の蚊帳の外に置かれた2者が激突する。

田中順也を指揮する「男前」監督、マルコ・シウバ。モウリーニョ、ビラス・ボアスに継ぐポルトガルの“若き名将”

田中順也を指揮する「男前」監督、マルコ・シウバ。モウリーニョ、ビラス・ボアスに継ぐポルトガルの“若き名将”

今季、田中順也が加入したスポルティングで指揮を執るマルコ・シウバ監督。選手としては平凡なキャリアに終わりながら、37歳という若さで国内有数のビッグクラブの指揮官に就任。モウリーニョ、ビラス・ボアスと続くポルトガルの“若き名将”の系譜を継ぐ男だ。

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top