植松久隆

1974年生まれ。福岡県出身。豪州ブリスベン在住。成蹊大学文学部卒業後、一般企業勤務を経て、2003年に渡豪。現地邦字紙・日豪プレスに勤務のかたわら、豪州サッカー事情に関しての執筆を始める。一時帰国を経て、06年に再渡豪。07年からフリーランスとして本格的に活動開始、現在に至る。自称“豪州番記者”として、豪州サッカーを日本に発信するというニッチな役回りを地道にこなしている。日豪プレス掲載のコラム「日豪サッカー新時代」は、豪州サッカー好きに愛されて好評連載中。

「セレ女ブーム、正直羨ましい」。セレッソから期限付き移籍、豪州で奮闘する永井龍の現在地

「セレ女ブーム、正直羨ましい」。セレッソから期限付き移籍、豪州で奮闘する永井龍の現在地

オーストラリア・Aリーグでプレーする永井龍。セレッソ大阪から期限付きで移籍したパースで活躍を続けている。豪州で生活することで得たもの、そして自身の将来像をどう捉えているのか? 本人に話を聞いた。

豪州で増す「日本サッカー」の存在感。小野伸二とQLD日本代表の試合を通じて見えたもの

豪州で増す「日本サッカー」の存在感。小野伸二とQLD日本代表の試合を通じて見えたもの

オーストラリアで日本サッカーのプレゼンスが高まっている。もちろん小野伸二の存在は大きいが、それだけではない。クィーンズランド州のセミプロ・リーグには日本人コミュニティによるクラブが存在する。彼らと小野の試合を通じて見えたことを、豪州在住記者がレポートする。

クラブの“切り札”として活躍する小野の人気は非常に高い

なぜそこまで大きな騒動になってしまったのか。小野伸二、豪州での引退報道の真相

先月末、話題となった小野伸二の引退報道。本人が否定したことで騒ぎは収まったが、そもそもなぜそのような事態になってしまったのか。その背景にあるのは、オーストラリアにおける絶大な小野の人気だ。

【豪州番ルポ】第二の小野伸二は現れるか? オーストラリアで飛躍を期す“海外組”に迫る

【豪州番ルポ】第二の小野伸二は現れるか? オーストラリアで飛躍を期す“海外組”に迫る

小野伸二の移籍で一躍脚光を浴びたオーストラリアリーグ。下部にまで目を移すと、意外と日本人選手も多く、「日本人対決」も実現している。飛躍を誓う彼らへの取材を通し、豪州リーグで活躍するために必要なことに迫った。

デルピエロ、小野伸二らスターが集結。豪州・Aリーグは本当に盛り上がっているのか?

デルピエロ、小野伸二らスターが集結。豪州・Aリーグは本当に盛り上がっているのか?

小野伸二が移籍し、一躍注目を集めるようになったオーストラリア・Aリーグ。デルピエロら大物選手が集まり、活況を呈しているように見えるが、果たしてそれは本当なのか? 現地記者が実情をレポートする。

東アジア杯、主力不在の豪州代表だが――。オジェック監督が是が非でも日本に勝たなければならない理由

東アジア杯、主力不在の豪州代表だが――。オジェック監督が是が非でも日本に勝たなければならない理由

25日に日本戦を控えるオーストラリア代表。日本と同様、主力メンバーは招集できず、フレッシュなメンバーが中心である。しかし、オジェック監督は他国よりも結果を欲している。それはなぜなのか?

5発大勝でモイズ体制初勝利をあげたマンU。順調な仕上がりを見せ万全の状態で日本へ

5発大勝でモイズ体制初勝利をあげたマンU。順調な仕上がりを見せ万全の状態で日本へ

20日、オーストラリアでAリーグ・オールスターズと対戦したマンチェスター・ユナイテッド。タイでの試合とは一転、動きの良くなったユナイテッドは5-1と解消した。

新着記事

↑top