“監督”ガットゥーゾ吠える!「ボランチに必要な技術的な要素は“気合い”。これだけ」

2013年08月18日(Sun)11時25分配信

text by クリスティアーノ・ルイウ
Tags:

ド下手がジダンに立ち向かう術とは?

「とにかく、グラスゴーでの1年(97/98シーズン)は何物にも代え難い経験だった。そのときの魂は遂に引退まで僅かさえも霞まなかったしな。

 要するに、強靭な意志さえあれば誰だって目指す場所に辿り着ける。大切なのは、徹底して勇猛に戦い抜くこと。スピリットさえ持ってりゃぁ“タマ際に弱い”選手にはなり得ないわけよ。

 競り合う相手が2メートルの化け物みたいな体躯の野郎でもオレは負けなかったし、むしろぶっ飛ばしていただろ? つまり、強靭な意志なくして“メディアーノ”は絶対に務まらないんだな。

 でも、激しく走り続けたせいで、さすがのオレも身体はもうボロボロになっちまった……。一方で、我が盟友・アンドレアの野郎は35でも、まだ優雅に軽やかにプレーしてやがる。うらやましい限りだよ(笑)」

――つまり、君が考えるボランチに必要な技術的な要素とは?

「気合い。これだけさ(笑)。このガットゥーゾが相手にしてきたのはジダンであり、CR7(クリスティアーノ・ロナウド)であり、あるいはロナウジーニョ、メッシだぜ。まともに渡り合える相手じゃないだろ?

 しかも、何遍も繰り返すが、喋ってんのはド下手なガットゥーゾだぜ。そんなヤツが対ジダンに一体どう立ち向かってくか。そりゃぁ、気合いしかねぇってことになるんだよ(笑)。

 ミラン時代のこと。あのアンドレア(・ピルロ)と一緒に練習する度に思ってたんだよ。“こいつの巧さはマジでヤバいぜ”と。さっきも言った通り、そんな超一流のヤツらとの差を埋める手段でオレが持っているのはただひとつしかないとね(笑)」


“気合い”。闘犬らしい表現でボランチの哲学を語ったガットゥーゾ。では、彼が思う理想のボランチ像とはどんなものなのか? そしてまったくタイプの異なる盟友ピルロについて何を思うのか? さらに監督としてどのような“気合い”をチームに注入していくのか?

 続きは『欧州サッカー批評08』でお楽しみください。

1 2

新着記事

↑top