Jリーグ

Jリーグの最新コラム・ニュースを網羅! ここを読めばJリーグの今がわかります。

1030Maruyama_getty

名古屋グランパス、丸山祐市は日本代表に値する。左利きのCBならではのプレーとは?【西部謙司のJリーグピンポイントクロス】 2020.10.30

名古屋グランパスは、今季の明治安田生命J1リーグ2位の失点数を誇っている。センターバックで中谷進之介とコンビを組む丸山祐市は、Jリーグでは数少ない左利きのセンターバックだ。左利きの左センターバックには、右利きには難しいプレーがあるという。(文:西部謙司)

1027Nagasawa_getty

浦和レッズは前進している。改革元年の成果を検証、目を引くセンターラインの役割【週刊J批評】 2020.10.27

明治安田生命J1リーグ、浦和レッズ対セレッソ大阪が24日に行われ、浦和が3-1で逆転勝利を収めている。強化体制を一新した浦和にとって今季は3年計画の元年に当たるが、最近の好調の理由はどこにあるのだろうか。(文:河治良幸)

Jリーグ

J1、J2、J3今節の見どころは? サガン鳥栖と湘南ベルマーレが中3日で再戦、大宮アルディージャは緊急事態だが… 2020.10.24

明治安田生命Jリーグは今週末、J1第24節&第28節、J2第29節、J3第23節を迎える。その中で、今節はどのような対戦カードが組まれているのか。注目試合や選手、見どころなどをピックアップした。

1024Watanabe_getty2

Jリーグ屈指の知将はゲームプランをどう作る? ベガルタ仙台元監督が語り尽くす【渡邉晋マネジメント論 後編】 2020.10.24

ゴールからの逆算、すなわち「良い立ち位置」を追い求め続けた監督時代の6年間を時系列で振り返りながら、いまだ仙台サポーターから絶大な支持を得る「知将」の戦術指導ノウハウをあますところなく公開した渡邉晋氏初の著書『ポジショナルフットボール実践論』から、チームマネジメント論の章から一部抜粋して前後編で公開する。今回は後編。(文:渡邉晋)

1024Watanabe_getty1

プロサッカー監督はスタメンとベンチをどう選ぶのか? ベガルタ仙台元監督が明かす【渡邉晋マネジメント論 前編】 2020.10.24

ゴールからの逆算、すなわち「良い立ち位置」を追い求め続けた監督時代の6年間を時系列で振り返りながら、いまだ仙台サポーターから絶大な支持を得る「知将」の戦術指導ノウハウをあますところなく公開した渡邉晋氏初の著書『ポジショナルフットボール実践論』から、チームマネジメント論の章から一部抜粋して前後編で公開する。今回は前編。(文:渡邉晋)

1023Okuno_getty

セレッソ大阪、MF奥埜博亮はなぜFWで起用されるのか? 変化するストライカーの役割【西部謙司のJリーグピンポイントクロス】 2020.10.23

セレッソ大阪でプレーする奥埜博亮は、ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督の下ではFWで起用されることが多い。元々は中盤を本職とする奥埜はなぜ最前線でプレーするのか。時代とともに変化するFWの役割を考える。(文:西部謙司)

ガンバ大阪

ガンバ大阪が止まらない。J1屈指のタレント力で勝ち点大稼ぎ、盤石ではないが強いその理由は?【週刊J批評】 2020.10.20

宮本恒靖監督率いるガンバ大阪が好調だ。現在、明治安田生命J1リーグでは引き分けを挟んで7連勝中と勝ち点を次々と稼いでいる。試合内容で相手を大きく上回っているわけではないにもかかわらず、なぜガンバ大阪は白星を奪い続けることができるのだろうか。(文:河治良幸)

Jリーグ

J1、J2、J3今節の見どころは? 川崎フロンターレ対名古屋グランパス、再び11連勝阻止なるか? 2020.10.17

明治安田生命Jリーグは今週末、J1第23節、J2第27節、J3第22節を迎える。その中で、今節はどのような対戦カードが組まれているのか。注目試合や選手、見どころなどをピックアップした。

20201015_watanabe2_getty

蜂須賀孝治が発していた「切れてるよ!」の意味。ベガルタ仙台流ポジショナルプレーの原則とは?【渡邉式ポジショナルプレー・後編】 2020.10.15

ゴールからの逆算、すなわち「良い立ち位置」を追い求め続けた監督時代の6年間を時系列で振り返りながら、いまだベガルタ仙台サポーターから絶大な支持を得る「知将」の戦術指導ノウハウをあますところなく公開した、渡邉晋氏初の著書『ポジショナルフットボール実践論』から、「渡邉式ポジショナルプレー」の章を発売に先駆け一部抜粋して前後編で公開。今回は後編。(文:渡邉晋)

渡邉晋

ポジショナルプレーを実践するためには…。ベガルタ仙台元監督、渡邉晋が明かす「共通語」【渡邉式ポジショナルプレー・前編】 2020.10.15

ゴールからの逆算、すなわち「良い立ち位置」を追い求め続けた監督時代の6年間を時系列で振り返りながら、いまだベガルタ仙台サポーターから絶大な支持を得る「知将」の戦術指導ノウハウをあますところなく公開した、渡邉晋氏初の著書『ポジショナルフットボール実践論』から、「渡邉式ポジショナルプレー」の章を発売に先駆け一部抜粋して前後編で公開。今回は前編。(文:渡邉晋)

1007Watanabe_getty

内田篤人が、香川真司が示した“逆ヒント”。渡邉晋がベガルタ仙台のスタイルを作り上げた原点とは?【ポジショナルプレー前夜 後編】 2020.10.07

ゴールからの逆算、すなわち「良い立ち位置」を追い求め続けた監督時代の6年間を時系列で振り返りながら、いまだ仙台サポーターから絶大な支持を得る「知将」の戦術指導ノウハウをあますところなく公開した、渡邉晋氏初の著書『ポジショナルフットボール実践論』から、仙台が「ポジショナルプレー」と評価されるスタイルのベース築く年を振り返った章を、発売に先駆け一部抜粋して前後編で公開する。今回は後編。(文:渡邉晋)

1007Watanabe_getty3

渡邉晋が語る、ベガルタ仙台のポジショナルプレーはこうして生まれた。偶然の産物だった仙台スタイル【ポジショナルプレー前夜 前編】 2020.10.07

ゴールからの逆算、すなわち「良い立ち位置」を追い求め続けた監督時代の6年間を時系列で振り返りながら、いまだベガルタ仙台サポーターから絶大な支持を得る「知将」の戦術指導ノウハウをあますところなく公開した、渡邉晋氏初の著書『ポジショナルフットボール実践論』から、仙台が「ポジショナルプレー」と評価されるスタイルのベース築く年を振り返った章を、発売に先駆け一部抜粋して前後編で公開する。今回は前編。(文:渡邉晋)

1006Juanma_getty

アビスパ福岡はなぜ勝ち続けるのか? 今季も“魔境”のJ2、9連勝で17位から2位へ急浮上の理由【週刊J批評】 2020.10.06

明治安田生命J2リーグは例年と同様、激しい昇格争いが繰り広げられている。アビスパ福岡は3連敗を喫するなど、苦しい序盤戦を過ごしたが、クラブ史上初の9連勝で昇格圏の2位に浮上した。快進撃の理由はどこにあるのだろうか。(文:河治良幸)

Jリーグ

J1、J2、J3今節の見どころは? セレッソ大阪は川崎フロンターレにリベンジ! 監督交代のジュビロ磐田は新体制初陣へ 2020.10.03

明治安田生命Jリーグは今週末、J1第20節、J2第24節、J3第19節を迎える。その中で、今節はどのような対戦カードが組まれているのか。注目試合や選手、見どころなどをピックアップした。

1002Matsuoka_getty

平均20歳、マリノスに挑んだサガン鳥栖の若き4バック。小柄なCBが活きるサッカーとは?【西部謙司のJリーグピンポイントクロス】 2020.10.02

明治安田生命J1リーグ第25節、横浜F・マリノス対サガン鳥栖が9月30日に行われ、1-1の引き分けに終わっている。この試合で4バックに若い選手を並べた鳥栖は、昨季王者の横浜FMとどう渡り合ったのか。小柄なセンターバックの起用が戦いのカギを握っていた。(文:西部謙司)

新着記事

↑top