Jリーグ

0714tokyo_hasegawa

FC東京が抱く自信の理由。昨季失速の原因を糧に…長谷川健太監督が描く後半戦のプラン【英国人の視点】 2019.07.14

明治安田生命J1リーグは第18節が終了した時点で、FC東京が首位を走っている。昨季のFC東京は前半戦を2位で折り返したものの、後半に失速。しかし、チームは昨季の失速の原因をつきとめ、それを成長の糧にしているようだ。初のJ1優勝を狙うチームが考える、今後の戦いにおける鍵はどこにあるのだろうか。(取材・文:ショーン・キャロル)

20190713_jleague_getty

J1、J2、J3今節の見どころは? 多摩川クラシコから目が離せない! J2では激闘必至の首位攻防戦も【編集部フォーカス】 2019.07.13

明治安田生命Jリーグは今週末、J1第19節、J2第22節、J3第16節を迎える。徐々に勝ち点差は広がり、勢力図ができつつあるが、リーグはまだまだ続く。今節はどのような対戦カードが組まれているのか。注目試合や選手、見どころをピックアップした。

0712villa01

神戸・ビジャが見せる形容しがたい体とボールの動き。華麗さはないが野性的な強さを感じるストライカーの神髄【西部の目】 2019.07.12

明治安田生命J1リーグは第18節を終えた時点で、10得点をあげているヴィッセル神戸のダビド・ビジャが、得点ランキングでトップタイに立っている。特に最近6試合は6得点とゴールを量産中のビジャだが、高い得点能力にはどのような秘密があるのだろうか。(文:西部謙司)

永井謙佑

FC東京、永井謙佑。ストライカーとして増す怖さと貫禄。成長の理由、日の丸を背負う効果とは 2019.07.10

明治安田生命J1リーグ第18節、FC東京対ガンバ大阪戦が7日に行われ、ホームのFC東京が3-1で快勝した。雨が降りしきる中、持ち味の俊足だけなく、高い技術とゴール前の冷静さで2得点1アシストの活躍を見せたのがFW永井謙佑。約4年ぶりに日本代表に選出され“代表オーラ”をまとい、FWとしての歩みを進める30歳のストライカーに迫る。(取材・文:下河原基弘)

0710koike01

鹿島・小池裕太が明かした偽らざる本音。大学から海外へ挑戦の苦悩、「心技体」が整った磐田戦のゴールの裏側 2019.07.10

明治安田生命J1リーグ第18節が行われ、6日にジュビロ磐田と対戦した鹿島アントラーズは、2-0で勝利を収めた。この試合で2得点に絡んだのは、3月にシント=トロイデンから期限付き移籍で加入した小池裕太。チームをJ通算500勝へと導いたこの試合で、ベルギーで苦しんだ22歳の左サイドバックは偽らざる本音を明かしている。(取材・文:藤江直人)

イタリア人女子が選ぶイケメンJリーガー

イタリア人女性70人が選ぶ!イケメンJリーガー総選挙<J1・前編>。“アモーレ”込めて選ばれたのは?【編集部フォーカス】 2019.07.10

美しく力強いプレーで女性ファンを虜にするサッカー選手はもちろんだが、それに加え格好良いルックスも持ち合わせている選手の人気は絶大だ。ただ、日本人にいわゆる“イケメン”と呼ばれる選手は、外国人にどのように映っているのか疑問に抱いたことはないだろうか?そこで、今回はイタリア人女性70人に協力してもらいJ1イケメン総選挙を開催した。イタリア人女性が「格好良い」と思うJリーガーとは?今回はJ1クラブの選手に限り、10位から6位までを発表していく。(取材:浜川絵理【イタリア】)※実施方法 イタリア人女性5人に“一般的に格好良いと思われるであろう”選手を各チーム3人、すなわちJ1の18チームで合計54人を選出してもらった(2019年6月30日時点でJ1に所属している選手を対象)。その後、70人のイタリア人女性に「あなたが格好良いと思う選手を2人選んで」とアンケートを実施した。

林彰洋

FC東京GK林彰洋は、なぜ32歳にして全盛期を迎えたのか?「ぼくもキライでしたからね、GKが(笑)」【インタビュー後編】 2019.07.09

前半戦を首位で折り返したFC東京が7月14日、味の素スタジアムに昨季王者の川崎フロンターレを迎えて「第34回多摩川クラシコ」を開催する。この、優勝の行方を占う大一番を前に、FC東京の守護神である林彰洋がGKの視点で多摩川クラシコをプレビュー。そして今シーズンの戦いぶりにも直結する、攻守に活躍するスーパーGKとしての新境地に、いかにしてたどり着いたかを前後編に渡って語ってもらった。今回は後編。(文:後藤勝)

林彰洋

FC東京の最強GK林彰洋は、いかにして新境地にたどり着いたのか?「“日本流”にシフトしただけ」【インタビュー前編】 2019.07.09

前半戦を首位で折り返したFC東京が7月14日、味の素スタジアムに昨季王者の川崎フロンターレを迎えて「第34回多摩川クラシコ」を開催する。この、優勝の行方を占う大一番を前に、FC東京の守護神である林彰洋がGKの視点で多摩川クラシコをプレビュー。そして今シーズンの戦いぶりにも直結する、攻守に活躍するスーパーGKとしての新境地に、いかにしてたどり着いたかを前後編に渡って語ってもらった。今回は前編。(文:後藤勝)

20190706_jleague_getty

J1、J2、J3今節の見どころは? ジュビロは“初陣”を飾れるか。マリノス対トリニータの上位対決も!【編集部フォーカス】 2019.07.06

明治安田生命Jリーグは今週末、J1第18節、J2第21節、J3第15節を迎える。徐々に勝ち点差は広がり、勢力図ができつつあるが、リーグはまだまだ続く。今節はどのような対戦カードが組まれているのか。注目試合や選手、見どころをピックアップした。

久保建英

久保建英が紡ぐ聞き手の涙腺を緩ませる言葉。レアルが見初めた理由が凝縮された、旅立ちの置き土産 2019.07.01

6月29日の明治安田生命J1リーグ第17節・FC東京対横浜F・マリノスの試合後に行われた壮行セレモニーを行った久保建英。その言動は一瞬にして場の空気を変えた。レアル・マドリーへの移籍を決意した貫いたポリシーに、久保の実像が映し出されている(取材・文:藤江直人)

梁勇基

ベガルタのバンディエラ、梁勇基の矜持「えっ、これをミスるんやという感覚。それが面白い」【インタビュー・後編】 2019.07.01

ベガルタ仙台のMF梁勇基は、37歳になった今なお一心不乱に前だけを見る。一日たりとも無駄にせんとする姿勢はストイックそのものだ。梁はいま何を思うのか。好評発売中の『アジアフットボール批評 special issue08』から梁勇基のインタビューを一部抜粋し、前後編で公開する。今回は後編。(取材・文:海江田哲朗)

梁勇基

ベガルタのバンディエラ、梁勇基の矜持「後輩に功績を見せびらかす先輩。ダサいでしょ?」【インタビュー・前編】 2019.07.01

ベガルタ仙台のMF梁勇基は、37歳になった今なお一心不乱に前だけを見る。一日たりとも無駄にせんとする姿勢はストイックそのものだ。梁はいま何を思うのか。好評発売中の『アジアフットボール批評 special issue08』から梁勇基のインタビューを一部抜粋し、前後編で公開する。今回は前編。(取材・文:海江田哲朗)

松本山雅

松本山雅が4年前の失敗を繰り返さないために。必要なのは勝利のみ、いざガンバとの大一番へ【英国人の視点】 2019.06.29

J1昇格1年目を迎えている松本山雅FCだが、ここまでは苦しんでいる。16試合を終え稼いだ勝ち点はわずか「16」。このままいけば2015シーズンと同じく1年でのJ2降格という最悪の事態は避けられないだろう。しかし、田中隼磨は同じ過ちを繰り返さないと力強く語る。ここからの巻き返しへ。まずは第17節のガンバ大阪戦が、一つの分岐点となるはずだ。(取材・文:ショーン・キャロル)

20190629_jleague_getty

J1、J2、J3今節の見どころは? FC東京対マリノスの首位攻防戦に注目。サンフレッチェはACLの雪辱を果たせるか【編集部フォーカス】 2019.06.29

明治安田生命Jリーグは今週末、J1第17節、J2第20節、J3第14節を迎える。徐々に勝ち点差は広がり、勢力図ができつつあるが、リーグはまだまだ続く。今節はどのような対戦カードが組まれているのか。注目試合や選手、見どころをピックアップした。

新着記事

FChan TV

↑top