南米/その他リーグ

後藤航

撃ち込まれた銃弾が応援の証。狂気のアルゼンチンサッカー、その熱を唯一の日本人プロ選手が語る【インタビュー】 2019.01.04

アルゼンチン3部リーグで活躍する日本人選手がいる。アルミランテ・ブラウンに所属するFW後藤航は、高校卒業後に単身でアルゼンチンのクラブの門を叩いた。そんな後藤が、他国にはない熱を持つアルゼンチンサッカーについて語ってくれた。(取材・文:カルロス矢吹)

ヴァイッド・ハリルホジッチ

これが真のハリル流。日本代表と真逆の物語を描くナント。デュエルで守備を固め、得点は倍増 2018.12.29

ロシアワールドカップ直前に日本代表を解任されたヴァイッド・ハリルホジッチ監督がナントで躍動している。就任した第8節以降、得点は倍増。ピッチサイドでは生き生きとし、会見ではジョークを飛ばす。そんな姿を現地在住記者がレポートする。(取材・文:小川由紀子)

パリ・サンジェルマン

ネイマール&エムバペに対マンU。今季こそ期待高まるも…フランス勢が欧州で苦しむ要因とは? 2018.12.22

チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグともにグループリーグの全試合を終え、いよいよ決勝トーナメントに舞台は移る。フランス勢は、CLでは2クラブ、ELでは1クラブがGL突破を果たす形となった。ただ、PSGを筆頭に、フランス勢は欧州の舞台で苦戦することが多く、今回も厳しい戦いが予想されている。なぜ、欧州カップ戦で結果を残すことができないのだろうか。(文:小川由紀子【フランス】)

安部裕葵

鹿島のすべてを変えた男、安部裕葵の存在。いざ準決勝へ、プライドと意地が呼び込んだ勝利 2018.12.17

現地時間15日、FIFAクラブワールドカップ準々決勝・鹿島アントラーズ対グアダラハラの一戦が行われ、3-2で鹿島が勝利している。前半は劣勢だったアジア王者だったが、後半に3点をもぎ取り、見事準決勝へ駒を進めた。立役者となったのは、19歳の安部裕葵だった。(文:小澤祐作)

パリ・サンジェルマン

ネイマール1人=リヨン。強さも予算も勝てるわけがない!? 無双中のPSG、それでも… 2018.11.23

パリ・サンジェルマンの勢いが止まらない。18/19シーズン開幕から13連勝とし、欧州5大リーグの連勝記録を更新中である。ライバルクラブの選手も、もはやお手上げ状態だ。ただ、真の評価を下すのはまだ早い。(取材・文:小川由紀子【フランス】)

ウサイン・ボルト

「ボルト騒動」はなぜ長引き、なぜ幕を下ろしたのか? 世界最速の男をめぐる“大人の事情” 2018.11.09

オーストラリア・Aリーグがかつてないほどに世界的な注目を浴びた。セントラル・コースト・マリナーズは、練習生として帯同していた陸上短距離界の元世界王者ウサイン・ボルトと正式な契約を結ばないことを発表した。この結論が出るまでに多くの時間を費やした理由とは。(文:植松久隆)

リーグアン

フランスリーグはスター選手が来るのに輸出国? 輸入国ではない理由と五大リーグでの位置付け 2018.10.31

ワールドカップで優勝したフランスだが、リーグアンは欧州五大リーグの中でも輸出国と言われる。パリ・サンジェルマンのネイマール、19歳でフランス代表の10番をつけているキリアン・エムバペら有名選手が所属するフランスリーグはイングランド、スペイン、ドイツ、イタリアのリーグに比べどんな違いがあるのか。現在のフランスリーグとは…(文:小川由紀子【フランス】)

ネイマール

ネイマールがとった”信じられない行動”。背景にある変化の芽生え、スーパースターが真のリーダーへ 2018.10.15

ネイマールが好調を維持している。リーグ戦9試合を終え8得点4アシストと、申し分ない活躍だ。鳴り物入りで入団したスーパースターは今、パリ・サンジェルマンをけん引するリーダー的存在へと変化を果たしている。その理由はどこにあるのだろうか。(取材・文:小川由紀子【フランス】)

トーマス・トゥヘル

トゥヘルがPSGにもたらす変化。工夫施す選手の徹底管理、良質なクラブを作り上げるその手腕 2018.09.28

今季よりパリ・サンジェルマンを率いるトーマス・トゥヘル監督の評価が上がっている。リーグ戦7試合を終え全勝と、好成績を収めており、ピッチ外でもチームに和やかな雰囲気を与えている。今季のフランス王者は、これまでとは違ったチームになりつつあるだろう。(文:小川由紀子【フランス】)

パリ・サンジェルマン

PSG、最大の補強はエムバペの完全移籍。豪華なメンバーは今季も健在、CLで証明したい実力【欧州主要クラブ補強診断】 2018.09.15

2018/19シーズンは、夏の移籍市場が終了した。この夏も各チームで様々な移籍があったが、それぞれ主要クラブの動きはどうだったのだろうか。今回はパリ・サンジェルマンの補強を読み解く。

リーグ1

日本人が渇望する『本物感』の欠如。ネイマールもいるのに? フランスリーグはなぜ人気がないのか 2018.09.14

フランス、リーグ・アンの人気がない。PSGには世界有数のスターであるネイマール、最高の才能を持つエムバペ、マルセイユには日本人選手で最も欧州で活躍する酒井宏樹がいながらにして。その理由はどこになるのか。フランス在住記者が検証する。(文:小川由紀子【フランス】)

パリ・サンジェルマン

躍動するネイマール。PSG好調の要因、新指揮官がもたらした新たなスタイルとは? 2018.08.30

パリ・サンジェルマンが好調を維持している。リーグ・アン3試合を終え全勝。プレシーズンマッチは若手を中心に戦ったため、ほぼぶっつけ本番でリーグに挑んだPSGはなぜここまで安定した強さを見せられるのか。その理由には、今季から王者の指揮を執るトーマス・トゥヘルの手腕があった。(文:小川由紀子【フランス】)

遠藤航

ベルギーリーグに挑む日本人選手、第4節結果まとめ。遠藤が早くも今季2点目、そしてもう一人【編集部フォーカス】 2018.08.20

現地時間17日から19日にかけてジュピラー・プロ・リーグ第4節が行われた。昨季から同リーグで活躍する森岡亮太、豊川雄太、久保裕也、冨安健洋に加え新たに遠藤航、関根貴大、植田直通の3人がジュピラー・プロ・リーグに初参戦。計7名もの日本人選手が所属する同リーグには国内からも注目が集まるが、サムライたちの4戦目はどのような結果となったのだろうか。

植田直通

ベルギーリーグに挑む日本人選手、第3節結果まとめ。植田が欧州デビュー、久保&森岡は出番なし【編集部フォーカス】 2018.08.13

現地時間10日から12日にかけてジュピラー・プロ・リーグ第3節が行われた。昨季から同リーグで活躍する森岡亮太、豊川雄太、久保裕也、冨安健洋に加え新たに遠藤航、関根貴大、植田直通の3人がジュピラー・プロ・リーグに初参戦。計7名もの日本人選手が所属する同リーグには国内からも注目が集まるが、サムライたちの3戦目はどのような結果となったのだろうか。

リーグ・アン

“世界王者”フランス、現地記者が次世代のスター6人を選出。W杯優勝国にひしめく有望株たち 2018.08.10

ロシアW杯王者のフランス。その国内リーグであるリーグ・アンの幕開けが近づいている。プレミアリーグなどに比べ人気度が落ちる同リーグだが、将来有望な選手が多数いるのが実に魅力的なリーグでもある。そこで今回は、フランス在住の記者が注目する6人の若手選手をピックアップした。(文:小川由紀子【フランス】)

新着記事

FChan TV

↑top