南米/その他リーグ

リオネル・メッシ

メッシが“悪者”で終わった南米の祭典。ブラジルは真の勝者、メディアが作り出したピッチ外の敵意【コパ・アメリカ】 2019.07.10

コパ・アメリカ2019(南米選手権)は開催国ブラジルが12年ぶり9回目の優勝を果たした。グループリーグ初戦から約3週間にわたる戦いの中で見えたのは、真の勝者としてのセレソンと、最後に退場させられたリオネル・メッシの物悲しさ、そしてメディアの持つ途方もない力だった。(取材・文:舩木渉【ブラジル】)

ブラジル アルゼンチン

極上の熱狂。ブラジル対アルゼンチンで見た「ロジックではない」南米サッカーの真髄【コパ・アメリカ】 2019.07.05

コパ・アメリカ2019(南米選手権)は残すところ3位決定戦と決勝のみとなった。準決勝では開催国ブラジルと、最大のライバル・アルゼンチンが激突。南米の“クラシコ”はこれまでの試合とはスタジアムの雰囲気が全く違った。極上の一戦を演出した熱狂はいかに生み出されたのだろうか。(取材・文:舩木渉【コパ・アメリカ】)

昌子源

昌子源、「俺ら次第やん」が通用しない。直撃取材で吐露した本音と残留争いの苦悩 2019.05.17

今冬にフランス、リーグ・アンに所属するトゥールーズへと移籍を果たした昌子源。ロシアW杯にも出場したCBは現在、新天地デビューから16試合連続フル出場を果たしているなど、チームの主力としてプレーしている。しかし、クラブはなかなか勝つことができない。そして昌子は、今まで体験したことのなかった出来事を体験し、「しんどい」と吐露した。(取材・文:小川由紀子【フランス】)

ジルー 長谷部

チェルシー対フランクフルト、熱戦の行方は? 長谷部誠は小野伸二以来のEL決勝進出なるか【EL準決勝プレビュー】 2019.05.09

ヨーロッパリーグの準決勝2ndレグ、チェルシー対フランクフルトが現地9日に行われる。1stレグはドイツでドロー、次なる戦いの舞台はロンドンとなる。勝負の行方は? そして長谷部誠は2001/02シーズンの小野伸二以来、日本人で2人目の欧州カップ戦決勝の舞台に立てるだろうか。

パリ・サンジェルマン

PSGの狂い始めた歯車。一冠どまりは「大失敗」、揺らぎだした巨大戦艦の行く末は… 2019.05.04

フランスでは圧倒的な戦力を有するパリ・サンジェルマンの今季は、失望と共に終わろうとしている。獲得したタイトルはリーグ戦のみ。CLではまさかのラウンド16敗退、国内カップ戦でも“格下”に不覚を取った。どこかギクシャクしたクラブの内外からは、不穏な空気も漂い始めている。(取材・文:小川由紀子【フランス】)

長谷部誠

長谷部誠の確信「ロンドンで何か起こせる」。ELの夢は潰えず、光溢れたフランクフルトの夜 2019.05.03

ヨーロッパリーグ(EL)も佳境を迎え、現地時間2日には準決勝1stレグが行われた。フランクフルトはホームでチェルシーと激突。長谷部誠はプレミアリーグの強豪とのギリギリのせめぎ合いの中で、決勝進出へ向けてどんな可能性を見出したのだろうか。(取材・文:本田千尋【ドイツ】)

アーセナル

不調のアーセナルを救ったトリオ。バレンシアに勝利…それでも残された課題と最大の問題点 2019.05.03

ヨーロッパリーグ準決勝1stレグ、アーセナル対バレンシアの一戦が現地時間2日に行われ3-1でホームチームが勝利している。リーグ戦では3連敗中と不調だったアーセナルだったが、前線トリオの活躍もあり久々の勝利を奪い取った。それでも重くのしかかる課題と問題点とは。(文:小澤祐作)

豊川雄太

豊川雄太は「日本にない1トップ像」を追求する。目指すはスアレス、ベルギーで得た信頼と自信 2019.04.26

多くの日本人選手が活躍するようになったベルギーリーグにおいて、異彩を放っているのが豊川雄太だ。オイペンでは1トップを任され、エースストライカーとして信頼を勝ち取っている。リオデジャネイロ五輪世代が日本代表で輝く今、24歳になった豊川は何を思い欧州での日々を過ごしているのだろうか。(取材・文:舩木渉) 

堂安律

堂安律に直撃。オランダでどのように成長を続けているのか? 日々強まる対策を破るために 2019.04.04

フローニンゲンに所属する堂安律。監督の信頼もつかみ、チームでの地位は揺るぎないものとなっている。しかし、日本代表での移動や中3日の日程、日々強まる相手チームからの対策など乗り越えるべきハードルは多い。さらなる高みを目指すため、堂安はどのように成長を続けているのか。欧州在住記者が直撃した。(取材・文:本田千尋【オランダ】)

昌子源

昌子源はフランスで何を感じたのか?「日本とは別世界」。奮戦の中で得た発見と経験値 2019.03.07

トゥールーズに所属するDF昌子源は、今年1月の加入後すぐに守備の要となった。そんな昌子源は、フランスで奮闘する中で何を感じ、何を得たのか? その経験値は今後の日本代表での戦いにおいても大きなプラスとなるはずだ。(取材・文:元川悦子【トゥールーズ】)

昌子源

昌子源に直撃。「なんでトゥールーズに来たんだよ!?」“野望のない”クラブで抱く覚悟とは 2019.03.01

今冬、フランスのリーグ・アンに所属するトゥールーズへと移籍を果たした昌子源。日本を代表するCBは新天地でさっそく実力を証明している。しかし、常勝軍団・鹿島とは違い、新クラブはまるで野望がなく、勝利への執念というものを感じることができないという。そんなトゥールーズにおいて、これまで数々のタイトルを獲得してきた昌子は今、何を思うのか。現地在住記者が本人を直撃した。(取材・文:小川由紀子【フランス】)

エミリアーノ・サラ

未だ消息不明のサラ、恩師・ハリルに伝えた感謝の意。誰からも好かれ、愛された男の実像 2019.01.28

ナントからカーディフ・シティに移籍することが決まっていたアルゼンチン人FWのエミリアーノ・サラが行方不明となってから約1週間が経った。捜索は一旦打ち切られており、未だ事件の真相は明らかになっていない。サッカーには真面目で誰からも好かれる性格だったというサラ。そんな彼の実像とは。(文:小川由紀子【フランス】)

後藤航

撃ち込まれた銃弾が応援の証。狂気のアルゼンチンサッカー、その熱を唯一の日本人プロ選手が語る【インタビュー】 2019.01.04

アルゼンチン3部リーグで活躍する日本人選手がいる。アルミランテ・ブラウンに所属するFW後藤航は、高校卒業後に単身でアルゼンチンのクラブの門を叩いた。そんな後藤が、他国にはない熱を持つアルゼンチンサッカーについて語ってくれた。(取材・文:カルロス矢吹)

ヴァイッド・ハリルホジッチ

これが真のハリル流。日本代表と真逆の物語を描くナント。デュエルで守備を固め、得点は倍増 2018.12.29

ロシアワールドカップ直前に日本代表を解任されたヴァイッド・ハリルホジッチ監督がナントで躍動している。就任した第8節以降、得点は倍増。ピッチサイドでは生き生きとし、会見ではジョークを飛ばす。そんな姿を現地在住記者がレポートする。(取材・文:小川由紀子)

パリ・サンジェルマン

ネイマール&エムバペに対マンU。今季こそ期待高まるも…フランス勢が欧州で苦しむ要因とは? 2018.12.22

チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグともにグループリーグの全試合を終え、いよいよ決勝トーナメントに舞台は移る。フランス勢は、CLでは2クラブ、ELでは1クラブがGL突破を果たす形となった。ただ、PSGを筆頭に、フランス勢は欧州の舞台で苦戦することが多く、今回も厳しい戦いが予想されている。なぜ、欧州カップ戦で結果を残すことができないのだろうか。(文:小川由紀子【フランス】)

新着記事

FChan TV

↑top