新着コラムの記事一覧

仲川輝人

日本代表、仲川輝人は“日韓戦”に生き残れるか。香港戦で新境地開拓を。10番に課せられた重要命題【E-1サッカー選手権】 2019.12.14

日本代表は14日、EAFF E-1サッカー選手権・韓国大会の第2戦で香港代表と対戦する。この試合では、10日に行われた中国戦からスタメンを大幅に変更することを明言している森保一監督。そのため、香港戦は田中碧や小川航基といった選手がデビューを飾ることになるだろう。その中で最も注目されるのが仲川輝人。JリーグMVPの男が香港戦で意識すべきこととは。(取材・文:元川悦子【韓国】)

1214Korea_getty

韓国代表、憂うべき開催国の痛々しさ。香港戦の観客はわずか1000人、市民の興味は湧かず…【E-1サッカー選手権】 2019.12.14

韓国代表は11日、EAFF E-1サッカー選手権で香港代表と対戦し、2-0で勝利を収めた。大胆な選手起用を試みた韓国は、FC東京に所属するナ・サンホのヘディング弾などで勝利したが、会場に集まった観客はわずか1070人。韓国国内の興味の薄さが目立った。(取材・文:キム・ドンヒョン【韓国】)

1214Nakagawa_getty

日本代表、韓国戦で守備が機能した香港をどう崩す? 仲川輝人が描く「中途半端なポジション」のイメージ【E-1サッカー選手権】 2019.12.14

日本代表は14日、EAFF E-1サッカー選手権で香港代表と対戦する。中国戦で使われた3-4-2-1システムは、2シャドーの働きが生命線となるだけに、シャドーでの起用が予想されるFW田川亨介とFW仲川輝人に注目したい。韓国を相手に善戦した香港を相手に、日本はどのような戦いを見せるのか。(取材・文:河治良幸【韓国】)

日本代表

【日本代表スタメン案】香港戦、メンバーの大幅変更を推す! E-1サッカー選手権第2戦のイレブンをFチャン編集部が厳選 2019.12.14

日本代表は14日、EAFF E-1サッカー選手権・韓国大会の第2戦で香港代表と対戦する。初戦の中国代表戦を2-1で制した森保ジャパン。この試合で連勝を飾り、優勝に向け大きな一歩を踏み出したいところだが、果たしてどのようなパフォーマンスを見せるだろうか。(文:編集部)

1214nadeshiko

【なでしこジャパンスタメン案】中国戦、7人入れ替えでベストメンバーが見たい。E-1サッカー選手権のイレブンをFチャン編集部が厳選 2019.12.14

なでしこジャパン(日本女子代表)は14日、EAFF E-1サッカー選手権で中国女子代表と対戦する。11日のチャイニーズ・タイペイ(台湾)戦では9-0と大勝。FIFAランキング10位の日本に次ぐ16位の中国を相手に、どのような戦いを見せるのだろうか。(文:編集部)

マンチェスター・ユナイテッド

マンU対AZ、互角だった戦いはなぜここまでの大差がついたのか。的中した采配、影の立役者は?【欧州EL】 2019.12.13

ヨーロッパリーグ(EL)・グループリーグL組第6節、マンチェスター・ユナイテッド対AZが現地時間12日に行われ、4-0でホームチームが勝利を収めた。前半互角だった戦いは、後半に入り急速に動き始めた。その理由と影の立役者とは(文:小澤祐作)

1213OgawaKoki_Getty

日本代表、五輪代表をめぐる1トップ争いの勢力図。「立場をひっくり返すため」、小川航基の変化とこだわり【E-1サッカー選手権】 2019.12.13

日本代表は14日、E-1サッカー選手権で香港代表と対戦する。第1戦から大幅なメンバー変更が予想される中で、1トップにはFW小川航基の起用が見込まれる。世代別代表をけん引してきたエースだが、ここ2年は思うような活躍ができず。「一番手じゃないことも分かっている」と現状を認めつつ、巻き返しに向けて決意を語っている。(取材・文:元川悦子【韓国】)

マルセイユ

「うわー強い!」という印象はないが好調。いま、マルセイユが熱い。名門に起きている変化とは? 2019.12.13

フランスの名門クラブであるマルセイユが好調だ。現在、同クラブはリーグ戦6連勝中でパリ・サンジェルマンに次ぐ2位。強いという印象はないが、いま最もノリに乗っているチームだと言えるだろう。昨季はリーグ戦を5位でフィニッシュ。欧州カップ戦の出場権を得ることができなかったマルセイユは、何が変わったのか。(文:小川由紀子【フランス】)

Jリーグ

J1参入プレーオフ決勝展望、湘南ベルマーレ対徳島ヴォルティス。実力は拮抗、勝敗のカギを握るのは? 2019.12.13

J1、J2入れ替え戦となるJ1参入プレーオフ決勝戦、湘南ベルマーレ対徳島ヴォルティスが14日に行われる。お互いに3-4-2-1のシステムを基本とするいわゆる“ミラーゲーム”は、激しい展開になること間違いなし。カギを握るのはどういった部分になるだろうか。(文:編集部)

新着記事

↑top