新着コラムの記事一覧

0624japan_shibasaki01

柴崎岳が示した覚悟。「底力を発揮する」キーマンに求められる、エクアドル戦での結果【コパ・アメリカ】 2019.06.24

日本代表は現地時間24日、コパ・アメリカ2019(南米選手権)のグループリーグC組第3節でエクアドル代表と対戦。両チームともに、決勝トーナメント進出のためには勝利が必要となる。攻守のキーマンとなるボランチの柴崎岳は、覚悟を持ってこの一戦に臨む。(取材・文:元川悦子【ベロオリゾンテ】)

0624colombia_jamesrodriguez

コロンビア代表が見せた強さ。ハメス・ロドリゲスの存在感、サブ組中心で収めた勝利の意味とは?【コパ・アメリカ】 2019.06.24

コパ・アメリカ2019(南米選手権)・グループリーグB組第3節、コロンビア代表対パラグアイ代表が現地時間23日に行われ、1-0でコロンビア代表が勝利をおさめた。スコアは1点差だが、試合は終始コロンビアペースであり、スコア差以上の強さを感じた。どのようにして試合を制圧したのか。(文・内藤秀明)

エクアドル代表

日本代表、エクアドル戦勝利のカギはどこに? 最も警戒すべき、“Wバレンシア”の存在【コパ・アメリカ】 2019.06.24

日本代表は現地時間24日、コパ・アメリカ2019(南米選手権)のグループリーグC組第3節でエクアドル代表と対戦する。勝てば無条件で決勝トーナメント進出を決めることができる森保ジャパンだが、それは相手のエクアドルも同じ。そのためこの一戦は激しい展開となることが予想される。その中で、日本代表が勝利するためのポイントはどこにあるのだろうか。(取材・文:河治良幸【ブラジル】)

0624argentina_aguero

獅子奮迅のエース・アグエロ。機能不全のアルゼンチン、36年ぶりのGS敗退を救った個人技術【コパ・アメリカ】 2019.06.24

コパ・アメリカ2019(南米選手権)のグループリーグB組第3節、カタール代表対アルゼンチン代表が現地時間23日に行われ、アルゼンチンが2-1で勝利。同時刻に行われたコロンビア代表対パラグアイ代表の結果により、アルゼンチンが2位となり決勝トーナメント進出を決めた。試合を通じてセルヒオ・アグエロの個人技術が光っていた。(文・加藤健一)

日本代表

【日本代表スタメン案】エクアドル戦、岡崎慎司と川島永嗣を起用すべき。コパ・アメリカ第3戦のイレブンをFチャン編集部が厳選 2019.06.24

日本代表は現地時間24日、コパ・アメリカ2019(南米選手権)、グループリーグC組第3節でエクアドル代表と対戦する。決勝トーナメント進出へ、勝利が絶対条件となる運命の一戦を迎えるが、日本代表は果たして目標を達成できるか。森保ジャパンのパフォーマンスに期待である。

久保建英

久保建英は存在価値を示せるか。三好康児の台頭で激化するサバイバル。エクアドル戦が持つ未来への意味【コパ・アメリカ】 2019.06.23

日本代表は現地時間24日、コパ・アメリカ2019(南米選手権)のグループリーグ最終節エクアドル戦に臨む。第2節ウルグアイ戦はMF三好康児の2ゴールで2-2と引き分け、勝ち点1を獲得。エクアドル戦で勝ち点3を得ればグループリーグ突破の可能性もある中、MF久保建英は自らの存在価値を示せるか。(取材・文:元川悦子【ベロオリゾンテ】)

ベネズエラ代表

ベネズエラが突いたボリビアの弱点とは? 3得点は必然、感じさせるダークホースの気配【コパ・アメリカ】 2019.06.23

コパ・アメリカ2019(南米選手権)のグループリーグA組第3節、ボリビア代表対ベネズエラ代表が現地時間22日に行われた。試合はベネズエラが3-1で勝利。他会場の結果によって2大会連続の決勝トーナメント進出を果たす形となった。この日のベネズエラの勝因は、ボリビアの弱さを的確に突いたからだと言える。ではその弱点とはどこにあったのだろうか。(文:小澤祐作)

0623brazil_willian

ブラジル代表、大勝の理由。ペルーを翻弄した際立った“個の力”【コパ・アメリカ】 2019.06.23

コパ・アメリカ2019(南米選手権)・グループリーグA組第3節、ブラジル代表対ペルー代表が現地時間22日に行われ、5-0でブラジル代表が快勝をおさめた。前半だけで3点をゲットしたブラジルは、後半には主力選手を下げる余裕を見せた上で2点追加し、点差を5点にまで広げた。ここまでわずか1失点だったペルー代表を相手になぜブラジル代表は大差をつけることができたのか。(文・内藤秀明)

三好康児

三好康児が放った伝説的な輝き。日本代表を救う2発、努力する才能が南米で完全開花【コパ・アメリカ】 2019.06.23

日本代表は現在、ブラジルでコパ・アメリカ2019(南米選手権)に参戦している。20日にはグループリーグ第2節でウルグアイ代表と対戦し、2-2で引き分けた。この試合で日本の2得点を決めたのは、22歳の三好康児だった。東京五輪世代をけん引してきた才能は、南米の地でついに完全開花の時を迎えている。(取材・文:舩木渉【ブラジル】)

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%991

決勝トーナメント表・組み合わせ・試合結果 コパ・アメリカ2019 2019.06.22

サッカー日本代表が出場するコパ・アメリカ2019(南米選手権)決勝トーナメントの試合結果・組み合わせ・トーナメントツリーは下記の通り

新着記事

FChan TV

↑top