新着コラムの記事一覧

横浜F・マリノス

マリノスのアタッキング・フットボールは死んでいない。3連敗を悲観すべきでない3つの理由 2019.08.20 NEW

前半戦で上位争いを演じていた横浜F・マリノスが、リーグ戦3連敗と苦しんでいる。この停滞は必然ともいうべきもの。夏に多くの選手が退団し、6人の新戦力が加わった。過去に例を見ないほどの急激な変化を経て、勝利を取り戻すことができるのだろうか。(取材・文:舩木渉)

マンチェスター・ユナイテッド

マンU、ミス連発の要因とは? 長所と短所が混ざり合い失った勝ち点2 2019.08.20

プレミアリーグ第2節、ウォルバーハンプトン対マンチェスター・ユナイテッドが現地時間19日に行われている。試合はアウェイチームが主導権を握りながら進めるものの、ポグバがPKを失敗するなどし、1-1で終了している。このゲームではユナイテッドの長所と短所が同時に浮き彫りになったと言えるだろう。(文:小澤祐作)

0820joaofelix

ジョアン・フェリックス、そのプレースタイルと能力値、ポジションは? アトレティコの新エースはロナウドにあらず【注目選手分析(8)】 2019.08.20

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを始め、世界各国には際立った存在感を放つ名手が数多く存在している。そんなワールドクラスのプレイヤーは、一体どのようなスキルを持ち、どのような特徴を発揮しているのか。そのプレースタイルを解説する。第8回はポルトガル代表FWのジョアン・フェリックス。(文:編集部)

20190820_eyecatch_getty

Jクラブも獲得可能? 現在フリーの名手5人(1)。昨季のCLファイナリストに本田圭佑の名も!【編集部フォーカス】 2019.08.20

ヨーロッパ各国リーグの新シーズンが続々と開幕を迎えている。移籍市場も終盤に差し掛かりつつあるが、まだまだ所属先の決まっていない選手たちはたくさんいる。Jリーグも夏の移籍市場が8月16日をもって終わりを迎えたが、追加登録期間は9月13日までとなっており、現在フリーとなっている選手を加えることは可能だ。今回フットボールチャンネル編集部では現在フリーとなっている選手5人をピックアップした。

冨安健洋

冨安健洋はハイブリッド型? ボローニャで切り拓く新境地。要求される、高度で「難しい」タスクとは 2019.08.19

コッパ・イタリア3回戦、ピサ対ボローニャの一戦が現地時間18日に行われ、3-0で後者が勝利を収めている。今夏にボローニャへ加入した日本代表DFの冨安健洋は新天地初の公式戦でスタメンフル出場。チームの勝利に貢献した結果となったが、そのパフォーマンスはどうだったのだろうか。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

0819debruyne_getty

圧巻のデ・ブルイネ。それでも…マンC戦2-2に持ち込んだトッテナムの意図とは? 2019.08.19

プレミアリーグ第2節、マンチェスター・シティ対トッテナムの一戦は2-2でドロー。多くの時間帯でシティが支配する展開だったが、結果的にポチェッティーノ監督はドローに持ちこんだ。アルゼンチン人監督にはどのような意図があったのだろうか。(文:内藤秀明)

本田圭佑

14年、本田圭佑。なぜミラノ中からブーイングを浴びたのか。「幽霊」と揶揄された、あるプレー【セリエA日本人選手の記憶(9)】 2019.08.19

日本人選手の欧州クラブへの移籍は通過儀礼とも言える。90年代、そのスタートとなったのがセリエAへの移籍だった。三浦知良や中田英寿など日本を代表する選手たちが数多くプレーしたイタリアの地。ここ最近は日本人選手が所属することはなかったが、今夏に冨安健洋がボローニャに移籍したことで、再びセリエAの注目度は高まりそうだ。この機会にこれまでの日本人選手のセリエAでの挑戦を振り返る。第9回はMF本田圭佑。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

ボローニャ美女

ボローニャ美女60人に聞いた!イケメン日本代表総選挙<後編・1位〜5位>。栄冠の行方は…?【編集部フォーカス】 2019.08.19

日本代表DFの冨安健洋は今夏、シント=トロイデンからボローニャへと加入した。今回はそのボローニャの女性たちに協力してもらい、サッカー日本代表イケメン総選挙を開催した。ボローニャ女子を虜にした日本代表選手とは?2019年に招集された全選手を対象とする。今回は5位から1位を発表する。(取材:浜川絵理【イタリア】)

中島翔哉

中島翔哉は「完璧な夜」の裏で…。本来の姿に戻ったポルト、攻撃陣大爆発で今季初勝利 2019.08.18

ポルトガル1部のポルトに所属する日本代表MF中島翔哉にとって、苦境が続いている。現地17日に行われたリーグ第2節のセトゥーバル戦ではベンチスタートとなり、途中出場するまでに試合の大勢はほぼ決していた。なぜ監督からの信頼を掴みきれないのだろうか。(文:舩木渉)

レアル・マドリー

レアルを救った“BBコンビ”の働き。数的不利にも打ち勝った、銀河系軍団の真の底力 2019.08.18

リーガ・エスパニョーラ第1節、セルタ対レアル・マドリーが現地時間17日に行われた。プレシーズンマッチでは苦戦続きであったアウェイチームだが、この日は攻守両面でセルタを上回り、見事3-1で勝利を収めている。エデン・アザールやロドリゴ・ゴエスら新戦力に負傷者が相次ぐ中、輝きを放ったのはあのコンビであった。(文:小澤祐作)

新着記事

FChan TV

↑top