フットボールチャンネル

日本代表 1か月前

A代表の失敗を繰り返さない。サッカーU-23日本代表がロングボールにやられなかったわけ【西部の目/U-23アジアカップ】

シリーズ:西部の目 text by 西部謙司 photo by 2024 Asian Football Confederation(AFC)

年代別サッカー日本代表 最新ニュース

サッカーU-23日本代表は現地時間19日、AFC U-23アジアカップカタール2024・グループリーグB第2節でU-23UAE代表と対戦し、2-0の完勝を収めた。この結果により、最終節を残してのグループ突破が決まっている。先発7名を入れ替え臨んだ一戦、勝因はどこにあったのか。(文:西部謙司)


U-23日本代表が作った良い条件

U-23日本代表
【写真:2024 Asian Football Confederation(AFC)】

 U-23UAE代表に2-0で快勝。最終戦を待たずしてグループリーグ突破を決めた。

U-23日本代表はDAZNで観よう!
通常より1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


 最初のコーナーキックを相手DFが弾き返せず中央にこぼれていて、U-23日本代表の武器であるセットプレーはチャンスになりそうな予感があった。山田楓喜のスピードのあるボールに対応できていなかった。

 8分には中央左寄りのFKを荒木遼太郎が短く山田につなぎ、山田のクロスを木村誠二がヘディングシュート。さらに11分にはクロスではなく、山田がペナルティーエリア右角付近から強烈なシュート。26分には山本理仁の斜めのクロスボールに佐藤恵允が飛び込み、GKの前に出て頭で合わせる。

 いずれも得点にはならなかったものの、山田と山本の左足から繰り出される高精度のスピードボールは相手に大きな脅威を与えていた。

 先制点は左CKを山田が大きくファーサイドへ蹴り、受けた山本がペナルティーエリア右角からクロスボールを送ると、木村が打点の高いヘディングで合わせて決めた。

 11分のGKにセーブされた山田の惜しいシュート、得点になった山本のクロスは、いずれもペナルティーエリアの右角あたりから蹴られている。

 山田のシュートの直前には、川﨑颯太がポケットに走り込んでパスを受け、それを山田に戻していた。このポケットをとってからのバックパスは初戦でも見られていて、右サイドにいる左利きのクロッサーを活かすためには有効だ。ポケットをとることで相手のディフェンスラインは押し下げられているので、山田のためのスペースが生まれると同時に、よりゴールに近い場所へインスイングのクロスを入れられるメリットがある。

 得点につながった山本のクロスの場面は、CKからだったので相手はすでにゴール近くを固めていた。その密集を飛ばしてフリーの山本へ届けたので、状況としてはポケットをとって下げた場合に似ている。いずれも左足で速いクロスを右から入れるための良い条件を作っていた。

1 2 3 4

KANZENからのお知らせ

scroll top