リーガエスパニョーラ

ロナウドはゴールゲッターとしての役割に集中し始めている

新しいC・ロナウド。“過剰”から洗練へ。肉体的なピーク越え、研ぎ澄まされる決定力【西部の目】 2017.10.20

メッシと並んで現代最高の選手と評されるクリスティアーノ・ロナウド。レアル・マドリーのエースは、頭角を現してきた当初のウインガーというイメージから一変。いまではゴールを量産するストライカーとしてのカラーが強く打ち出されている。プレーも年々洗練され、無駄のそぎ落とされた点取り屋という新しいCR7の姿が見えてきた。(文:西部謙司)

FCバルセロナはカタルーニャ自治州のバルセロナに本拠地を置く

バルサはリーガを離れるのか? カタルーニャ自治州前首相が語る、独立問題とサッカー界【インタビュー】 2017.10.14

カタルーニャ自治州の独立問題に揺れるスペイン。州都にはFCバルセロナという世界的名門クラブが居を構えるが、サッカー界はこの問題とどのように関連しているのだろうか。バルセロナのフットボールカルチャーマガジン『パネンカ』が2015年に敢行した、当時のカタルーニャ自治州首班アルトゥール・マス氏へのロングインタビューをここに全文掲載する。(取材・文:アイトール・ラグーナス、ルジェー・シュリアク【バルセロナ/パネンカ】、前文・翻訳・構成:江間慎一郎【マドリード】)

レアル・マドリーに真っ向勝負を挑んだベティスのキケ・セティエン監督

真っ向勝負でレアルを撃破。ベティス指揮官、テクニカルエリアからの勇敢な指手【E・オルテゴの戦術眼】 2017.09.22

20日、ラ・リーガ第5節が行われ、レアル・マドリーはベティスとの一戦を迎えた。ベティスはマドリーを相手に真っ向勝負を挑み、エル・ブランコに27本のシュートを放たれたもののGKアダンの活躍もありスコアレスでアディショナルタイムに突入。するとベティスFWサナブリアが劇的決勝ゴールを奪い、レアルのホーム、サンティアゴ・ベルナベウで大金星を勝ち取った。(文:エンリケ・オルテゴ【スペイン/マルカ】、翻訳・構成:江間慎一郎)

バルセロナ戦でスーパーゴールを決めた柴崎岳

柴崎岳、バルサ戦鮮烈ゴラッソの衝撃。ヘタフェの新たなアイドル誕生も負傷で解けた魔法【現地記者の目】 2017.09.19

16日、ラ・リーガ第4節が行われ柴崎岳の所属するヘタフェはバルセロナとの一戦を迎えた。柴崎は前半39分にまさしくゴラッソと言えるスーパーボレー弾でバルサ相手にリーガ1部初ゴールを記録。後半の序盤に負傷で途中交代となったものの、リーガの歴史に名を残すとともにヘタフェサポーターの心を掴んだ。すでにチームのアイドルの一人として認められている。(取材・文:ホセ・アントニオ・デ・ラ・ロサ【ヘタフェ/アス】、翻訳:フットボールチャンネル編集部、協力:江間慎一郎)

バルセロナ

バルサ、ネイマール退団で狂った歯車。新体制は順調な船出でも…フロントの迷走に非難轟々【欧州主要クラブ補強診断】 2017.09.15

現地時間8月31日、欧州主要リーグの移籍市場が締切を迎えた。この夏も各チームで様々な移籍があったが、それぞれ主要クラブの動きはどうだったのだろうか。今回はバルセロナの補強を読み解く。

アトレティコ・マドリー

アトレティコ、補強禁止で辛い夏に。エース残留も…新陳代謝なく山積みの課題は先送り【欧州主要クラブ補強診断】 2017.09.15

現地時間8月31日、欧州主要リーグの移籍市場が締切を迎えた。この夏も各チームで様々な移籍があったが、それぞれ主要クラブの動きはどうだったのだろうか。今回はアトレティコ・マドリーの補強を読み解く。

レアル・マドリーのテオ・エルナンデス(左)とマルセロ(右)

レアル、2つの戦術的実験。ダブルSB起用の反動、中盤センター・ジョレンテの気後れ【E・オルテゴの戦術眼】 2017.09.11

3日、ラ・リーガ第3節の試合が行われ、レアル・マドリーはレバンテを相手に1-1で引き分けた。代表ウィーク後かつCL直前の試合ということもあり、メンバーを入れ替えてこの一戦に臨んだ“エル・ブランコ”。戦術分析記事で人気を博すスペイン・マルカ紙のエンリケ・オルテゴ氏は、ジダン監督率いるチームに関して、特筆すべき試みが2つあったと指摘する。(文:エンリケ・オルテゴ【スペイン/マルカ】、翻訳・構成:江間慎一郎)

イスコ

レアル、急激な若返りで継続路線明確に。序盤低調なジダン采配…今季の鍵は「若手」にあり【欧州主要クラブ補強診断】 2017.09.11

現地時間8月31日、欧州主要リーグの移籍市場が締切を迎えた。この夏も各チームで様々な移籍があったが、それぞれ主要クラブの補強はどうだったのだろうか。今回はレアル・マドリーの補強を読み解く。

ヘタフェ

柴崎岳も続けるか!? ヘタフェから飛躍した名手10人【編集部フォーカス】 2017.08.19

柴崎岳が加入したヘタフェは、これまで数々の名選手がステップアップのきっかけにしてきたクラブである。スペイン国内で高い評価を獲得した者、国外で成功を掴んだ者、数々の栄光を手にしてきた者…様々な選手たちが実はヘタフェ出身だった。柴崎は彼らに続き、さらに高いレベルに到達することはできるだろうか。(文:編集部)

バルセロナのリオネル・メッシ(左)とレアル・マドリーのマテオ・コバチッチ(右)

万全のレアル、バルサ相手でも余裕に。度が過ぎた“メッシ依存”、噴出した弊害【西部の戦術アナライズ】 2017.08.18

16日、スーペルコパ・デ・エスパーニャ(スペイン・スーパー杯)第2戦が行われ、第1戦に引き続きレアル・マドリーがバルセロナに2-0で勝利(2戦合計5-1)。メンバーを替えながら充実の戦いを見せた白い巨人に対し、バルサはネイマール流出の影響もあり早急な修正が必要という現状を露呈することになった。(文:西部謙司)

ラ・リーガ

打倒レアル! バルサ&アトレティコはリーガの覇権を握れるか? 乾貴士と柴崎岳も大注目 2017.08.18

待ちに待ったラ・リーガの2017/18シーズンが開幕する。世界中が熱狂する最高峰の舞台で輝くのは誰か。短いオフ期間に各クラブはどのような補強を展開したのか。日本人選手の動向は…例年以上に熱い戦いが予想されるスペインサッカー新シーズンを展望する。(文:編集部)[Sponsored Content]

メッシ

メッシ封じたレアルの奇策。バルサの“ネイマール・ロス”浮き彫りに【西部の戦術アナライズ】 2017.08.15

現地時間13日に行われたスーペル・コパ・デ・エスパーニャ(スペインスーパー杯)の第1戦で、リーグ王者のレアル・マドリーと国王杯覇者のバルセロナが対戦した。ジダン監督はこの試合でバルサのエースを封じるため、意外な策を講じた。ネイマールを失ったバルサは対抗できたのか、そしてマドリーが奇策に打って出た理由とは。(文:西部謙司)

現地時間8月8日にはUEFAスーパーカップを制したレアル・マドリー

ジダン・レアル、最強の全方位型。勝利の一点で結束、“白い巨人”の遺伝子【西部の戦術アナライズ】 2017.08.10

FIFAから「20世紀のクラブ」として表彰されているスペインのレアル・マドリー。15/16、16/17シーズンとUEFAチャンピオンズリーグを連覇し、黄金期といってもいい時代を迎えている。“エル・ブランコ”の強さはどこにあるのだろうか。『サッカー戦術クロニクル ゼロ トータルフットボールの源流と未来』を上梓した著者が読み解く。(文:西部謙司)

20170808_simeone_getty

シメオネ・アトレティコの生命力。レアルとバルサ、2大巨頭に対するあらんかぎりの抵抗 2017.08.08

アトレティコ・マドリーを率い、レアル・マドリー、バルセロナとの3強時代を作り出したディエゴ・シメオネ監督。選手を戦士に変える闘将のチームは、他とは一線を画すほどの勝利への執着心によって異彩を放っている。アトレティコの何が観る者を魅了するのだろうか。シメオネ監督の著書『信念 己に勝ち続けるという挑戦』(カンゼン)の内容から、ロヒ・ブランコの本質的な魅力を読み解く。(文:西部謙司)

パリ・サンジェルマンへの移籍が決まったネイマール

ネイマール、移籍金290億円でPSG行きの真相。歴史的大事件にバルサ幹部が感じた憤り【バルセロナ記者の目】 2017.08.04

バルセロナからパリ・サンジェルマン(PSG)への移籍が発表されたブラジル代表FWネイマール。2億2千万ユーロ(約290億円)という天文学的な違約金で決着を見たこの騒動の裏側では、どのような動きがあったのだろうか。バルセロナ事情に精通したスペイン・スポルト紙デスクが、関係者への取材を通してこの大事件を読み解く。(取材・文:トニ・フリエロス【バルセロナ/スポルト】、翻訳:長坂祐樹、協力:江間慎一郎)

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top