リーガエスパニョーラ

190407_1_getty

バルサ、スアレスの“美弾”が生まれた理由。相手の力をも糧に、オブラクに触発された本能 2019.04.07

リーガエスパニョーラ第31節が現地時間6日に行われ、バルセロナはアトレティコ・マドリーに2-0と勝利した。10人となった相手を打ち破れぬまま時間が進んでいったが、後半終盤に畳み掛けている。アトレティコの粘りも光ったものの、それによってバルサの力が引き出されたとも言える。(文:青木務)

バルセロナ

一体なにが? バルセロナ、突如守備崩壊の理由とは…。ビジャレアルの完璧だった狙い 2019.04.03

リーガ・エスパニョーラ第30節、ビジャレアル対バルセロナの一戦が現地時間2日に行われ、4-4のドローに終わっている。メッシ、スアレスのAT弾でなんとか勝ち点1を拾ったアウェイチームだったが、今季最多タイとなる4失点を喫するなど守備が崩壊してしまった。その理由にはビジャレアルの完璧な狙いがあった。(文:小澤祐作)

190312_icatch_getty

こいつを獲るから復帰した!? ジダンが狙うべき5人の「7番」候補。レアル復活へ、新エースは誰だ? 【編集部フォーカス】 2019.03.13

レアル・マドリーは現地時間11日、サンティアゴ・ソラーリ監督の解任を発表。そして、後任にはジネディーヌ・ジダン氏が就くことになった。昨季までマドリーを率い、チャンピオンズリーグ3連覇など多くのタイトルをもたらしている。1年も経たぬうちに復帰を果たした希代のカリスマは、名門を復活させることができるか。そして、そのためには新戦力の存在も重要となる。今回フットボールチャンネル編集部では、ジダン新監督が獲得すべき5選手をピックアップした。

レアル・マドリー

ベイルは最悪だった。レアル、クラシコ歴史的敗戦の要因とは? 大きく広がるバルサとの差 2019.03.03

リーガ・エスパニョーラ第26節、レアル・マドリー対バルセロナの一戦が現地時間2日に行われ1-0でアウェイチームが勝利を収めている。この敗戦により、マドリーのリーグ優勝はほぼ不可能となった。結果は1-0と僅差だが、両者の差はこれからますます広がることになりそうだ。(文:小澤祐作)

レアル・マドリー

堅守・アトレティコが崩壊。レアルが示した“若き”力、明暗を分けたポイントはどこに? 2019.02.10

リーガ・エスパニョーラ第23節、アトレティコ・マドリー対レアル・マドリーの一戦が現地時間9日に行われ、1-3でアウェイチームが勝利を収めている。両チーム合わせて11枚ものカードが提示されるなど、試合は最後まで激しい展開が続いた。そのなかで、マドリーは終始試合のペースを握り、堅守・アトレティコを見事に粉砕した。ゲームの明暗を分けたポイント、そしてマドリーが示した若き力とは。(文:小澤祐作)

190120_luka_getty

不調のレアルは復活できるか。モドリッチが示した“原点”、勝利のため愚直に続けたこと 2019.01.20

リーガエスパニョーラ第20節が現地時間19日に行われ、4位のレアル・マドリーは3位・セビージャと対戦した。要所でゴールを奪ったホームチームが2-0と勝利。なかなか調子の上がらないマドリーだが、この勝利が復活のきっかけとなるかもしれない。(文:青木務)

柴崎岳

柴崎岳、今冬ヘタフェ退団か。4ヶ月ぶり先発…現地直撃取材で解き明かす歴史的快進撃の裏側 2018.12.25

スペイン1部のヘタフェに所属する日本代表MF柴崎岳は、なかなか出場機会を得られていない。そんな中、15日のリーグ戦で突如スタメンに抜てきされた。指揮官はこの起用にどんな意図を込めたのか。そして柴崎の置かれた状況は変わっていくのか。現地取材でアジアカップを控えた司令塔の現状を読み解く。(取材・文:舩木渉)

アトレティコ・マドリー

バルセロナでも苦戦するアトレティコの堅守。勝利は逃すも、“一発”を備える恐るべき集団 2018.11.25

現地時間24日に行われたリーガ・エスパニョーラ第13節、アトレティコ・マドリー対バルセロナの一戦は1-1のドローに終わっている。ホームチームは90分間通してわずか3本しかシュートを放つことができなかった。それでも勝ち点1を奪え、バルセロナを苦しめることができたのはなぜだろうか。(文:小澤祐作)

フレン・ロペテギ

「だってCロナが…」レアル解任ロペテギ氏の5つの嘆きを勝手に代弁! 同情やむなし? 悲痛な叫び【編集部フォーカス】 2018.10.31

現地時間29日、レアル・マドリーは正式にフレン・ロペテギ監督の解任を発表した。リーグ戦10試合を終え9位と好成績を収めることができず、就任からわずか4ヶ月で指揮官の座を退くことになったのである。そんなロペテギ氏は今、何を思っているのだろうか。今回フットボールチャンネルでは、解任されたロペテギ氏が胸に秘めているであろう5つの言葉を勝手に代弁し、紹介する。

レアル・マドリー

レアルにとって最悪のクラシコ。バルセロナにすべてを支配された、白い巨人の無残な姿 2018.10.29

現地時間28日に行われたリーガ・エスパニョーラ第10節、バルセロナ対レアル・マドリーの一戦は5-1でホームチームが勝利した。エル・クラシコらしい激しいゲーム展開となったが、それと同時にレアルは無残な姿を晒してしまうことになってしまった。(文:小澤祐作)

柴崎岳

柴崎岳、必然だった構想外寸前の現状。2戦連続ベンチ外…ヘタフェ徹底分析で見えるその理由 2018.10.02

現地時間1日に行われたスペイン1部リーグ第7節、ヘタフェはセルタと1-1で引き分けた。アウェイに乗り込んだヘタフェの18人の遠征メンバーの中に、柴崎岳の姿はなし。2試合連続でベンチ外となった理由を、ホセ・ボルダラス監督の選手起用や戦術から分析する。(文:舩木渉)

ヴィニシウス・ジュニオール

“ネイマールの後継者”はレアルで輝けるのか。神童ヴィニシウスの新たな物語、ダービーで始まる 2018.09.30

現地時間29日にスペイン1部リーグの第7節が行われ、レアル・マドリーとアトレティコ・マドリーが対戦した。スコアレスドローに終わったマドリード・ダービーでは、次世代の旗頭となるべき選手がデビューを飾った。18歳の“新たなネイマール”ことヴィニシウス・ジュニオールはマドリーの歴史にその名を刻むことができるのだろうか。(文:舩木渉)

乾貴士

乾貴士が苦戦する2つの理由。6戦負けなしのベティス、“乾システム”をどう生かすか 2018.09.28

スペイン1部リーグ第6節が現地時間27日に行われ、敵地に乗り込んだベティスはジローナに1-0で勝利を収めた。乾貴士は決勝ゴールの起点になるパスでベティスの勝利に貢献したが、3試合ぶりの先発出場のチャンスを十分に活かせたとは言えなかった。その理由とは何か、そして定位置確保のために必要なこととは。(文:舩木渉)

マルコ・アセンシオ

今季の主役は俺だ! アセンシオが放ち続ける輝き。驚異の22歳が、レアルを更なる高みへ 2018.09.23

現地時間22日に行われたリーガ・エスパニョーラ第5節、レアル・マドリー対エスパニョールの一戦は、1-0でホームチームが勝利した。この試合で決勝ゴールを挙げたのは期待の22歳、マルコ・アセンシオである。ここまで目立った活躍がなかったようにも思える同選手だが、実は陰ながら、3トップの中でも輝きを放ち続けていた。(文:小澤祐作)

アトレティコ・マドリー

アトレティコ、世界最高のエース残留で完璧補強。狙うは悲願の欧州王者【欧州主要クラブ補強診断】 2018.09.07

2018/19シーズンは、夏の移籍市場が終了した。この夏も各チームで様々な移籍があったが、それぞれ主要クラブの動きはどうだったのだろうか。今回はアトレティコ・マドリーの補強を読み解く。

新着記事

FChan TV

↑top