プレミアリーグ

レスターに所属する岡崎慎司。今季はすでにリーグ戦で3ゴールを記録している

岡崎慎司、得点力向上の要因。すでにプレミアで3ゴール。ストライカーとして見出した光明 2017.10.05

開幕から7節を終えた17/18シーズンのイングランド・プレミアリーグ。そのなかでレスターに所属する岡崎慎司はここまですでに3ゴールを記録している。プレミア移籍後はストライカーというより潤滑油として存在感を発揮してきたが、今季の岡崎はなぜ得点力がアップしているのだろうか。レスター移籍後3年目、日本人FWはストライカーとしての光明を見出したようだ。(取材・文:Kozo Matsuzawa / 松澤浩三【イングランド】)

デ・ブルイネ(左)のインサイドキックは速度と精度が抜群。セットプレー同然の威力がある

武器が「インサイドキック」? デ・ブルイネの特殊性。守備の監視かいくぐった「1人時間差」【西部の目】 2017.10.04

「インサイドキック」ができないサッカー選手はいないであろう。それゆえ、それは武器として理解されにくいかもしれない。だが、誰もができるキックであっても、同じ水準で決してできないものであれば話は変わってくる。マンチェスター・シティに所属するケビン・デ・ブルイネ。彼のインサイドキックにはセットプレー同然の威力が備わっている。(文:西部謙司)

チェルシー2年目を迎えているアントニオ・コンテ監督

シティを褒めるしかない敗戦。コンテ・チェルシー2年目は、一進一退の歩みに 2017.10.03

9月30日、イングランド・プレミアリーグ第7節マンチェスター・シティ戦に臨んだチェルシー。直前のCLアトレティコ戦では劇的なアディショナルタイム弾で勝利を収めていたが、プレミアで首位を走るシティとの一戦では黒星を喫した。欧州の舞台に返り咲いたコンテ体制2年目は、今のところ一進一退の歩みとなっている。(文:山中忍)

アーセナルのMFジャック・ウィルシャー

ウィルシャー、25歳で近づく復活の瞬間。黄金期バルサに絶賛されたMF、才能は錆びつかず【粕谷秀樹のプレミア一刀両断】 2017.10.03

卓越した技術、ビジョンを持ち合わせ、若くしてアーセナルのなかで存在感を発揮したジャック・ウィルシャー。近年は負傷の影響もあって期待されていたほどの活躍を見せられていないが、ここにきて復活の時が近づいてきたと思わせるプレーを見せている。まだ25歳、天才MFの反撃が始まるか。(文:粕谷秀樹)

コウチーニョ

コウチーニョがリバプールで愛される理由。移籍志願も残留、「家族」の元へ戻ったエースの今 2017.09.26

今夏、フィリッペ・コウチーニョの周囲には「移籍」というワードがついて回った。リバプールの10番を背負うブラジル出身のエースは、ネイマールを失ったバルセロナから熱心に誘いを受けていた。一時はクラブに移籍志願書を出したと報じられるまでになったが、結局移籍は実現せず。ゴタゴタの末、イングランドに残ることを決めた25歳は、昨季までの輝きを取り戻し、再びファンから愛される存在になれているのだろうか。(取材・文:松澤浩三)

マンチェスター・シティの監督2季目を迎えたジョゼップ・グアルディオラ

ペップ・シティ、2季目で明確なスケールアップ。ここ3試合で16得点0失点、死角はあるのか 2017.09.26

イングランド・プレミアリーグ第6節終了時時点で首位に立つマンチェスター・シティ。ジョゼップ・グアルディオラ監督が就任後2季目を迎え、その攻撃力をいかんなく披露している。特に9月の代表ウィーク明けからはリーグ戦3試合で16得点を記録。圧倒的な勝ちっぷりを見せるチームに死角はあるのか。(文:山中忍【イングランド】)

チェルシー

チェルシー、プレミア連覇へ弱点補強。問われる指揮官の人心掌握力と過密日程への対応【欧州主要クラブ補強診断】 2017.09.21

現地時間8月31日、欧州主要リーグの移籍市場が締切を迎えた。この夏も各チームで様々な移籍があったが、それぞれ主要クラブの動きはどうだったのだろうか。今回はチェルシーの補強を読み解く。

モウリーニョ

好調マンUとご機嫌なモウリーニョ。スペシャルワンに戻った智将、赤い悪魔に復活の予感 2017.09.19

マンチェスター・ユナイテッドが開幕から好調を維持している。圧倒的な攻撃力が注目されがちだが、今季のチームの最大の特徴は別のところにある。昨季6位から巻き返しを図る”赤い悪魔”は、全く別のチームに変貌を遂げた。ジョゼ・モウリーニョ監督の変化も見逃すことはできない。(取材・文:松澤浩三)

マンチェスター・シティ

マンC、今季も大規模投資で戦力拡充。サイドバック補強が悲願達成の鍵になるか【欧州主要クラブ補強診断】 2017.09.16

現地時間8月31日、欧州主要リーグの移籍市場が締切を迎えた。この夏も各チームで様々な移籍があったが、それぞれ主要クラブの動きはどうだったのだろうか。今回はマンチェスター・シティの補強を読み解く。

マンチェスター・ユナイテッド

マンU、ピンポイント補強で大幅戦力アップ。モウリーニョ体制2年目は前途洋々【欧州主要クラブ補強診断】 2017.09.15

現地時間8月31日、欧州主要リーグの移籍市場が締切を迎えた。この夏も各チームで様々な移籍があったが、それぞれ主要クラブの動きはどうだったのだろうか。今回はマンチェスター・ユナイテッドの補強を読み解く。

アーセナル

アーセナル、不安しかないヴェンゲル体制22年目。チームは穴だらけ、補強も不十分【欧州主要クラブ補強診断】 2017.09.14

現地時間8月31日、欧州主要リーグの移籍市場が締切を迎えた。この夏も各チームで様々な移籍があったが、それぞれ主要クラブの動きはどうだったのだろうか。今回はアーセナルの補強を読み解く。

リバプール

リバプール、コウチーニョ残留が最大の“補強”? 守備強化進まず選手層に不安【欧州主要クラブ補強診断】 2017.09.13

現地時間8月31日、欧州主要リーグの移籍市場が締切を迎えた。この夏も各チームで様々な移籍があったが、それぞれ主要クラブの動きはどうだったのだろうか。今回はリバプールの補強を読み解く。

マンチェスター・シティはリバプールに5-0で勝利した

ペップ・シティ、「ハリルJ的な」リバプールを5-0撃破。ロベカル思わせるメンディ【西部の戦術アナライズ】 2017.09.12

9月9日、イングランド・プレミアリーグ第4節の試合が行われ、マンチェスター・シティはリバプールに5-0で勝利した。上位チーム相手に強いリバプールは、オーストラリア戦の日本代表とよく似た戦い方で試合序盤時間こそ攻め込んだものの、マネの退場もあり流れは激変。最終的に5失点をくらい黒星を喫することとなった。(文:西部謙司)

トッテナム

トッテナム、駆け込み補強で帳尻合わせ。選手層に不安…現状維持で過密日程に耐えられるか【欧州主要クラブ補強診断】 2017.09.12

現地時間8月31日、欧州主要リーグの移籍市場が締切を迎えた。この夏も各チームで様々な移籍があったが、それぞれ主要クラブの動きはどうだったのだろうか。今回はトッテナムの補強を読み解く。

20170830_eyecatch_getty

マンU、完璧な開幕。3戦3勝、10得点0失点。ルカク&マティッチという極上の新戦力【粕谷秀樹のプレミア一刀両断】 2017.08.30

17/18シーズンのイングランド・プレミアリーグが開幕し、際立った強さを見せているのがマンチェスター・ユナイテッド。モウリーニョ政権2シーズン目を迎える今季はFWロメル・ルカク、MFネマニャ・マティッチというプレミアで実績のある新戦力が即フィット。最高のスタートを切っている。(文:粕谷秀樹)

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top