プレミアリーグ

ロマン・アブラモヴィッチ

チェルシーは愚策すぎる監督人事を反省せよ。早期解任に抱く疑問、真のビッグクラブになるためには?【粕谷秀樹のプレミア一刀両断】 2019.09.20

ワトフォードは7日、昨年の1月より指揮を執っていたハビ・グラシア監督の解任を発表した。開幕からの成績は1分3敗。このタイミングでの解任は果たして適切だったのだろうか。監督人事と言えばチェルシーも派手なものだが、真のビッグクラブになるためには辛抱強さも必要である。(文:粕谷秀樹)

メイソン・マウント

暗黒期寸前、チェルシーの希望…! メイソン・マウントとは何者か? 20歳の新星が叶えた夢 2019.09.17

チェルシーが苦しい。2003年部ロマン・アブラモビッチ氏がオーナーに就任し、急速に力をつけたクラブだが、近年は補強禁止や監督人事の混乱などでその力を失い始めている。しかし、その中でも希望の光は存在する。それが20歳のMFメイソン・マウントだ。今回はマウントのキャリアを紹介する。(文:内藤秀明)

0915_mancity

マンチェスター・シティに生じた綻び。台風の目へ、昇格組ノリッジが示したゲーゲンプレスの脅威 2019.09.15

プレミアリーグ第5節、ノリッジ対マンチェスター・シティが現地14日に行われ、昇格組のノリッジが3-2でシティを下した。ノリッジの若い選手たちがシティ守備陣へと襲い掛かるゲーゲンプレスは、国内3冠を達成したチャンピオンを最後まで苦しめた。(文:加藤健一)

トッテナム

トッテナム、エリクセン残留は吉か凶か。内部分裂回避なら初タイトルも十分狙える【粕谷秀樹のプレミアリーグ補強診断(6)】 2019.09.13

2019/20シーズンは、夏の移籍市場が終了した。この夏も各チームで様々な移籍があったが、それぞれ主要クラブの動きはどうだったのだろうか。今回はプレミアリーグでおなじみの粕谷秀樹氏がトッテナムの補強を読み解く。(文:粕谷秀樹)

チェルシー

チェルシー、ノルマはまさかの…。エース流出、補強禁止、DF再編。終わりにすべき泡沫の恋【粕谷秀樹のプレミアリーグ補強診断(5)】 2019.09.13

2019/20シーズンは、夏の移籍市場が終了した。この夏も各チームで様々な移籍があったが、それぞれ主要クラブの動きはどうだったのだろうか。今回はプレミアリーグでおなじみの粕谷秀樹氏がチェルシーの補強を読み解く。(文:粕谷秀樹)

0912guardiola_getty

マンチェスター・シティ、CL制覇へ早くも不安が噴出。厳しい懐事情はUEFAへの忖度だ【粕谷秀樹のプレミアリーグ補強診断(4)】 2019.09.12

2019/20シーズンは、夏の移籍市場が終了した。この夏も各チームで様々な移籍があったが、それぞれ主要クラブの動きはどうだったのだろうか。今回はプレミアリーグでおなじみの粕谷秀樹氏がマンチェスター・シティの補強を読み解く。(文:粕谷秀樹)

アーセナル

アーセナルはしてやったり。脱ヴェンゲルで補強は上々。絶対的なノルマは?【粕谷秀樹のプレミアリーグ補強診断(3)】 2019.09.12

2019/20シーズンは、夏の移籍市場が終了した。この夏も各チームで様々な移籍があったが、それぞれ主要クラブの動きはどうだったのだろうか。今回はプレミアリーグでおなじみの粕谷秀樹氏がアーセナルの補強を読み解く。(文:粕谷秀樹)

マンチェスター・ユナイテッド

マンチェスター・ユナイテッドはトップ10で満足せよ。性急な若返りに低レベルの中盤争いに疑問【粕谷秀樹のプレミアリーグ補強診断(2)】 2019.09.09

2019/20シーズンは、夏の移籍市場が終了した。この夏も各チームで様々な移籍があったが、それぞれ主要クラブの動きはどうだったのだろうか。今回はプレミアリーグでおなじみの粕谷秀樹氏がマンチェスター・ユナイテッドの補強を読み解く。(文:粕谷秀樹)

ユルゲン・クロップ

リバプールはヘビメタ戦法に耐えられるか? 補強費わずか2億円で優勝するためには…【粕谷秀樹のプレミアリーグ補強診断(1)】 2019.09.09

2019/20シーズンは、夏の移籍市場が終了した。この夏も各チームで様々な移籍があったが、それぞれ主要クラブの動きはどうだったのだろうか。今回はプレミアリーグでおなじみの粕谷秀樹氏がリバプールの補強を読み解く。(文:粕谷秀樹)

オーレ・グンナー・スールシャール

ポグバをブッ潰せ、だ。簡単なマンU対策、無策のまま流れる時間。何も進歩しない現状では…【粕谷秀樹のプレミア一刀両断】 2019.09.04

プレミアリーグ第4節、サウサンプトン対マンチェスター・ユナイテッドが現地時間8月31日に行われ、1-1のドローに終わっている。ユナイテッドはこれでリーグ戦3試合勝ちなしと、苦しい状況に追い込まれており、昨季のPSG戦以降、チームの勢いは落ちていると言わざるを得ない。ポグバが封じられると攻め手がない現状だが、無策のまま時間だけが流れていくのだろうか。(文:粕谷秀樹)

%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%ab%e3%83%89%e3%82%a5%e3%83%a0

ワイナルドゥム、そのプレースタイルと能力値、ポジションは? リバプールに欠かせないユーティリティMF【注目選手分析(15)】 2019.09.04

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを始め、世界各国には際立った存在感を放つ名手が数多く存在している。そんなワールドクラスのプレイヤーは、一体どのようなスキルを持ち、どのような特徴を発揮しているのか。そのプレースタイルを解説する。第15回はオランダ代表MFのジョルジニオ・ワイナルドゥム。(文:編集部)

20190903_england_getty

プレミアリーグ、世界注目の若き主力5人。最強リーグでスタメンの座を争う若者たち【編集部フォーカス】 2019.09.03

今シーズンもプレミアリーグが開幕した。多くのトップタレントが最高のパフォーマンスを披露しており、今季のリーグは混戦になりそうだ。下位クラブも資金力があり、次々と大型補強を敢行する影響で、イングランド地は間違いなくチーム内の選手同士の競争でいうと世界屈指の環境だ。そんな難しいリーグにもかかわらず、何名かの可能性を感じさせる若手選手たちが、虎視眈々と実績ある選手たちからスタメンの座を奪おうとしている。そこで今回は今シーズン、ブレーク必至のトップレベルの若手選手たちを紹介していく。(文:プレミアパブ編集部)

0902aubameyang2_getty

アーセナル、中央で蘇ったオーバメヤン。“いい時間帯”に試合を決めるストライカーの非凡な才能 2019.09.02

プレミアリーグ第4節、アーセナル対トッテナムのノースロンドンダービーが現地1日に行われ、2-2で引き分けた。アーセナルは2点を先行されたものの、そこから盛り返して勝ち点1を獲得。ウナイ・エメリ監督が施した交代策によって、エースストライカーの非凡な才能が最大限に生かされた。(文:加藤健一)

0829davidluiz_getty

アーセナル、お粗末なCBがブチ壊したリバプール戦。大胆な守備的采配は、将来に生きる授業に【粕谷秀樹のプレミア一刀両断】 2019.08.29

プレミアリーグ第3節、リバプール対アーセナルが現地時間24日に行われ、3-1でリバプールが勝利した。この試合でアーセナルのウナイ・エメリ監督は守備的な布陣を採用したにもかかわらず3失点で完敗。チームが抱える問題点が浮き彫りとなった。(文:粕谷秀樹)

20190828_england_getty

久保建英と同世代…イングランドで活躍する10代選手、能力値&市場価格ランキング・トップ5【編集部フォーカス】 2019.08.28

久保建英(18歳)、菅原由勢(19歳)、中村敬斗(19歳)。今夏は、Jリーグから海外へ移籍を果たした10代の選手が例年に比べても多かった。そうした若手選手の活躍には期待が寄せられるが、世界にも大きな注目を浴びる10代選手が数多くいるのも事実。今回フットボールチャンネル編集部では、プレミアリーグで活躍する10代の選手を市場価格のランキング(トップ5)形式で紹介する(市場価格は『transfermarkt』を参照)。

新着記事

FChan TV

↑top