プレミアリーグ

マンチェスター・シティ

マンC、ダービーの主役に躍り出た二人の魔法使い。Wシルバがもたらした、無限大の可能性 2018.11.12

現地時間11日に行われたプレミアリーグ第12節、マンチェスター・シティ対マンチェスター・ユナイテッドの一戦は3-1でホームチームが勝利した。これでシティは今季リーグ戦無敗を維持。この日、勝利の立役者となったのは間違いなく“Wシルバ”だ。(文:小澤祐作)

アーセナル

リバプールを“諦めさせた”アーセナル。ハイクオリティ見せるも、唯一崩せなかったあの男 2018.11.04

現地時間3日、プレミアリーグ第11節、アーセナル対リバプールの一戦が行われ1-1のドローに終わっている。両者一切手を緩めなかった90分間はまさに「死闘」。とくにアーセナルの後半の凄まじい圧力は、もはやリバプールにとっては驚異的だった。しかし、それに屈指なかった男が、アウェイチームには存在した。(文:小澤祐作)

プレミアリーグ

チェルシーの完璧な「策」、それに屈しなかったマンU。90分間に詰められた濃密な内容 2018.10.21

現地時間20日に行われたプレミアリーグ第9節、チェルシー対マンチェスター・ユナイテッドの一戦は2-2のドローに終わっている。試合は荒れ模様のまま、終了のホイッスルを迎えることになったが、両者が繰り広げた90分間の中には、“濃い”内容があった。(文:小澤祐作)

チェルシー

チェルシーの無駄遣い、半端ないって! FIFAが掲げる「ローン移籍の上限」とビッグクラブの問題点【粕谷秀樹のプレミア一刀両断】 2018.10.18

FIFAがローン移籍の上限を6〜8人に定める動きを見せている。本来はビッグクラブが若手に経験を積ませ、中小クラブが経済的負担をかけずに補強ができるというメリットがあるが、チェルシーを筆頭にローン移籍選手を抱えすぎるクラブに問題が生じている。サッカー界はこの問題を解決することができるだろうか。(文:粕谷秀樹)

マンチェスター・ユナイテッド

嗚呼、こんなマンUに誰がした!? 不遜なモウリーニョ…迷走続きの監督人事、先行きは《超不安》【粕谷秀樹のプレミア一刀両断】 2018.10.09

マンチェスター・ユナイテッドが揺れている。ジョゼ・モウリーニョ監督を招聘した時点で予想できた結果ではあるが、このような状況に陥った要因はどこにあるのか? 選手は力を発揮できず、ライバルたちには差をつけられるばかり。世界屈指の名門は目を覚ますことができるのだろうか? (文:粕谷秀樹)

プレミアリーグ

リバプールとマンCが繰り広げた最高の首位攻防戦。0-0のスコアに隠された、ある理由 2018.10.08

現地時間7日に行われたプレミアリーグ第8節、リバプール対マンチェスター・シティの一戦は0-0のスコアレスドローに終わっている。勝ち点19で並んでいた両者によって繰り広げられた首位攻防戦は、まさに最高レベルのフットボールだったと言っても過言ではない。得点は生まれなかったが、0-0のスコアはある理由を教えてくれたのではないだろうか。(文:小澤祐作)

マンチェスター・ユナイテッド

マンU、大逆転勝利も克服されぬ課題。“45分間”の姿はまるで、弱小クラブ 2018.10.07

現地時間6日に行われたプレミアリーグ第8節、マンチェスター・ユナイテッド対ニューカッスルの一戦は3-2でホームチームが勝利した。リーグ戦4勝目を挙げたマンチェスター・Uだが、前半45分間の出来は最悪であり、上位進出へ向けての課題は山積み。今後のチェルシーやユベントス戦へ向け、不安は募る。(文:小澤祐作)

チェルシー

変貌遂げるチェルシー。驚異のパス数、美しいスタイル。それでも優勝はない? その理由は…【粕谷秀樹のプレミア一刀両断】 2018.10.04

新指揮官にマウリツィオ・サッリを招いたチェルシーは、早くもその成果をピッチ上で表現している。緻密な戦略や戦術、それを司る愛弟子の存在、ファンを魅了するフットボールは名門復権を予感させるものだ。とはいえ、不安要素がないわけではない。(文:粕谷秀樹)

プレミアリーグ

“不思議”だったプレミア頂上決戦。チェルシーとリバプール、入れ替わったそれぞれの強み 2018.09.30

現地時間29日に行われたプレミアリーグ第7節、チェルシー対リバプールの一戦は1-1の引き分けに終わっている。無敗同士の対決となった同試合では、お互いがお互いの長所を消そうと様々な工夫を加えてきた。それにより、なんとも珍しい光景が生まれたのである。(文:小澤祐作)

180924_aaron_getty

好調キープのアーセナル、“お得意”エバートンを完封。試合のキーマンとなったあの司令塔 2018.09.24

現地時間23日に行われたプレミアリーグ第6節、アーセナル対エバートンの一戦は2-0でホームチームが勝利した。ここまでクリーンシートがなかったアーセナルは、ソクラティスを負傷で欠くというアクシデントに見舞われたが、守備陣の集中力は切れず、エバートンを完封。攻撃面ではあの男の存在が光った。(文:小澤祐作)

リバプール

トッテナムをも退けたリバプール。5連勝の要因は? クロップ体制4年目でみせる完成形 2018.09.16

現地時間15日に行われたプレミアリーグ第5節、トッテナム対リバプールの一戦は、2-1でアウェイチームが勝利した。ハイプレス&カウンターで終始相手を苦しめたリバプールは、これで無傷のリーグ開幕5連勝。その強さの理由に一体何があるのだろうか。(文:小澤祐作)

アーセナル

新生アーセナルの船出は前途多難!? 積極補強もエメリ新体制の1年目は我慢のシーズンに【欧州主要クラブ補強診断】 2018.09.15

2018/19シーズンは、夏の移籍市場が終了した。この夏も各チームで様々な移籍があったが、それぞれ主要クラブの動きはどうだったのだろうか。今回はアーセナルの補強を読み解く。

リバプール

リバプール、今夏の補強は大成功。クロップ就任後最高のチーム状態、悲願のリーグ優勝へ【欧州主要クラブ補強診断】 2018.09.14

2018/19シーズンは、夏の移籍市場が終了した。この夏も各チームで様々な移籍があったが、それぞれ主要クラブの動きはどうだったのだろうか。今回はリバプールの補強を読み解く。

マンチェスター・シティ

マンC、目立った補強はマフレズのみも…。盤石の強さに変わりなし、白熱するレギュラー争い【欧州主要クラブ補強診断】 2018.09.13

2018/19シーズンは、夏の移籍市場が終了した。この夏も各チームで様々な移籍があったが、それぞれ主要クラブの動きはどうだったのだろうか。今回はマンチェスター・シティの補強を読み解く。

チェルシー

新生チェルシー、的確な補強で充実の夏。高い完成度を誇り、絶対王者の牙城を崩すか【欧州主要クラブ補強診断】 2018.09.10

2018/19シーズンは、夏の移籍市場が終了した。この夏も各チームで様々な移籍があったが、それぞれ主要クラブの動きはどうだったのだろうか。今回はチェルシーの補強を読み解く。

新着記事

FChan TV

↑top