プレミアリーグ

アーセナル

アーセナル、実力を示した最高の90分間。チェルシー戦勝利の原動力となった2トップの働き 2019.01.20

現地時間19日に行われたプレミアリーグ第23節、アーセナル対チェルシーの一戦は2-0でホームチームが勝利している。CL出場権獲得に向け負けることが許されなかったアーセナルは前半から圧倒的な試合内容でペースを完全掌握。「気持ち」を前面に押し出しての、完璧な勝利だった。(文:小澤祐作)

リバプール

アーセナルでも歯が立たず! もはや最強リバプール。“カルテット”が作りだす、魅惑の攻撃力 2018.12.30

現地時間29日に行われたプレミアリーグ第19節、リバプール対アーセナルの一戦は5-1でホームチームが勝利している。これで年内のリーグ戦を無敗で乗り切った形となったリバプール。守備陣の奮闘もそうだが、シャキリが加わったカルテットの存在が、チームを一段上のレベルへ引き上げてくれる。(文:小澤祐作)

20181224_tot_getty

韓国が生んだ別格の存在、ソン・フンミン。ケインと織りなす完璧な攻撃力。土台となるあの選手もカギに 2018.12.24

現地時間23日に行われたプレミアリーグ第18節、エバートン対トッテナムの一戦は6-2でアウェイチームが勝利を収めた。爆発的攻撃力を生んだのはともに2ゴールを挙げたソン・フンミンとケインだ。それを支えたある選手の献身性も光った。(文:小澤祐作)

中島翔哉

中島翔哉はウルブスもプレミアリーグも選択すべきではない。その理由は…【粕谷秀樹のプレミア一刀両断】 2018.12.21

ポルティモネンセの日本代表FW中島翔哉に移籍の噂が上がっている。一部では、イングランド・プレミアリーグのウォルバーハンプトンと交渉中と伝えられている。ウォルバーハンプトンとはどのようなチームなのか、そして中島はチーム・リーグで活躍することができるのだろうか。(文:粕谷秀樹)

マンチェスター・ユナイテッド

モウリーニョまでも…。マンUはどのように崩壊したのか。栄光からの転落を5つの時代で辿る【編集部フォーカス】 2018.12.20

マンチェスター・ユナイテッドがジョゼ・モウリーニョ監督の退任を発表した。かつてはアレックス・ファーガソン監督のもとで世界有数の強さと伝統を誇ったクラブだが、その後は迷走が続いている。今回は、マンチェスター・ユナイテッドの足跡を振り返る。

181217_liver_getty

リバプール、“平凡”なマンUを粉砕。流れを引き寄せ、試合を決める…無敗継続に貢献した男たち 2018.12.17

現地時間16日に行われたプレミアリーグ第17節、リバプール対マンチェスター・ユナイテッドの一戦は3-1でホームチームが勝利している。リバプールは好守において相手を寄せ付けず、完勝と言える戦いを披露。ナショナルダービーではあるが、力の差は歴然だった。(文:青木務)

チェルシー

チェルシーがもぎ取った価値ある勝利。王者・マンCを完封、眩い輝きを放った2人の戦士とは 2018.12.09

現地時間8日に行われたプレミアリーグ第16節、チェルシー対マンチェスター・シティの一戦は2-0でホームチームが勝利している。90分間押し込まれていたチェルシーだったが、守備陣が粘り強く戦い、価値ある勝ち点3を奪ったのである。その中で輝きを放った2人の戦士とは一体、誰なのだろうか。(文:小澤祐作)

アーセナル

鬼門、疲労、アクシデント。アーセナルを襲った数々の試練。マンU戦ドローは必然の結果? 2018.12.06

現地時間5日に行われたプレミアリーグ第15節、マンチェスター・ユナイテッド対アーセナルの一戦は2-2のドローに終わっている。この結果により、公式戦20戦無敗としたアウェイチームだったが、今節に限ってはギリギリで掴んだ勝ち点1だった。アーセナルを襲った数々の試練とは。(文:小澤祐作)

アーセナル

アーセナルが魅せた“本物の強さ”。トッテナムを封殺、唯一の修正ポイントはどこに? 2018.12.03

現地時間2日に行われたプレミアリーグ第14節、アーセナル対トッテナムの一戦は4-2でホームチームが勝利した。お互い好調の中迎えたノースロンドン・ダービーは白熱した展開となったが、エメリ監督の采配が的中したアーセナルが結果的に圧勝した形となった。その強さは、紛れもなく本物だ。(文:小澤祐作)

マンチェスター・シティ

マンC、ダービーの主役に躍り出た二人の魔法使い。Wシルバがもたらした、無限大の可能性 2018.11.12

現地時間11日に行われたプレミアリーグ第12節、マンチェスター・シティ対マンチェスター・ユナイテッドの一戦は3-1でホームチームが勝利した。これでシティは今季リーグ戦無敗を維持。この日、勝利の立役者となったのは間違いなく“Wシルバ”だ。(文:小澤祐作)

アーセナル

リバプールを“諦めさせた”アーセナル。ハイクオリティ見せるも、唯一崩せなかったあの男 2018.11.04

現地時間3日、プレミアリーグ第11節、アーセナル対リバプールの一戦が行われ1-1のドローに終わっている。両者一切手を緩めなかった90分間はまさに「死闘」。とくにアーセナルの後半の凄まじい圧力は、もはやリバプールにとっては驚異的だった。しかし、それに屈指なかった男が、アウェイチームには存在した。(文:小澤祐作)

プレミアリーグ

チェルシーの完璧な「策」、それに屈しなかったマンU。90分間に詰められた濃密な内容 2018.10.21

現地時間20日に行われたプレミアリーグ第9節、チェルシー対マンチェスター・ユナイテッドの一戦は2-2のドローに終わっている。試合は荒れ模様のまま、終了のホイッスルを迎えることになったが、両者が繰り広げた90分間の中には、“濃い”内容があった。(文:小澤祐作)

チェルシー

チェルシーの無駄遣い、半端ないって! FIFAが掲げる「ローン移籍の上限」とビッグクラブの問題点【粕谷秀樹のプレミア一刀両断】 2018.10.18

FIFAがローン移籍の上限を6〜8人に定める動きを見せている。本来はビッグクラブが若手に経験を積ませ、中小クラブが経済的負担をかけずに補強ができるというメリットがあるが、チェルシーを筆頭にローン移籍選手を抱えすぎるクラブに問題が生じている。サッカー界はこの問題を解決することができるだろうか。(文:粕谷秀樹)

マンチェスター・ユナイテッド

嗚呼、こんなマンUに誰がした!? 不遜なモウリーニョ…迷走続きの監督人事、先行きは《超不安》【粕谷秀樹のプレミア一刀両断】 2018.10.09

マンチェスター・ユナイテッドが揺れている。ジョゼ・モウリーニョ監督を招聘した時点で予想できた結果ではあるが、このような状況に陥った要因はどこにあるのか? 選手は力を発揮できず、ライバルたちには差をつけられるばかり。世界屈指の名門は目を覚ますことができるのだろうか? (文:粕谷秀樹)

新着記事

FChan TV

↑top