プレミアリーグ

プレミアリーグ、イングランドサッカーの最新コラム・ニュースを網羅! ここを読めばサッカーの今がわかります。

0526ManUtd_Getty

マンU、ファーガソン後の迷走の理由。古かったモイーズと細かすぎたファン・ハール【マンチェスター・ユナイテッドの20年史(4)】 2020.05.26

マンチェスター・ユナイテッドは世界屈指のビッグクラブだが、その長い道のりの中で紆余曲折を経験している。1986年から指揮を執るアレックス・ファーガソン監督は、27年にも及ぶ輝かし時代を作ったが、その後は苦しい時期が続く。今回は、そんなマンチェスター・ユナイテッドの現代史を、複数回に渡って辿っていきたい。(文:西部謙司)

0522ManUtd_Getty

マンチェスター・ユナイテッド、背番号10の系譜。ゴールを量産、タイトル獲得に貢献したアタッカーたち 2020.05.22

10番はチームの中心選手だけに背負うことが許される特別な番号だ。各クラブの歴史の中で様々な選手が背番号10を背負ってプレーしてきた。今回は、マンチェスター・ユナイテッドで10番をつけた選手を5人紹介する。※年齢は背番号10をつけた時点、リーグ戦成績、監督、獲得タイトルは背番号10をつけた期間でのもの

0519ManUtd_getty

マンUの香川真司獲得はバルセロナに伍するため? ファーガソン勇退後の失速を象徴するのは…【マンチェスター・ユナイテッドの20年史(3)】 2020.05.19

マンチェスター・ユナイテッドは世界屈指のビッグクラブだが、その長い道のりの中で紆余曲折を経験している。1986年から指揮を執るアレックス・ファーガソン監督は、27年にも及ぶ輝かし時代を作ったが、その後は苦しい時期が続く。今回は、そんなマンチェスター・ユナイテッドの現代史を、複数回に渡って辿っていきたい。(文:西部謙司)

0512ManUtd_getty

マンU史上最大級の失策補強と言われながらも…三冠後も強さを維持した理由とは?【マンチェスター・ユナイテッドの20年史(2)】 2020.05.12

マンチェスター・ユナイテッドは世界屈指のビッグクラブだが、その長い道のりの中で紆余曲折を経験している。1986年から指揮を執るアレックス・ファーガソン監督は、27年にも及ぶ輝かし時代を作ったが、その後は苦しい時期が続く。今回は、そんなマンチェスター・ユナイテッドの現代史を、複数回に渡って辿っていきたい。(文:西部謙司)

gen

アーセナル、伝説の無敗優勝イレブン。アンリ、ピレス…史上最も強く美しく、全員が英雄だった【再掲】 2020.05.10

サッカー史上最も強く美しいクラブはどこか? そんな問いを受けた時、2003/04シーズンのアーセナルを挙げる人は多いのではないだろうか。洗練さと破壊力を兼ね備えたサッカーでプレミアリーグを無敗で制覇。選手個々を見てもベテラン、中堅、若手のそれぞれが持ち味を発揮し、あらゆる点で魅力に溢れていた。今回、フットボールチャンネルでは当時の主力メンバーをピックアップ。インビンシブルズのメンバーを紹介していく。(2019年4月10日のものを再掲)

20190416klopp01

熱すぎるぞクロップ! リバプールサポーターの心を掴んだ闘将の”暑苦しすぎる”事件5選【再掲】 2020.05.09

イングランド・プレミアリーグのリバプールを率いるユルゲン・クロップ。勝利した試合後に派手なガッツポーズを連発するパフォーマンスは、アンフィールド(リバプールの本拠地)の名物のひとつと言えるだろう。マインツ、ドルトムント、そしてリバプールと、これまで指揮を執ってきたクラブで、クロップは選手だけでなく、サポーター、そしてフロントにも愛されてきた。そこで今回は、クロップの熱すぎるエピソードを紹介していく。(2019年4月18日のものを再掲)

マンチェスター・ユナイテッド

マンU低迷の要因? ど下手くそ大損移籍5選。世界的MFに香川真司も…189億円の大赤字【再掲】 2020.05.05

世界でも屈指のビッグクラブであるマンチェスター・ユナイテッドは、過去に数多くの大物選手を獲得してきた。もちろんその中には大成し、チームにとってかけがえのない存在となった者もいる。しかし、期待に応えられず、獲得時の半額以下で売却せざるを得ないといったプレイヤーたち、自分たちが売ったにもかかわらず、高額な移籍金で呼び戻さなければならなかったプレイヤーがいたのも事実。今回フットボールチャンネル編集部では、マンUが獲得するも、結果的に大損となってしまった選手を5人紹介する(2019年5月10日のものを再掲)。

190329_icatch_getty

あの人もこの人も、まさかの人まで!? リバプールを愛するスーパーセレブ達。名優から“スパイ”、世界一のバンドも 【再掲】 2020.05.03

現在、プレミアリーグのみならず世界のサッカーシーンの中心となっているリバプール。ホームスタジアムのアンフィールドは熱狂的なサポーターたちによって最高の雰囲気が演出され、世界中で愛されているクラブだ。そんなリバプールを応援する著名人はどんな人がいるのか。5人の超有名リバプールファンをピックアップする(2019年3月29日のものを再掲)。

gen

ベンゲルは慧眼? 節穴? アーセナルで潰れた青田買いイレブン。期待度ほど活躍できなかった男たち【再掲】 2020.05.02

かつてアーセナルを指揮したアーセン・ベンゲル氏は、チームを無敗優勝に導くなど卓越した手腕を発揮した。さらに若手の発掘にも長けるとの評価を得ていた。しかし、多くの逸材を起用したものの大成できなかった選手もいる。今回フットボールチャンネルでは、若くしてアーセナルに引き抜かれながら、思うような活躍を見せられなかった選手たちを紹介する(2019年4月5日のものを再掲)。

0428ManUtd_getty

マンチェスター・ユナイテッド、ミュンヘンの悲劇の真実。3冠&3連覇をもたらした最初の成功とは?【マンUの20年史(1)】 2020.04.28

マンチェスター・ユナイテッドは世界屈指のビッグクラブだが、その長い道のりの中で紆余曲折を経験している。1986年から指揮を執るアレックス・ファーガソン監督は、27年にも及ぶ輝かし時代を作ったが、その後は苦しい時期が続いている。今回は、そんなマンチェスター・ユナイテッドの現代史を、複数回に渡って辿っていきたい。(文:西部謙司)

ジョゼップ・グアルディオラ

グアルディオラの操る攻撃戦術の2大原則「オーバーロード」と「アイソレート」による絶大な効果とは?【ポジショナルフットボール教典(7)】 2020.04.27

噛み砕いて考えれば考えるほど、グアルディオラのゲームモデルはシンプルそのものである。彼らがあれほど効果的に戦えるのは、同コンセプトを寸分の狂いもなく実行に移しているからこそだ。マンチェスター・シティの選手がどのように動き、どのようにパスを出しているのか、そしてその理由について明確に説明することを試みた4/22発売の『ポジショナルフットボール教典』から、「オーバーロードとアイソレート」の章より一部抜粋で公開する。(文:リー・スコット)

ジョゼップ・グアルディオラ

グアルディオラの操る攻撃戦術の2大原則。その2「アイソレート」とは?【ポジショナルフットボール教典(6)】 2020.04.27

噛み砕いて考えれば考えるほど、グアルディオラのゲームモデルはシンプルそのものである。彼らがあれほど効果的に戦えるのは、同コンセプトを寸分の狂いもなく実行に移しているからこそだ。マンチェスター・シティの選手がどのように動き、どのようにパスを出しているのか、そしてその理由について明確に説明することを試みた4/22発売の『ポジショナルフットボール教典』から、「オーバーロードとアイソレート」の章より一部抜粋で公開する。(文:リー・スコット)

ジョゼップ・グアルディオラ

グアルディオラの操る攻撃戦術の2大原則とは? その1「オーバーロード」を徹底解説【ポジショナルフットボール教典(5)】 2020.04.27

噛み砕いて考えれば考えるほど、グアルディオラのゲームモデルはシンプルそのものである。彼らがあれほど効果的に戦えるのは、同コンセプトを寸分の狂いもなく実行に移しているからこそだ。マンチェスター・シティの選手がどのように動き、どのようにパスを出しているのか、そしてその理由について明確に説明することを試みた4/22発売の『ポジショナルフットボール教典』から、「オーバーロードとアイソレート」の章より一部抜粋で公開する。(文:リー・スコット)

190328_icatch_getty

プレミアスター選手の犯罪履歴。飲酒や暴力は当たり前、極めつけは…悪童たちが犯した過ちの数々【再掲】 2020.04.25

世界最高峰と呼ばれる、イングランド・プレミアリーグ。熱狂的なファンに後押しされ、スタープレーヤーたちはしのぎを削る。サッカーの母国だけあって選手たちの人気は高く、尊敬され、愛されている。しかし、ピッチ内の栄光とは裏腹にピッチ外では犯罪行為に手を染めてしまう者もいる。現役はもちろん、引退後にも…。そこで今回フットボールチャンネルでは、イングランドのトップリーグでプレーした選手の中から、罪を犯してしまった5人をピックアップする。(2019年4月2日のものを再掲載)

0424LeicesterMF_Getty

飛躍? 転落? ミラクル・レスター、栄光のイレブンの現在。岡崎慎司と奇跡を起こした男たち 2020.04.24

2015/16シーズンのプレミアリーグは、レスター・シティが優勝を果たした。多くの強豪チームが不調に苦しんだシーズンとはいえ、前年まで残留争いをしていたチームの突然の覚醒とタイトル獲得は「奇跡」と称えられた。そんなから4年が経過。現在のスカッドは優勝メンバーから一新されており残っているメンバーのほうが少ないほどだが、かつての栄光のメンバーたちは、今どこで何をしているのか。(文・プレミアパブ編集部)

新着記事

↑top