プレミアリーグ

岡崎

レスター、完全復活の要因。CL8強進出にリーグ戦も連勝。岡崎が語る超守備戦術からの「解放」 2017.03.16

昨季のプレミアリーグで奇跡の優勝を果たしたレスター・シティ。しかし今季は残留争いを演じ、優勝に導いたクラウディオ・ラニエリ前監督は解任の憂き目にあった。それでもレスターはリーグ戦で2連勝を収め、クラブ史上初のチャンピオンズリーグでもセビージャを下して準々決勝に進出するなど完全復活を遂げている。これまでラニエリ前監督のもとで守備的な役割を与えられていた日本代表の岡崎慎司も、「解放された」と振り返っている。(取材・文:Kozo Matsuzawa / 松澤浩三【イングランド】)

ヴェンゲル監督

ヴェンゲル、もはや退任は「潮時」との認識に。「2-10」の惨劇。ファンが真に欲するものとは 2017.03.10

アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督は、今季限りでその契約が満了となる。2003/04シーズンには無敗優勝を遂げ、21年間に渡る長期政権を築いた偉人の契約延長を望む声がある一方で、チャンピオンズリーグ(CL)ベスト16でバイエルン相手に2試合合計2-10の歴史的大敗を喫したことで、ヴェンゲル監督の退任を望む声は日に日に強まっている。果たして、現地のファンはこの敗戦に何を思っているのだろうか。(取材・文:山中忍【ロンドン】)

リバプール

リバプール、シンクロする前線の“四銃士”。アーセナルを切り裂いた至高の45分間 2017.03.06

リバプールは現地時間4日、プレミアリーグ第27節でアーセナルに3-1で勝利した。前半の圧倒的なパフォーマンスが試合の流れを決定づけた。その立役者はリバプールの前線で輝きを放つ4人のアタッカーたちだった。(文:舩木渉)

吉田麻也

吉田麻也がリーグ杯決勝を戦った意義。ベスト11にも選出、日本人CBの先駆けに【海外組の真価~日本人選手の現在地】 2017.03.01

これまで日本代表をけん引してきた選手たちが所属クラブで出場機会を失い、踊り場にあるように思える日本サッカー。いま改めて海外組の現在地を探っていきたい。今回取り上げるのは、サウサンプトンの吉田麻也。マンチェスター・ユナイテッドに2-3で敗れてタイトル獲得を逃してしまったものの、大会を通じて吉田は安定したパフォーマンスを披露し、大会ベストイレブンにも選出されるなど高い評価を得ている。フットボールの聖地と称されるウェンブリー・スタジアムでのカップ戦決勝で日本人選手として始めて立ったことは、非常に意義深いことである。(取材・文:Kozo Matsuzawa / 松澤浩三【イングランド】)

イブラヒモビッチ

マンU、リーグ杯制覇でモウリーニョ新時代へ。勝負を決めたイブラの力。吉田は初の戴冠ならず 2017.02.27

現地時間26日、イングランドサッカーの聖地であるウェンブリーでイングランドフットボールリーグカップのファイナルが行われた。マンチェスター・ユナイテッドとサウサンプトンの対戦は、ズラタン・イブラヒモビッチの2ゴールもあり、ユナイテッドが通算5度目の優勝を飾った。ジョゼ・モウリーニョ監督就任後初のタイトルになった。果たしてモウリーニョ体制下でユナイテッドはいくつトロフィーを掲げることになるのだろうか。(文:小澤亮太)

岡崎慎司

レスターはCLよりプレミアを優先すべき! ラニエリ解任の窮地も…救世主は岡崎か【粕谷秀樹のプレミア一刀両断】 2017.02.27

昨季のプレミアリーグ王者であるレスター・シティが、降格の危機に瀕している。25節を終えて降格圏の18位と勝ち点1差の17位に沈んでいる。年が変わってからは未勝利どころか得点も挙げられておらず、深刻な状況に陥っている。チャンピオンズリーグ(CL)では決勝トーナメントに進出し、ベスト16の1stレグではセビージャ相手にアウェイゴールも奪っているが、残留のためにはCLよりもリーグ戦を優先すべきだ。クラウディオ・ラニエリ監督は解任されてしまったが、ハードワーカーである岡崎慎司はチームの救世主となるかもしれない。(文:粕谷秀樹)

岡崎慎司

岡崎慎司、泥臭さ以上に際立つ適応力。プレミア制覇を経験した非エリート、さらなる成長へ【海外組の真価~日本人選手の現在地】 2017.02.17

これまで日本代表をけん引してきた選手たちが所属クラブで出場機会を失い、踊り場にあるように思える日本サッカー。いま改めて海外組の現在地を探っていきたい。今回取り上げるのは、レスターで奇跡のプレミアリーグ優勝を経験した岡崎慎司。日本代表歴代第3位の通算ゴール数を誇るFWは泥臭いイメージが先行しているが、その本来のすごみは「環境に順応する適応力」にある。プレミアリーグでは厳しい戦いが続いているが、その強みは30代となった今でも失われておらず、プレミア残留に向けチームの力になれるはずだ。(取材・文:元川悦子)

ランパード

ランパードが「プレミア史上最高のMF」たる所以。ジェラードとの対照性、指導者への未来図【東本貢司の眼識】 2017.02.08

2月2日、フットボール界のレジェンドがまた一人スパイクを脱ぐ決断を下した。チェルシーで長くプレーしたフランク・ランパードは、ニューヨークでの選手生活を最後に現役引退を表明。彼の「プレミア史上最高のミッドフィールダー」たる所以は、その記録とプレースタイルにある。昨年11月に同じく現役を引退したリヴァプールのレジェンド、スティーヴン・ジェラードとは対照的なキャリアを歩んできたランパードだが、やはり将来的に指導者キャリアを歩むことに期待せずにはいられない。(文:東本貢司)

チェルシー

チェルシー、首位独走の要因は? アーセナルにリベンジ完遂。プレミア優勝へ死角なし 2017.02.06

現地時間4日に行われたプレミアリーグ第24節チェルシー対アーセナルの“ビッグロンドンダービー”はホームのチェルシーが3-1で勝利を収めた。「攻守の切り替え」でアーセナルを圧倒し、アントニオ・コンテ監督に3バックへの変更を決意させた昨年9月の敗退の借りを見事に返した。チェルシーのプレミアリーグ独走の要因はどこにあるのだろうか。(文:小澤亮太)

ランパード

現役引退のランパードへ捧ぐトリビュート。チェルシーの伝説を紐解く5つのエピソード【編集部フォーカス】 2017.02.04

元イングランド代表のフランク・ランパードは、現地時間2日に現役引退を表明した。今回は、チェルシーに数多くのタイトルをもたらしたレジェンドに敬意を表し、彼に関する5つのエピソードを紐解いていこう。

吉田麻也

吉田麻也、必然のレギュラー回帰で挑む「キャリアを賭けた勝負」。3年越しに掴んだ千載一遇の好機 2017.02.03

日本代表の海外組で唯一CBとしてプレーするサウサンプトンの吉田麻也。オランダから移籍した加入初年度はレギュラーだったが、それ以降は控えの立場が続いていた。しかし、今冬にはチームのキャプテンでもあったポルトガル代表DFジョゼ・フォンテが移籍。クラブは後釜を獲得することなく、吉田に先発の座を託した。一見すると“棚ぼた”にも思えるが、決してレギュラー回帰は偶然ではない。吉田の成長には監督やクラブOBも高く評価しており、カップ戦ではキャプテンも務めた。吉田本人も、3年越しに掴んだレギュラーは「キャリアを賭けた勝負」になると強い思いを抱いている。(取材・文:Kozo Matsuzawa / 松澤浩三【イングランド】)

アーセナル

“英国的スピリット”が失われたプレミア。付け焼刃の「ホームグロウン制度」が招く悪循環【東本貢司の眼識】 2017.01.30

近年、外国籍選手が増加し続けるプレミアリーグ。その一方でイングランド人選手は稀有な存在となっている。イングランドで育った選手を担保する「ホームグロウン制度」が設けられているが、付け焼刃的な制度でイングランド人選手の増加にはつながらない。このままでは、プレミアリーグに“イングリッシュスピリット”が失われてしまう。(文:東本貢司)

岡崎

岡崎慎司、トップ下起用で巡らす葛藤。ストライカーの矜持と結果への焦り【現地レポート】 2017.01.26

昨季のプレミアリーグ優勝を果たしたレスターが、不振に陥っている。22試合を終えて15位。降格圏が近づいてきている。レスターの指揮官クラウディオ・ラニエリは、日本代表FW岡崎慎司をトップ下で起用して崩壊した守備の改善を図った。今季は様々な役割を与えられている岡崎だが、「絶対逃げずにやりたい」と強い気持ちを口にしている。その裏には、日本代表への思いがあった。(取材・文:Kozo Matsuzawa / 松澤浩三【イングランド】)

ブリント

モウリーニョはブリントをアンカーで起用せよ! 36歳キャリック不在時の解決策【粕谷秀樹のプレミア一刀両断】 2017.01.25

今季のプレミアリーグでは優勝争いから後退気味のマンチェスター・ユナイテッド。上位浮上のカギを握るのは、出場すれば無敗というデータを持つマイケル・キャリックとなりそうだ。しかし、ユナイテッドが世界に誇るベテランMFも36歳。過密日程の中で起用し続けることは酷である。ジョゼ・モウリーニョ監督は、今こそデイリー・ブリントをアンカーで起用すべきだ。(文:粕谷秀樹)

グアルディオラ

マンC、再び守備の脆さ露呈。理想を追い求めるペップが見えていない“現実” 2017.01.23

2017年に入ってからマンチェスター・シティが苦しんでいる。リバプール、エバートンに敗戦しただけでなく、その内容も決して褒められたものではない。ジョゼップ・グアルディオラ監督が目指すサッカーと現在の順位には大きな乖離が見られ、そこには「守備の不安」という問題が横たわっている。(文:小澤亮太)

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top