プレミアリーグ

リバプール

史上最強の2位リバプールはなぜあんなにも強かったのか? 奇跡のチームの戦術を超えた強さ 2019.05.14

リバプールは今季のプレミアリーグで勝ち点97を稼ぎながら2位に終わった。マンチェスター・シティにわずか1ポイント差で敗れたが、その強さは本物だった。リバプールには優れた戦術もさることながら、説明できない強さがあった。(文:内藤秀明)

マンチェスター・シティ

マンCは恐ろしいほど強かった。王者に相応しいその実力、プレミアリーグ連覇はクラブ最高の財産に 2019.05.13

プレミアリーグ第38節、ブライトン対マンチェスター・シティの一戦が現地時間12日に行われ、1-4でアウェイチームが勝利している。勝てばリーグ優勝が確定するシティであったが、まさかの先制点を献上するなど立ち上がりは苦しんだ。しかし、その苦境を乗り越えることができるのが王者。その後4得点を奪い、連覇を決めた。(文:小澤祐作)

マンチェスター・ユナイテッド

マンU低迷の要因? ど下手くそ大損移籍5選。世界的MFに香川真司も…189億円の大赤字【編集部フォーカス】 2019.05.10

世界でも屈指のビッグクラブであるマンチェスター・ユナイテッドは、過去に数多くの大物選手を獲得してきた。もちろんその中には大成し、チームにとってかけがえのない存在となった者もいる。しかし、期待に応えられず、獲得時の半額以下で売却せざるを得ないといったプレイヤーたち、自分たちが売ったにもかかわらず、高額な移籍金で呼び戻さなければならなかったプレイヤーがいたのも事実。今回フットボールチャンネル編集部では、マンUが獲得するも、結果的に大損となってしまった選手を5人紹介する(※移籍金は『transfermarkt』を参照)。

190508_1_getty

マンCを苦しめたレスターの守備戦術がすごい! ピッチで何が起こっていたのか。その戦略とは? 2019.05.08

プレミアリーグ第37節マンチェスター・シティ対レスターの一戦は1-0でホームチームが勝利を収めた。最終的にヴァンサン・コンパニによるミドルシュートで勝ち点3をもぎとったシティだったが、レスターの守備戦術に苦しむ時間が長かった。ピッチでは何が起こっていたのか。(文:内藤秀明)

ダビド・デ・ヘア

マンUの“神”、デ・ヘアが何かおかしい!? 違和感残るチェルシー戦失点、最強GKに何が… 2019.04.30

プレミアリーグ35節、マンチェスター・ユナイテッド対チェルシーの一戦は1-1で幕を閉じた。ユナイテッドはフアン・マタの11分の先制点でリードするものの、43分にダビド・デ・ヘアのミスで失点。このドローでユナイテッドはチャンピオンズリーグ出場権獲得が絶望的となった。頼れる守護神に何があったのか。(文:内藤秀明)

チェルシー

チェルシーが勝てない理由。マンU戦で露呈した課題、改めて考えるべき1トップの人選 2019.04.29

プレミアリーグ第36節、マンチェスター・ユナイテッド対チェルシーの一戦が現地時間28日に行われ、1-1のドローに終わっている。アウェイチームは1点を先に失うなど一時苦しい展開に持ち込まれたが、相手のミスも重なりなんとか同点に追いつくことができた。しかし、逆転するまでには至らず、勝ち点3を奪うことはできず。一体なぜ?(文:小澤祐作)

フィル・ネビル

フィル・ネビル、最強マンU強さの証。勝負強さを生んだフェアな闘争心【マンU伝説の「ファーガソンの雛鳥たち」(6)】 2019.04.29

マンチェスター・ユナイテッドがかつての誇りを取り戻す日は来るのだろうか。かつて、アレックス・ファーガソン監督に率いられたチームは数多くの栄光を手にした。その中心となったのが、「ファーギーズ・フレッジリングズ(ファーガソンの雛鳥たち)」と呼ばれたユース出身の選手たちだった。今回、黄金時代を形成した「雛鳥」を紹介する。第6回はDFフィル・ネビル。

ガリー・ネビル

ガリー・ネビル、特別に愛された真の主将。男が惚れる熱き魂【マンU伝説の「ファーガソンの雛鳥たち」(5)】 2019.04.29

マンチェスター・ユナイテッドがかつての誇りを取り戻す日は来るのだろうか。かつて、アレックス・ファーガソン監督に率いられたチームは数多くの栄光を手にした。その中心となったのが、「ファーギーズ・フレッジリングズ(ファーガソンの雛鳥たち)」と呼ばれたユース出身の選手たちだった。今回、黄金時代を形成した「雛鳥」を紹介する。第4回はDFガリー・ネビル。

ポール・スコールズ

ポール・スコールズ、史上最高の「ボックス・トゥ・ボックス」。攻守にもつ絶大な影響力【マンU伝説の「ファーガソンの雛鳥たち」(4)】 2019.04.28

マンチェスター・ユナイテッドがかつての誇りを取り戻す日は来るのだろうか。かつて、アレックス・ファーガソン監督に率いられたチームは数多くの栄光を手にした。その中心となったのが、「ファーギーズ・フレッジリングズ(ファーガソンの雛鳥たち)」と呼ばれたユース出身の選手たちだった。今回、黄金時代を形成した「雛鳥」を紹介する。第4回はM Fポール・スコールズ。

マンチェスター・ユナイテッド

マンUが勝てない最大の理由とは? マンCの質を引き立たせた弱さ。明白になった致命的な欠点 2019.04.26

マンチェスター・ユナイテッドは現地時間4月24日、プレミアリーグ第31節でマンチェスター・シティと対戦。地元ライバルとのマンチェスターダービーは、ホーム開催だったが0-2で完敗を喫した。しかもその敗戦ではCLのバルセロナ戦と同じ弱点を露呈している。どんな試合だったのか。(文:内藤秀明)

デイビット・ベッカム

デビッド・ベッカム、正確無比を超えた右足と不屈のメンタル。ただのスターだけではない真の勇者【マンU伝説の「ファーガソンの雛鳥たち」(3)】 2019.04.26

マンチェスター・ユナイテッドがかつての誇りを取り戻す日は来るのだろうか。かつて、アレックス・ファーガソン監督に率いられたチームは数多くの栄光を手にした。その中心となったのが、「ファーギーズ・フレッジリングズ(ファーガソンの雛鳥たち)」と呼ばれたユース出身の選手たちだった。今回、黄金時代を形成した「雛鳥」を紹介する。第3回はMFデビッド・ベッカム。

マンチェスター・シティ

マンUの決壊を招いたたった1人の“サボり”。マンCが突き進む優勝街道、恐るべき質の高さ 2019.04.25

プレミアリーグ第31節、マンチェスター・ユナイテッド対マンチェスター・シティのマンチェスターダービーが現地時間24日に行われた。前半は守備面で優位に立っていたホームチームだったが、シティの圧倒的な質の高さに徐々に飲み込まれ、最終的には0-2の完敗を喫した。一方シティはこのまま優勝への街道をひた走るのだろうか。(文:小澤祐作)

ニッキー・バット

ニッキー・バット、永遠に心に刻まれる名手。誰もが記憶する伝説のゴールとは?【マンU伝説の「ファーガソンの雛鳥たち」(2)】 2019.04.25

マンチェスター・ユナイテッドがかつての誇りを取り戻す日は来るのだろうか。かつて、アレックス・ファーガソン監督に率いられたチームは数多くの栄光を手にした。その中心となったのが、「ファーギーズ・フレッジリングズ(ファーガソンの雛鳥たち)」と呼ばれたユース出身の選手たちだった。今回、黄金時代を形成した「雛鳥」を紹介する。第2回はMFニッキー・バット。

ライアン・ギグス

ライアン・ギグス、初代ワンダーボーイ。サッカー史最高のゴールはどのように生まれたか?【マンU伝説の「ファーガソンの雛鳥たち」(1)】 2019.04.25

マンチェスター・ユナイテッドがかつての誇りを取り戻す日は来るのだろうか。かつて、アレックス・ファーガソン監督に率いられたチームは数多くの栄光を手にした。その中心となったのが、「ファーギーズ・フレッジリングズ(ファーガソンの雛鳥たち)」と呼ばれたユース出身の選手たちだった。今回、黄金時代を形成した「雛鳥」を紹介する。第1回はMFライアン・ギグス。

マンチェスター・ユナイテッド

マンU、エバートン戦大敗の原因は? 「クソみたいなプレー」にOB激怒…一体何が起こったのか 2019.04.24

マンチェスター・ユナイテッドは現地時間21日、プレミアリーグ第35節でエバートンと対戦。CL出場権獲得のため負けられない一戦だったのだが、結果的には0-4の大敗を喫してしまった。試合後にはクラブOBのギャリー・ネビル氏が「クソみたいなプレーしやがって」とコメントするなど内容も最悪。赤い悪魔に一体何が起こったのだろうか。(文:内藤秀明)

新着記事

FChan TV

↑top