プレミアリーグ

20190716_var2_getty

プレミアリーグ、ついにVAR導入で価値下落の選手も!? PK増加は確実…どんな変化が起こるか 2019.07.16

来月開幕を迎えるイングランド・プレミアリーグでは、とうとうVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が導入される。このルールチェンジによってプレミアリーグにはどのような変化が起こるのだろうか。(文:プレミアパブ編集部)

アーセナル

アーセナル、ギリギリ不合格も…「脱ベンゲル」で若手成長。勝負の2季目へ最大の課題は?【18/19シーズン総括(4)】 2019.07.16

2018/19シーズンは、これまでスペインが握っていた欧州の覇権がイングランドへと移る結果で幕を閉じた。タイトル獲得や昨季からの巻き返しなど様々な思惑を抱えていた各クラブだが、その戦いぶりはどのようなものだったのだろうか。今回はアーセナルを振り返る。(文:プレミアパブ編集部)

アーロン・ワン=ビサカ

マンUの超高額SB、ワン=ビサカとは何者か? “史上最低監督” に導かれた唯一無二の才能 2019.07.04

マンチェスター・ユナイテッドに1人の有望な若手が到着した。その名はアーロン・ワン=ビサカ。年代別イングランド代表にも名を連ねる彼は、独特のドレッドヘアをなびかせながら右サイドを制圧するサイドバックだ。ユナイテッドが高額の移籍金を費やして獲得を目指したワン=ビサカの、これまでのキャリアとプレースタイルについて紹介していく。(文:プレミアパブ編集部)

アーセナル

アーセナルはなぜ今季も不甲斐なかったのか? 負傷者続出、敵地の脆さ、最大の課題は…【粕谷秀樹のプレミア一刀両断】 2019.06.13

アーセナルは今季、チャンピオンズリーグ(CL)圏外となるプレミアリーグ5位に終わった。負傷者が続出し、敵地で脆さを見せるなど、アーセン・ヴェンゲル監督からウナイ・エメリ監督に変わったシーズンながら、課題は変わらず…。そして、引退するGKペトル・ツェフも証言する最大の問題点とは?(文:粕谷秀樹)

エインズリー・メイトランド=ナイルズ

アーセナルに芽吹いた新たなる希望。今、メイトランド=ナイルズがすごい。21歳の驚くべき資質 2019.05.28

アーセナルのDFエインズリー・メイトランド=ナイルズが覚醒した。チェルシーとのヨーロッパリーグ(EL)決勝では、MFエデン・アザールとのマッチアップが期待される。昨季までは様々なポジションで起用されながら、器用貧乏とも言える状態だったが、右サイドバックで起用されるとその能力が開花した。(文:プレミアパブ編集部)

0527premier

18/19プレミアリーグベストイレブン。Fチャン編集部が選定、リーグを彩った名手たち【編集部フォーカス】 2019.05.27

プレミアリーグで10年ぶりとなる連覇を達成したマンチェスター・シティと、2位としては史上最多となる勝ち点97を獲得したリバプール。両チームによるハイレベルな優勝争いが注目となった今季のプレミアリーグで、どのような選手たちの輝きが目立っていたのだろうか。フットボールチャンネル編集部が選んだ2018/19シーズンのプレミアリーグベストイレブンを発表する。

リバプール

史上最強の2位リバプールはなぜあんなにも強かったのか? 奇跡のチームの戦術を超えた強さ 2019.05.14

リバプールは今季のプレミアリーグで勝ち点97を稼ぎながら2位に終わった。マンチェスター・シティにわずか1ポイント差で敗れたが、その強さは本物だった。リバプールには優れた戦術もさることながら、説明できない強さがあった。(文:内藤秀明)

マンチェスター・シティ

マンCは恐ろしいほど強かった。王者に相応しいその実力、プレミアリーグ連覇はクラブ最高の財産に 2019.05.13

プレミアリーグ第38節、ブライトン対マンチェスター・シティの一戦が現地時間12日に行われ、1-4でアウェイチームが勝利している。勝てばリーグ優勝が確定するシティであったが、まさかの先制点を献上するなど立ち上がりは苦しんだ。しかし、その苦境を乗り越えることができるのが王者。その後4得点を奪い、連覇を決めた。(文:小澤祐作)

マンチェスター・ユナイテッド

マンU低迷の要因? ど下手くそ大損移籍5選。世界的MFに香川真司も…189億円の大赤字【編集部フォーカス】 2019.05.10

世界でも屈指のビッグクラブであるマンチェスター・ユナイテッドは、過去に数多くの大物選手を獲得してきた。もちろんその中には大成し、チームにとってかけがえのない存在となった者もいる。しかし、期待に応えられず、獲得時の半額以下で売却せざるを得ないといったプレイヤーたち、自分たちが売ったにもかかわらず、高額な移籍金で呼び戻さなければならなかったプレイヤーがいたのも事実。今回フットボールチャンネル編集部では、マンUが獲得するも、結果的に大損となってしまった選手を5人紹介する(※移籍金は『transfermarkt』を参照)。

190508_1_getty

マンCを苦しめたレスターの守備戦術がすごい! ピッチで何が起こっていたのか。その戦略とは? 2019.05.08

プレミアリーグ第37節マンチェスター・シティ対レスターの一戦は1-0でホームチームが勝利を収めた。最終的にヴァンサン・コンパニによるミドルシュートで勝ち点3をもぎとったシティだったが、レスターの守備戦術に苦しむ時間が長かった。ピッチでは何が起こっていたのか。(文:内藤秀明)

ダビド・デ・ヘア

マンUの“神”、デ・ヘアが何かおかしい!? 違和感残るチェルシー戦失点、最強GKに何が… 2019.04.30

プレミアリーグ35節、マンチェスター・ユナイテッド対チェルシーの一戦は1-1で幕を閉じた。ユナイテッドはフアン・マタの11分の先制点でリードするものの、43分にダビド・デ・ヘアのミスで失点。このドローでユナイテッドはチャンピオンズリーグ出場権獲得が絶望的となった。頼れる守護神に何があったのか。(文:内藤秀明)

チェルシー

チェルシーが勝てない理由。マンU戦で露呈した課題、改めて考えるべき1トップの人選 2019.04.29

プレミアリーグ第36節、マンチェスター・ユナイテッド対チェルシーの一戦が現地時間28日に行われ、1-1のドローに終わっている。アウェイチームは1点を先に失うなど一時苦しい展開に持ち込まれたが、相手のミスも重なりなんとか同点に追いつくことができた。しかし、逆転するまでには至らず、勝ち点3を奪うことはできず。一体なぜ?(文:小澤祐作)

フィル・ネビル

フィル・ネビル、最強マンU強さの証。勝負強さを生んだフェアな闘争心【マンU伝説の「ファーガソンの雛鳥たち」(6)】 2019.04.29

マンチェスター・ユナイテッドがかつての誇りを取り戻す日は来るのだろうか。かつて、アレックス・ファーガソン監督に率いられたチームは数多くの栄光を手にした。その中心となったのが、「ファーギーズ・フレッジリングズ(ファーガソンの雛鳥たち)」と呼ばれたユース出身の選手たちだった。今回、黄金時代を形成した「雛鳥」を紹介する。第6回はDFフィル・ネビル。

ガリー・ネビル

ガリー・ネビル、特別に愛された真の主将。男が惚れる熱き魂【マンU伝説の「ファーガソンの雛鳥たち」(5)】 2019.04.29

マンチェスター・ユナイテッドがかつての誇りを取り戻す日は来るのだろうか。かつて、アレックス・ファーガソン監督に率いられたチームは数多くの栄光を手にした。その中心となったのが、「ファーギーズ・フレッジリングズ(ファーガソンの雛鳥たち)」と呼ばれたユース出身の選手たちだった。今回、黄金時代を形成した「雛鳥」を紹介する。第4回はDFガリー・ネビル。

ポール・スコールズ

ポール・スコールズ、史上最高の「ボックス・トゥ・ボックス」。攻守にもつ絶大な影響力【マンU伝説の「ファーガソンの雛鳥たち」(4)】 2019.04.28

マンチェスター・ユナイテッドがかつての誇りを取り戻す日は来るのだろうか。かつて、アレックス・ファーガソン監督に率いられたチームは数多くの栄光を手にした。その中心となったのが、「ファーギーズ・フレッジリングズ(ファーガソンの雛鳥たち)」と呼ばれたユース出身の選手たちだった。今回、黄金時代を形成した「雛鳥」を紹介する。第4回はM Fポール・スコールズ。

新着記事

FChan TV

↑top