Home » 海外サッカー » プレミアリーグ » 橋岡大樹はどう起用されるのか? 待ち受ける3人のライバル。新天地ルートン・タウンの戦術は…【コラム】

橋岡大樹はどう起用されるのか? 待ち受ける3人のライバル。新天地ルートン・タウンの戦術は…【コラム】

2024年02月10日(土)9時00分配信

シリーズ:コラム
text by 内藤秀明 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , ,

海外日本人選手 最新ニュース

 三笘薫や冨安健洋がプレーするプレミアリーグに4人目の日本人選手が加わった。浦和レッズ出身の橋岡大樹は昇格組のルートン・タウンでどのような活躍を見せてくれるのか。ルートンというクラブの歴史と現在をひも解き、そこで橋岡がどう居場所を築いていくのか、考察していく。(文:内藤秀明)


約20年の下部リーグ時代を経て…

ルートン・タウンに加入した橋岡大樹
【写真:Getty Images】

 2024年1月30日、日本代表DF橋岡大樹はイングランド・プレミアリーグのルートン・タウンに加入した。2027年6月までの契約で、発生した移籍金は約200万ユーロ(約3億円)。J1リーグの浦和レッズで頭角を現した後、ベルギー1部のシントトロイデンで実力を磨いて、24歳にしてプレミアリーグ挑戦となる。ではこの日本の若武者はルートンでどのように起用されるのだろうか。

今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


 ルートンは1885年に創立され、その歴史の殆どを2部以下のカテゴリで過ごしてきたチームだ。1980年代に一度トップリーグに定着するも、1992年に再度降格し、その後も2部以下を彷徨っていた。しかし昨季はチャンピオンシップで好調を維持し、最終的に3位で昇格プレーオフに参戦。プレーオフも制して、クラブ史上初となるプレミアリーグ参戦を成し遂げた。

 しかも最高の物語は2023年で終わらなかった。「リーグ戦の順位は17位とだけ聞くと悪い結果にも見えるが、開幕前には圧倒的な最下位候補として名を挙げられることも多かった。それもそのはず、『transfermarkt』が算出したルートンの所属選手の市場価値はリーグ最下位の約1億ユーロ(約160億円)。約5億ユーロ(約800億円)のリーグ平均の5分の1の戦力で戦っていることを意味する。財政ルールの違反でエバートンが勝ち点剥奪された影響があるものの、降格圏外は十分以上の結果だ。

1 2 3

新着記事

↑top