内藤秀明

1990年生まれ。大阪府箕面市出身。プレミアリーグのファンサイト「プレミアパブ」の代表、マンチェスターユナイテッド・サポーターズクラブジャパン会長。大学時代に1年間イギリスに留学し、FAコーチングライセンスを取得。現在はプレミアパブの代表としてトークイベントやフットサルイベントを主催しつつ、ライターとしても複数のメディアに寄稿している。2019年1月に初の著書『ようこそ!プレミアパブ』上梓。Twitterアカウント:@nikutohide ウェブサイト:https://premierleaguepub.jp/

プレミアリーグ

ソン・フンミンのレッドカードは、なぜ取り消しとなったのか? 発端は明らかな誤審、VARも機能不全に

今季からプレミアリーグでは、ビデオアシスタントレフリー、通称VARを導入している。主審のジャッジを助け、誤審を減らすはずのVARだがここまでの疑惑の判定の数々を見る限り、運用は完璧とは言い難い。というのも11月に入ってからだけでも、いくつもの疑惑の判定が生まれており、トッテナムの FWソン・フンミンへのレッドカードを巡る問題から検証する。(文:内藤秀明)

ジョゼ・モウリーニョ

モウリーニョ監督就任でトッテナムはどう変わるか、そして懸念は…? 選手層と指揮官の好みで分析

トッテナムの指揮官にジョゼ・モウリーニョ氏が就任した。マウリシオ・ポチェッティーノ監督の解任発表後間もなくの就任となったが、モウリーニョ監督とトッテナムの相性はどうか? 選手の顔ぶれと新指揮官の好みを分析する。(文:内藤秀明)

アーセン・ヴェンゲル

ヴェンゲルが語るアーセナルのアイデンティティとは? エミレーツ・スタジアムに込めた3つの価値

アーセナルの前監督、アーセン・ヴェンゲル氏が日本で講演会を行った。その中で、現在のアーセナルの本拠地であるエミレーツ・スタジアムの建設秘話を語った。稀代の名将がこだわり抜いたスタジアムにはどのような思いが込められているのか。(取材・文:内藤秀明)

本田圭佑

本田圭佑、もしマンU加入でも活躍できない!? ベストな選択肢かは悩ましいが…全く論外とは言えない理由

今季、ロメル・ルカクなど主力級の選手が退団した上に、けが人も続出したことでマンチェスター・ユナイテッドは得点力不足に悩まされている。そんな状態に目を付けたのが元日本代表MF本田圭佑だ。ベテランの司令塔は「オファーをください。お金はいりません。ただ素晴らしいチームで素晴らしい選手たちと共にプレーしたいだけなんです」と、ユナイテッドの公式アカウント向けにTwitterでコメント。物議をかもしている。この移籍が起こったとして、元日本代表MFはチームにメリットをもたらすことはできるのだろうか。(文:内藤秀明)

20191001_goalkick_getty

新たな戦術分析はGKから? ゴールキックからプレミアリーグ各チームの戦術が丸わかり!

今シーズンからゴールキックに関するルールが変わった。以前まではゴールキックをGKが蹴る際、ペナルティボックス内にフィールドの選手が入ることはできなかった。しかし、今季からそれが可能となったことで、ビルドアップの戦術に大幅な変化が起こっている。そこで今回はGKのスタート方法から、プレミアリーグの各チームのスタイルを紐解く。(文:内藤秀明)

ハリー・マグワイア

DF史上最高額の男・マグワイアとは何者か? マンUの鍵を握る存在、運命を変えた名将からの電話

2019年8月、DFとしては移籍市場最高額の8000万ポンドでハリー・マグワイアを、マンチェスター・ユナイテッドが獲得。同クラブにとっては念願の大物CB加入という形になったが、レスターからやってきたイングランド人DFはどんな選手なのか。今回はそんなマグワイアの生い立ちからプレースタイルまで紹介していきたい。(文:内藤秀明)

クリスティアーノ・ロナウド

人生最高の感動を…クリスティアーノ・ロナウドと私。涙で前が見えない初取材【私が見た平成の名勝負(16)】

各ライターの強く印象に残る名勝負をそれぞれ綴ってもらう連載の第16回は、平成25(2013)年3月5日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦・2ndレグ、マンチェスター・ユナイテッド対レアル・マドリー。強豪同士の一戦だ。(文:内藤秀明)

0819debruyne_getty

圧巻のデ・ブルイネ。それでも…マンC戦2-2に持ち込んだトッテナムの意図とは?

プレミアリーグ第2節、マンチェスター・シティ対トッテナムの一戦は2-2でドロー。多くの時間帯でシティが支配する展開だったが、結果的にポチェッティーノ監督はドローに持ちこんだ。アルゼンチン人監督にはどのような意図があったのだろうか。(文:内藤秀明)

0817koscielny_getty2

ありがとう、コシエルニー。謀反、裏切り…複雑な心境も、アーセナルの偉大な主将に感謝を

今夏のアーセナルで、一人のレジェンドが思わぬ形でチームを去った。チームの精神的支柱であり、主将でもあったローラン・コシエルニーだ。契約が残っていたにもかかわらず、プレシーズンマッチの帯同を拒否するという形で強引に意思表示をし、退団に至った。この物別れはショッキングな出来事であり、多くのアーセナルファンが心を痛めたはずだ。ただどんな別れ方をしたとはいえ、彼が残した功績が色あせることはないのもまた事実だ。偉大なキャプテンがアーセナルで築いたキャリアを振り返る。(文:内藤秀明)

0814liverpool_getty

プレミアリーグは開幕戦から見どころだらけ! マンC、リバプール、チェルシー、トッテナム、アーセナル、マンUはどうだった?

遂にイングランド・プレミアリーグが開幕。好調なマンチェスター・シティ、リバプール、トッテナムの牽引者とは。積極補強のマンチェスター・ユナイテッドとアーセナルの新戦力の出来栄えは。フランク・ランパードを迎えたチェルシーの評価の仕方とは。今回は開幕節を振り返りながらビッグ6のトピックをチームごとに振り返る。(文:内藤秀明)

マンチェスター・ユナイテッド

マンU対チェルシー、衝撃の4-0。その時、ピッチでは何が起こっていたのか?

プレミアリーグ第1節マンチェスター・ユナイテッド対チェルシーの一戦は4-0でホームチームが勝利を収めた。最終ラインを中心に積極的な補強を行い、評価を上げていたユナイテッドだが、チェルシーを相手にこの点差をつけることは想定外だった。ピッチでは何が起こっていたのか。(文:内藤秀明)

0807cr7_manunited_getty

涙と絶叫、そして今も…。少年の人生を変えた史上最も劇的なPK戦、CL決勝マンU対チェルシーの記憶【私が見た平成の名勝負(12)】

各ライターの強く印象に残る名勝負をそれぞれ綴ってもらう連載の第12回は、平成20(2008)年5月21日に行われたチャンピオンズリーグ決勝、マンチェスター・ユナイテッド対チェルシー。イングランド勢同士の激突となった大一番はPK戦にもつれ込み、劇的な終幕となった。(文:内藤秀明)

0729mancity_getty

最高だったマンCの来日。マリノス戦はピッチ内外で大成功。その理由を様々な視点で解説する

今夏、プレミアリーグ王者のマンチェスター・シティが横浜F・マリノスと対戦する「EUROJAPAN CUP」に参加するために来日した。試合結果は3-1でシティが勝利。強さを見せつけたが、決して一方的という内容でもなくマリノスの選手たちも善戦していた。ピッチ内外において見どころの多かった一戦やこの夏のプレシーズンマッチ全般について今回は解説する。(取材・文:内藤秀明)

新着記事

↑top