欧州チャンピオンズリーグ

ボルシア・ドルトムント

ドルトムント、成熟する“ロイス・システム”。モナコに完勝、試行錯誤の時期は終了か 2018.10.04

現地時間3日に行われたチャンピオンズリーグ・グループリーグA組第2節、ドルトムント対モナコの一戦は3-0でホームチームが勝利した。ここまで“模索”状態が続いていたドルトムントだったが、どうやらそれも終わりを迎えたようだ。チームは今、“ロイス・システム”の成熟させている。(取材・文:本田千尋【ドルトムント】)

ジョゼ・モウリーニョ

マンU、モウリーニョに近づく解任の足音。悪化するチーム状況、希望の光が見えぬ赤い悪魔 2018.10.03

現地時間2日に行われたチャンピオンズリーグ・グループリーグ第2節、マンチェスター・ユナイテッド対バレンシアの一戦は0-0のドロー決着となった。この結果を受け、ホームチームは公式戦4戦未勝利という状況に追い込まれた。ジョゼ・モウリーニョ監督の解任は間違いなく近づいている。(文:小澤祐作)

C・ロナウド

C・ロナウド退場でも勝つ。疑惑の判定も何のその…ユーベがCL初戦で深める組織力への自信 2018.09.20

欧州の頂点を決めるチャンピオンズリーグ(CL)のグループリーグが開幕し、グループHの初戦でユベントスがバレンシアに2-0で勝利を収めた。この試合では序盤に疑惑の判定もあり、ユベントスにとって欠かせない選手が退場処分を受けた。それでも勝つ。それだけの強さが彼らにはあった。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

イスコ&クロース

別次元だったクロースとイスコの脅威。ローマを粉砕、レアルが持ち合わせる“二つの顔” 2018.09.20

現地時間19日にチャンピオンズリーグ・グループリーグG組第1節、レアル・マドリー対ローマの一戦が行われ3-0でホームチームが勝利した。CL4連覇へ向け最高のスタートを切ったレアル。ロペテギ監督がもたらした新たなスタイルとクロース、イスコの脅威はローマにとっては防ぎようがなかったのかもしれない。(文:小澤祐作)

リオネル・メッシ

メッシ、メッシ、メッシ。圧巻の背番号10番。PSVを無力化、“神の子”と呼ばれる、その理由 2018.09.19

現地時間18日、チャンピオンズリーグ・グループリーグB第1節、バルセロナ対PSVの一戦は4-0でホームチームが勝利した。この試合で圧巻だったのはリオネル・メッシだ。ハットトリックで勝利に貢献したのはもちろん、随所で質の高いプレーを連発。バルセロナには、やはりこの男は欠かせない。(文:小澤祐作)

UEFAチャンピオンズリーグ

開幕迎えたCL、グループリーグ展望。王者レアルの初陣はいかに? ユベントスやマンCも登場(E~H組)【編集部フォーカス】 2018.09.19

2018/19シーズンのチャンピオンズリーグが現地時間18日に開幕を迎えた。初日から白熱した戦いが繰り広げられたが、19日にはユベントスやレアル・マドリーが登場するなど、今夜も注目試合が目白押しだ。CSKAモスクワ所属の西村拓真の出場にも大きな期待が寄せられる。今回フットボールチャンネルの編集部では、E~Hグループの戦いを展望する。

UEFAチャンピオンズリーグ

CL開幕直前、グループリーグ展望。“死のB組”はどうなる? 香川、長友の出場はあるか(A~D組)【編集部フォーカス】 2018.09.18

2018/19シーズンのチャンピオンズリーグがいよいよ開幕する。昨季のファイナリストであるリバプールはいきなりパリ・サンジェルマンと対戦、インテル対トッテナムを開幕節で見られるなど今季も楽しみなカードが満載だ。長友佑都や香川真司といった日本人選手の出場にも期待がかかる。今回フットボールチャンネルの編集部では、A~Dグループの戦いを展望する。

チャンピオンズリーグ

17/18 CLベストイレブン。Fチャン編集部が選定、リーグを彩った名手たち【編集部フォーカス】 2018.05.28

レアル・マドリーが史上初の3連覇を成し遂げ、幕を閉じたチャンピオンズリーグ。ローマやリバプールの躍進も話題となった。今季、欧州の舞台ではどの選手たちが輝いたのか。今回は、フットボールチャンネル編集部が選んだ2017/18シーズンのチャンピオンズリーグベストイレブンを発表する。

20180527_bake_getty

圧巻のベイル、レアル3連覇へ導いた切り札の差。リバプールを狂わせたサラーと守護神の涙 2018.05.27

チャンピオンズリーグ(CL)決勝が現地時間26日に行われ、レアル・マドリーが3-1でリバプールを撃破。途中出場のガレス・ベイルが圧巻の2ゴールを決めて3連覇という偉業を遂げた。しかし、この試合では多くの涙が流れた。(文:海老沢純一)

CL決勝

CL決勝展望。優勝のためにポゼッションを放棄せよ。リバプールを封じる、ジダン監督の奇策とは? 2018.05.26

26日、ウクライナ・キエフに立地するオリンピスキ・スタジアムでチャンピオンズリーグ決勝戦が行われる。ファイナルに挑むのはレアル・マドリーとリバプールだ。共通した長所を持つ同士の対決となる今季のCL決勝だが、勝利の女神はどちらに微笑むだろうか。ジネディーヌ・ジダン監督の奇策も、勝利への近道になるのかもしれない。(文:小澤祐作)

ACL&CL

ACLとCLの間にある格の違い。重要度&注目度は天と地の差、主要大会でも後れを取るアジアの実態 2018.05.11

アジアクラブの頂点を決める大会であるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)。今季もJクラブからは4チームが参加しているが、国内からの注目度が決して高くはない。それは一体なぜだろうか。欧州CLとの比較でその理由が明らかになった。(文:小澤祐作)

ローマ

若きローマが見せた成長の跡。望外のCL準決勝進出、リバプールを追い詰めた智将の修正力 2018.05.03

2日に行われたチャンピオンズリーグ準決勝2ndレグで、ローマは4-2でリバプールに勝利した。だが、決勝進出にはあと一歩及ばなかった。1stレグを2-5で落としていた代償はあまりにも大きかった。だが、叩き上げの智将と新進気鋭の若手を揃えたローマは、リバプールを追い詰めて確かな実力と成長を示して見せた。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

モハメド・サラー

爆速王・サラーを止められるのか。窮地に追い込まれたローマ、計り知れぬ本拠地での強さ 2018.05.02

チャンピオンズリーグ準決勝2ndレグ、ローマ対リバプールの一戦が2日に行われる。1stレグは5-2で勝利を収めたリバプールは大きなアドバンテージを得てローマの本拠地に乗り込む。逆に大きなビハインドを背負ったローマは厳しい状況だが、今季CLでは本拠地無敗を誇るなど、ホームでの強さは計り知れない。(文:小澤祐作)

レアル・マドリー

「自分たちらしいサッカー」は不要、レアルが見せた現実。勝利を手繰り寄せた戦略とは? 2018.05.02

チャンピオンズリーグ(CL)2ndレグ、レアル・マドリーはバイエルン・ミュンヘンとホームで対戦して2-2。2試合合計4-3という結果で決勝進出を決めた。難敵を相手にジネディーヌ・ジダン監督が立てた勝利へのプランとは?(文:海老沢純一)

180426_real_getty

支配率は無意味。レアルが示した“別の次元”。プレッシングは当たり前、つなぐのも当たり前 2018.04.26

チャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグ、レアル・マドリーはアウェイでバイエルン・ミュンヘンに2-1と勝利。3連覇へ王手をかけた。この試合では、支配率で劣勢だったマドリーだが、そのプレーは別の次元へ突入していた。(文:海老沢純一)

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top