欧州チャンピオンズリーグ

サッカー欧州チャンピオンズリーグ(欧州CL)の最新コラム・ニュースを網羅! ここを読めばサッカーの今がわかります。

1129Kamada_getty

鎌田大地がアーセナルを粉砕、その崩壊の要因とは? 逆転につなげたフランクフルトの変化 2019.11.29

UEFAヨーロッパリーグ・グループF第5節、アーセナル対フランクフルトが現地28日に行われ、1-2でフランクフルトが逆転勝利を収めた。前半に1点を先行されたアウェイチームだったが、後半にMF鎌田大地の2得点で逆転。試合のターニングポイントはフランクフルトがハーフタイムに行った修正にあった。(文:加藤健一)

1128Minamino

南野拓実は「証明している最中」。CLで積み重ねる得点、ザルツブルクで磨き続けてきた武器とは 2019.11.28

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)第5節、ヘンク対ザルツブルクが現地27日に行われ、ザルツブルクが4-1で勝利を収めた。この試合に先発出場したMF南野拓実は45分にチーム2点目となるゴールを決めた。CL2得点目を挙げた南野はその理由を冷静に分析している。(取材・文:本田千尋【ヘンク】)

リバプール

リバプール、まさかの敗退も…? なぜナポリに苦戦を強いられたのか。厄介な存在になった働き屋 2019.11.28

チャンピオンズリーグ・グループリーグE組第5節、リバプール対ナポリが現地時間27日に行われ、1-1のドローに終わっている。苦手とするナポリにまたも勝利することができなかったリバプール。グループリーグ突破もやや厳しい状況にあるが、なぜここまでの苦戦を強いられてしまったのか。(文:小澤祐作)

リオネル・メッシとルイス・スアレス

バルセロナ、メッシが見せた格の違い。1G2Aの圧巻の活躍と相棒との完璧なホットライン 2019.11.28

チャンピオンズリーグ(CL)第5節、バルセロナ対ドルトムントの一戦が現地時間27日に行われ、ホームチームが3-1で勝利をした。この試合はホームのバルセロナが力の差を見せつけてグループステージ首位通過を決めた。中でも圧巻だったのは1G2Aのリオネル・メッシだった。(文:松井悠眞)

ネイマール

流れを変えたネイマールへの王様変更。レアル対PSG、最高レベルの美しきドロー 2019.11.27

チャンピオンズリーグ・グループリーグA組第5節、レアル・マドリー対パリ・サンジェルマンが現地時間26日に行われ、2-2のドローに終わっている。PSGが2点のビハインドを背負いながらも後半に2点を奪ってなんとか勝ち点1を拾った。その中で変化を生み出したのは、ブラジルの至宝であった。(文:小澤祐作)

1127Mourinho_getty

トッテナム、モウリーニョの采配によって起きた劇的な変化。大逆転の裏で明確になった課題とは? 2019.11.27

UEFAチャンピオンズリーグ・グループリーグB組第5節のトッテナム対オリンピアコスが、現地26日に行われた。試合はトッテナムが4-2で勝利を収め、決勝トーナメント進出を決めた。2点を先行されたホームチームだったが、ジョゼ・モウリーニョ監督は前半から交代カードを切り、鮮やかに逆転した。試合のターニングポイントはどこにあったのだろうか。(文:加藤健一)

ロドリゴ

レアル18歳ロドリゴ、ついに覚醒か!? 33歳長友佑都は活躍どころか失点関与で「大人対子供」に… 2019.11.07

チャンピオンズリーグ・グループステージ第4節レアル・マドリー対ガラタサライの一戦が現地時間6日に行われ、ホームチームが6-0と大勝している。この試合3G1Aと圧巻のパフォーマスを見せたロドリゴ。一方長友佑都は活躍を見せるどこか、失点に関与してしまうなど散々な内容だった。(文:松井悠眞)

インテル

インテルの大崩れはなぜ起こったのか。今回に限らぬ弱点、真の強さを手に入れるためには? 2019.11.06

チャンピオンズリーグ(CL)・グループリーグF組第4節、ボルシア・ドルトムント対インテルが現地時間5日に行われ、3-2でホームチームが勝利を収めている。インテルは前半に2点のリードを奪いながら、後半に3失点を喫し、敗れる結果となった。なぜインテルは残り45分間で崩れてしまったのか。(文:小澤祐作)

伊東純也

リバプール戦、伊東純也は目立った活躍は出来ずも…。世界最高CBファン・ダイクとの対峙で得たものは? 2019.11.06

UEFAチャンピオンズリーグのグループE第4節、リバプール対ゲンクの一戦が現地時間5日に行われた一戦はホームチームが2-1で勝利した。リバプールは直近のリーグ戦からスタメン6人を入れ替え臨んだ試合でシュート本数28本を放ち主導権を握り続けるも、2得点に留まった。(文:松井悠眞)

1106salzburg_getty

ザルツブルクは南野拓実交代で劣勢に…。局面では優ったナポリが1得点に終わった理由とは? 2019.11.06

UEFAチャンピオンズリーググループリーグE組第4節のナポリ対ザルツブルクが現地時間5日に行われた。2週間前のリターンマッチとなったこの試合は、1-1のドローに終わっている。試合の主導権を握ったナポリは、30本のシュートを放ちながらも得点はわずかに1点のみ。試合の展開と結果は、なぜ一致しなかったのだろうか。(文:加藤健一)

1024itojunya_getty

伊東純也が回想する「あそこで入っていれば…」。「イメージ通り」だったリバプール戦、明白になった課題とは? 2019.10.24

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループリーグC組第3節、ヘンク対リバプールの試合が現地時間23日に行われ、リバプールが4-1で勝利を収めた。この試合で日本代表MF伊東純也は先発出場して89分までプレー。前半にチャンスを作ったものの、得点には絡めず。日本が誇るスピードスターは、試合後に試合を振り返りつつ、明確になった課題について語っている。(取材・文:本田千尋【ヘンク】)

1024haaland_getty

ザルツブルクで躍動する19歳のCL得点王。南野拓実との抜群の連係、ナポリも止められない理由 2019.10.24

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループリーグC組第3節、ザルツブルク対ナポリの試合が現地時間23日に行われた。試合はナポリが3-2で勝利を収め、グループ首位を堅持。しかし、CLデビューから3試合連続得点をマークする19歳のアーリング・ハーランドは、堅守を誇るナポリを以ってしても、止めることはできなかった。(文:加藤健一)

トーマス・パーテイ

アトレティコらしい試合運びをするも…攻撃の鍵を握るガーナ代表の男の存在が試合を左右する 2019.10.23

チェンピオンズリーグ・グループD組第3節、アトレティコ・マドリー対レバークーゼンの一線が行われ、結果は1-0とホームチームが白星を挙げた。しかし、試合のペースを握ったのはレバークーゼンだった。それでも耐えに耐えて一瞬の隙を見逃さなかったアトレティコだったが、攻撃のリズムを作れずにいた。(文:松井悠眞)

1023kroos_getty

長友佑都、レアル戦攻撃では無貢献も…。勝敗分けたのはクロース。起点となった縦のホットライン 2019.10.23

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループリーグA組第3節、ガラタサライ対レアル・マドリーの試合が現地時間22日に行われた。2試合を戦いともに勝ち点1と苦しむ両チームだったが、トニ・クロースの得点を守ったレアルが勝利を収めている。縦のホットラインを起点に、レアルはガラタサライに27本のシュートを浴びせた。(文:加藤健一)

インテル

バルセロナを苦しめたインテルはなぜ崩れた? 十分勝利に値する内容も…すべてを変えた男の存在 2019.10.03

チャンピオンズリーグ・グループリーグF組第2節、バルセロナ対インテルが現地時間2日に行われ、2-1でホームチームが勝利を収めている。前半開始早々に先制点を奪取し、その後も流れに乗ったインテル。しかし後半は一転してペースが崩れ、逆転を許しそのまま敗れる結果となった。セリエAで好調を維持するネラッズーリはなぜ崩れてしまったのか。その理由とは。(文:小澤祐作)

新着記事

↑top