Home » 海外サッカー » 欧州チャンピオンズリーグ » 優勝候補はどこだ! 欧州CL戦力値ランキング1~8位【ベスト16決定版】最新メンバーを分析。期待できるのは?

UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)最新ニュース

2023/24シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)が現地時間13日に再開する。冬の移籍市場も終わり、ベスト16に生き残った各チームの現在の戦力は気になるところだ。今回は、各チームの戦力を4項目(攻撃力、守備力、選手層、勝負強さ)に分けて数値化(各25点の100点満点)し、ランキング形式で紹介する。


8位:バルセロナ(スペイン)

バルセロナ
【写真:Getty Images】

監督:シャビ・エルナンデス(3年目)
23/24欧州CLグループリーグ成績:4勝0分2敗(1位)
戦力値:77(攻撃力21、守備力18、選手層21、勝負強さ17)

欧州CLはWOWOWで全試合独占配信中!
初回1ヶ月無料でお得に観られるWOWOWに加入[PR]


 昨季のバルセロナは圧倒的な強さを誇示してラ・リーガの頂点に立ったが、今季は不安定な戦いが続いている。リーグ戦ではすでに首位レアル・マドリードに勝ち点差10をつけられており、コパ・デル・レイ、スーペル・コパではトロフィーを逃している。こうした状況を受け、先月にシャビ・エルナンデス監督は今シーズン限りでの退任を明言。良い状態でUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の再開を迎えられるとは言い難い。

 バルセロナは昨夏、イルカイ・ギュンドアンやジョアン・フェリックス、ジョアン・カンセロら数多くの実力者を補強。さらに、ラミン・ヤマルやフェルミン・ロペスらカンテラ(下部組織)出身選手の活躍も目立つなど、個の能力は昨季から間違いなくアップされた。今季中の復帰が絶望的となったガビを筆頭に怪我人が多いのも事実だが、シャビ監督がこれらのタレントをうまく料理できているとは言えず。またエースであるロベルト・レバンドフスキの不調などといった誤算も相まって、チームは攻守においてチグハグな戦いに終始している。

 とくに、スタイルの変化に伴い昨季強みとしていた堅守が崩壊したのは致命的。2022/23シーズンのリーグ戦における失点数はわずか「20」だったが、今季はすでに30失点を超えている。プレスの連動性がなく、後ろが間延びしたままカウンターをくらって安い失点を招くケースが散見されており、第16節ジローナ戦(2-4)や第22節ビジャレアル戦(3-5)、コパ・デル・レイ準々決勝のアスレティック・ビルバオ戦(2-4)など、撃ち合いの末に敗れる“らしくない姿”を露呈し続けている。よりレベルの高い相手との対戦が続くCLに臨む上で、大きな不安要素と言っていいはずだ。

 また、圧倒的な強さでリーグを制した昨季でさえCLはグループリーグ敗退、ヨーロッパリーグ(EL)は決勝トーナメント・プレーオフ敗退とシャビ・バルサは欧州の舞台にめっぽう弱い。今季もその勝負弱さが解消される気配はなく、上記を含め現時点で優勝候補に挙げることは難しい。直近5シーズンで3度目となる無冠を覚悟しなければならない。

1 2 3 4 5 6 7 8

新着記事

↑top