focus

FC東京

J最強の守備、FC東京。鉄壁の理由に迫る。ワールドクラスをも封じる“鬼に金棒”完璧な守り

明治安田生命J1リーグ第4節が17日に行われ、ホームの2位・FC東京が1位・名古屋グランパスに1-0で勝利して4年ぶりの首位に浮上した。元ブラジル代表のFWジョーを中心に快進撃を続けていた名古屋をシャットアウトした東京。第1節で圧倒的な攻撃力の川崎フロンターレ、第3節でFWフェルナンド・トーレス擁するサガン鳥栖を完封したのに続き、今季4戦で早くも3回目の無失点試合となった。昨季J王者を、そしてワールドクラスのストライカーをも封じる鉄壁の守備の理由に迫る。(取材・文:下河原基弘)

香川真司

日本代表に“香川真司がいる”という意味。「背中で引っ張る男」がもたらすものとは?

日本代表は18日、親善試合に向けた合宿を開始した。MF香川真司は、森保一監督体制では初となるメンバー入りを果たした。ドルトムントで構想外となり代表チームからも遠ざかったが、新天地のベシクタシュでは出場機会を得て代表にも復帰。香川真司は森保ジャパンに何をもたらすのか。(取材・文:元川悦子)

畠中槙之輔

畠中槙之輔とは何者なのか? J1通算9試合で日本代表初招集…新世代CBが誇る攻撃力の秘密

森保一監督が発表した最新の日本代表メンバーリストには、初招集の選手が4人いた。そのうちの1人、畠中槙之輔とはどんな選手なのだろうか。J1通算9試合出場で異例の抜てきを受けた23歳のセンターバックが備える日本屈指の能力と、横浜F・マリノスで急成長を遂げた要因に迫った。(取材・文:舩木渉)

190318_kubo_getty

久保建英は、なぜ誰よりも遅れて出てきたのか? 試合ごとに高まる「覚醒する逸材の目標」

明治安田生命J1リーグ第4節、FC東京はホームで名古屋グランパスと対戦して1-0で勝利を手にした。この勝利で単独首位となったFC東京だが、MF久保建英は試合後の取材エリアに誰よりも遅れて姿を現した。その裏には試合を重ねるごとに高まる意識と目標があった。(取材・文:藤江直人)

プレイヤーランキング

世界最高の輝きを放った守備職人は誰だ! ポジション別プレイヤー活躍度ランキング!(5位~1位/2月版・CB編)

フットボールチャンネル編集部では、月ごとのポジション別選手ランキングを選定中。今回はセンターバック(CB)編の5位~1位を発表する。一体どの選手が名を連ねているのだろうか。

インテル

インテルが仕掛けた絶妙な「罠」。ミラノダービーに懸ける想い、勝利で証明した真の強さ

セリエA第28節、ミラン対インテルの一戦が現地時間17日に行われ、2-3でアウェイチームが勝利している。戦前の予想ではミラン有利との声が多かった今回のミラノダービーだが、試合は終始インテルがペースを支配し、ホームチームを寄せ付けず。仕掛けた「罠」も完璧にハマっていた。(文:小澤祐作)

190315_iwamasa_editor

“日本サッカーの当たり前”とは? 「自分たちのサッカー」に“相手”が存在するために【岩政大樹・相手を見るサッカー(後編)】

元日本代表が自ら筆をとり、「相手を見てサッカーをする」を徹底的に言語化! 岩政先生の愛称で親しまれる元日本代表の頭脳派・岩政大樹が、具体的な方法論を提示しながら、サッカーの本質に鋭く迫った3/18発売の最新刊『FOOTBALL INTELLIGENCE 相手を見てサッカーをする』から、発売に先駆けて序章を前後編で公開する。今回は後編。(文:岩政大樹)

190315_iwamasa_editor

なぜ、日本サッカーは「相手を見ていない」のか? 日本全体に伝染した弊害【岩政大樹・相手を見るサッカー(前編)】

元日本代表が自ら筆をとり、「相手を見てサッカーをする」を徹底的に言語化! 岩政先生の愛称で親しまれる元日本代表の頭脳派・岩政大樹が、具体的な方法論を提示しながら、サッカーの本質に鋭く迫った3/18発売の最新刊『FOOTBALL INTELLIGENCE 相手を見てサッカーをする』から、発売に先駆けて序章を前後編で公開する。今回は前編。(文:岩政大樹)

プレイヤーランキング

世界最高の輝きを放ったサイドバックは誰だ! ポジション別プレイヤー活躍度ランキング!(5位~1位/2月版・SB編)

フットボールチャンネル編集部では、月ごとのポジション別選手ランキングを選定中。今回はサイドバック(SB)編の5位~1位を発表する。一体どの選手が名を連ねているのだろうか。

香川真司

香川真司、待ち望んだ“あの選手”との共演で感じたこと。得点量産のため、勝負はこれから

トルコ・スュペルリグ第26節、ベシクタシュ対ギョズテペの一戦が現地時間16日に行われ、1-0でホームチームが勝利した。香川真司はトップ下で先発出場している。そして同ゲームでは、香川が以前から共演を望んでいたあのテクニシャンとともにピッチに立った。背番号23は一体何を思ったのだろうか。(取材・文:本田千尋【トルコ】)

190317_kagawa_getty

香川真司は日本代表に何をもたらすか。一気に中心返り咲きも? 相乗効果を生み出すその力

トルコ・スュペルリグ第26節が現地時間16日に行われ、香川真司が所属するベシクタシュはギョズテペと対戦し、1-0で勝利した。香川はスタメン出場し、試合終了間際までプレー。トルコの地で存在感を示すアタッカーは、日本代表への復帰も果たした。香川は森保ジャパンに何をもたらすのだろうか。(文:青木務)

ミラグロス・マルティネス

JFL鈴鹿、男子チームにスペイン人女性監督を。異例の人選が呼ぶ“奇跡”へ、壮大な挑戦が始まる

JFL昇格を果たした鈴鹿アンリミテッドFCは、スペイン人女性のミラグロス・マルティネス監督を招聘した。なぜ、前例のない人選を行なったのか? クラブが描くビジョンと男性監督にも並ぶキャリアを持つ指揮官の素顔に迫った。(取材・文:藤江直人)

新着記事

FChan TV

↑top