focus

20180716_bestxi_getty

ロシアW杯ベストイレブン。Fチャン編集部が選定、世界最高峰の激闘を彩った名手たち【編集部フォーカス/ロシアW杯】

 ロシアワールドカップは現地時間15日、フランス代表の優勝で幕を閉じた。約1ヶ月間に及ぶ戦いに出場した32ヶ国736人の選手たちの中で、最も活躍した11人は誰なのだろうか。フットボールチャンネルでは今大会のグループリーグ初戦から決勝戦までの全試合を踏まえ、世界の頂点を目指す4年に一度の祭典におけるベストイレブンを選出した。

180716_cro3_getty

モドリッチが主導、カンテを舞台から締め出した55分間。クロアチア、“必然の敗戦”も得た勲章【ロシアW杯】

 ロシアワールドカップ決勝戦が現地時間15日に行われ、クロアチアはフランスに2-4で敗れて初優勝を逃がした。満身創痍のクロアチアは残り少ないパワーを出し尽くしたが、一切無駄のないサッカーを展開するフランスには及ばなかった。あらゆる面で相手が上手だったが、クロアチアも持ち味を発揮。そのために必要な戦いも展開していた。(文:青木務)

フランス代表

フランスが優勝を確信した20秒間。最高の戦力の最高の使い方。栄冠手にした最大の理由は【ロシアW杯】

ロシアワールドカップ決勝戦は現地時間15日に行われ、フランスがクロアチアを4-2で下して20年ぶりの優勝を手にした。前半をリードで折り返したのはフランスだったが、クロアチアも十分に手応えを残していた。それでも、後半の交代策によって流れは決定的に。フランスが栄冠を手にした理由には、指揮官による的確な選手起用法があった。(文:海老沢純一)

180715_kante_getty

フランスには、なぜカンテのような選手が生まれるのか? 仕事人の存在こそ優勝の絶対条件【西部の目/ロシアW杯】

 20年ぶりのワールドカップ制覇をまであと1勝に迫ったフランス。そのチームにあってエンゴロ・カンテは中心的存在ではないのかもしれない。しかし、ボールを奪い、スペースを埋め続ける彼がいなければここまで勝ち進めなかったのではないか。黙々と働く仕事人がいてこそ、レ・ブルーは輝く。(文:西部謙司)

180715_raki_getty

ラキティッチが好プレーを続ける理由。高いサッカーIQ、クロアチア誇るフィールドの監督【西部の目/ロシアW杯】

 決勝トーナメントは3試合連続で延長戦、うち2試合はPK戦までもつれた。クロアチアにとって疲労をどこまで回復できるかが重要になる。そして、イバン・ラキティッチなどフィールドの監督と呼べる選手たちによる臨機応変な戦いもカギとなる。ラキティッチは分析どおりにプレーするだけでなく、状況に応じて最適な選択ができる。(文:西部謙司)

180715_cro_getty

【決勝プレビュー】クロアチアはなぜ“黄金”なのか。満身創痍でも勝機あり、初優勝へのポイントは?【ロシアW杯】

 現地時間15日に行われるロシアワールドカップ決勝戦、クロアチアはフランスと激突する。激闘を制して勝ち上がってきたクロアチアは文字通り満身創痍。しかし、勝機はある。初優勝へのポイントとは。(文:青木務)

エンゴロ・カンテ

【決勝プレビュー】フランスはピッチに12人いる。データが示すカンテの「地味な圧巻」が栄冠へ導くか【ロシアW杯】

ロシアワールドカップは現地時間15日、ついにフランスとクロアチアによる決勝戦を迎える。フランスはここまで手堅い勝利で勝ち上がってきたが、その守備力の源となっているのが守備的MFのエンゴロ・カンテだった。まるでピッチ上に12人がいるかのようなカンテの貢献度をデータは示していた。(文:海老沢純一)

ズラトコ・ダリッチ

クロアチア、強さの根源。始まりは「ギロチンマッチ」。指揮官が不屈の魂を植え付けた道のり【ロシアW杯】

クロアチアは同国史上初となるワールドカップ決勝に挑む。今大会、決勝トーナメントでは全て120分を戦い、困難な状況に陥りながらも不屈の精神力で勝ち上がってきた。逆境で発揮される強さの理由は、チームが歩んできた道のりにある。(文:長束恭行)

フランス代表

フランス国民は優勝を確信。その理由は? 98年との共通点と20年ぶり栄冠が持つ意味【ロシアW杯】

現地時間15日、ロシアワールドカップ決勝戦フランス対クロアチアの試合が行われる。レ・ブルーは勝利すれば、98年大会以来20年ぶりとなる優勝を確定させることができる。当時と現在のチームにはいくつかの共通点もあり、国民はW杯制覇を確信している。そして何より、フランスにはW杯優勝への強い思いがある。(文:小川由紀子【フランス】)

ケビン・デ・ブライネ

ベルギーの「あのカウンター」が成功する理由。日本も英国も葬った“創造主”デ・ブライネ【ロシアW杯】

ロシアワールドカップの3位決定戦を制したのはベルギーだった。並みいる強豪相手に印象深いサッカーを見せてきた赤い悪魔たちは、過去最高成績を母国にもたらし大会を去る。「黄金世代」とも言われる今大会のベルギーをけん引したケビン・デ・ブライネは、イングランドとの最後の試合でもクオリティの高さを遺憾なく発揮した。(文:舩木渉)

ケイン アザール

【3位決定戦プレビュー】ベルギー対イングランドは消化試合にあらず。2度目の対戦はプレミアオールスター?【ロシアW杯】

ロシアワールドカップを「勝って終われる」チームは2つだけ。それは優勝と3位になった場合のみだ。そのうち「3位」を決める一戦が、現地時間14日に行われる。一般的に消化試合と見なされがちな一戦を、当事者たちはどのように捉えているのだろうか。そして視聴者の我々はどのように楽しめば良いのだろうか。(文:舩木渉)

180714_bel_getty

クルトワは何かと興味深い存在。淡々とこなすビッグプレー、“セーブ王”の真骨頂とは【西部の目/ロシアW杯】

 エデン・アザール、ケビン・デ・ブルイネ、ロメル・ルカクらを擁するベルギーにあって、GKティボー・クルトワも黄金世代の1人として欠かせない選手だ。驚くべきプレーを簡単にやってのける世界最高峰の守護神にして、ベスト4進出の立役者はチームを3位に導くことができるか。(文:西部謙司)

180714_kane_getty

“得点王”ハリー・ケインに見るW杯の今。必要なゴール+α、『個』への依存では勝てない【西部の目/ロシアW杯】

 1990年大会の4強進出を果たしたイングランド。惜しくも決勝進出はならなかったが、現地時間14日に3位決定戦に臨む。ハリー・ケインはここまで6得点を挙げ、得点王に最も近い存在だ。さらなるインパクトを残して大会を終えたいところだが、ケインはゴールだけを追い求める選手ではない。(文:西部謙司)

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top