focus

エデン・アザール

やっぱりアザールはえぐい。レアルは個で圧倒、ウエスカは岡崎慎司の不在が響き…

現地10月31日にラ・リーガ1部第8節が行われ、レアル・マドリードはウエスカを4-1で下した。今季未勝利の昇格組を、昨季王者は個の力で圧倒した。そしてエデン・アザールが約1年ぶりのゴールで大勝の口火を切り、復活を印象づけた。(文:舩木渉)

サルビ・サンチェス

カディスがすごい。ラ・リーガに大異変…! 昇格組が暫定2位、アウェイ4連勝の要因とは?

ラ・リーガ第8節が現地30日に行われ、乾貴士と武藤嘉紀が所属するエイバルはカディスに0-2で敗れた。昇格組のカディスはこの試合でアウェイゲーム4連勝とし、暫定ながら2位に浮上している。レアル・マドリードやアスレティック・ビルバオも打ち破ったアウェイでの強さの秘密とは?(文:舩木渉)

Jリーグ

J1、J2、J3今節の見どころは? 40歳バースデーの中村憲剛は多摩川クラシコへ、ジュビロ磐田は首位・アビスパ福岡の刺客になるか

明治安田生命Jリーグは今週末、J1第25節(一部は開催済み)、J2第30節、J3第24節を迎える。その中で、今節はどのような対戦カードが組まれているのか。注目試合や選手、見どころなどをピックアップした。

ライアン・アイト=ヌーリ

ウォルバーハンプトンの未来を照らす存在に? 久保建英と同世代、プレミアリーグデビュー戦で躍動した逸材とは

プレミアリーグ第7節、ウォルバーハンプトン対クリスタル・パレスが現地時間30日に行われ、2-0でホームチームが勝利している。ウルブスは攻守両面で質の高いプレーを披露し、C・パレスを寄せ付けなかった。そんなチームにおいて輝きを放っていたのは、この日がプレミアリーグデビューとなった19歳の逸材だった。(文:小澤祐作)

アビスパ福岡

アビスパ福岡はなぜ負けないのか。昇格への航海は順調、J2他クラブの大半に大差をつけているポイントは?【英国人の視点】

昨季は16位と低迷したアビスパ福岡だが、今季は第29節を終えた時点で首位。現在は15試合連続無敗中と、勢いに乗っている。昇格プレーオフがなく、J1への切符が2枚しかない2020シーズン。今までよりも高い集中力と決意が求められる中で、なぜ福岡はここまで勝ち点を積み上げられるのだろうか。(取材・文:ショーン・キャロル)

1030LaLiga_getty

ラ・リーガ20/21 キャプテン一覧。スペイン人以外はわずか2人。メッシともう1人は…

ラ・リーガの2020/21シーズンが開幕した。連覇を目指すレアル・マドリードや新監督を迎えた覇権奪回を狙うバルセロナなど、今季も話題に事欠くことはない。今回は、ピッチ内外で重要なタスクを担うキャプテンをクラブごとに紹介する。(加入年は最初に加入した時期)

ジョー・ウィロック

アーセナル、“Bチーム”の完勝に重要な意味あり? 5分で決着…若手やサブ組がチャンスに奮起【EL】

UEFAヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第2節が現地29日に行われ、アーセナルはアイルランド王者のダンダークに3-0で快勝した。ミケル・アルテタ監督は普段出番の少ない選手たち中心のメンバーを送り出したが、彼らは見事に起用に応えるパフォーマンスを披露した。この試合の采配から、今季のアーセナルにおけるチーム作りの方向性が見えてきそうだ。(文:舩木渉)

ミラン

ミランはまさにパーフェクト! 評価爆上げ中レジスタの能力と戦術イブラヒモビッチの脅威【EL】

UEFAヨーロッパリーグ(EL)・グループリーグH組第2節、ミラン対スパルタ・プラハが現地時間29日に行われ、3-0でホームチームが勝利している。ミランは相手を枠内シュート0本に抑えるなど、パーフェクトな内容でグループ連勝を飾っている。貫いた狙い、そして躍動した男とは?(文:小澤祐作)

1030Maruyama_getty

名古屋グランパス、丸山祐市は日本代表に値する。左利きのCBならではのプレーとは?【西部謙司のJリーグピンポイントクロス】

名古屋グランパスは、今季の明治安田生命J1リーグ2位の失点数を誇っている。センターバックで中谷進之介とコンビを組む丸山祐市は、Jリーグでは数少ない左利きのセンターバックだ。左利きの左センターバックには、右利きには難しいプレーがあるという。(文:西部謙司)

1019Kubo_getty

久保建英は左サイドで輝く。ハーフタイムで何が変化したのか? ビジャレアルで踏む適応のプロセス【EL】

UEFAヨーロッパリーグ・グループステージ第2節、カラバフ対ビジャレアルが現地時間29日に行われ、1-3でビジャレアルが逆転勝利を収めた。久保建英は74分までプレー。前半はチームのパフォーマンスに呼応するようにあまりチャンスに絡めなかったが、ハーフタイムを経て修正する能力の高さを見せた。(文:加藤健一)

新着記事

↑top