focus

ファン・ウェルメスケルケン際

欧州日本人選手が電話取材で明かす本音。新型コロナで再開めど立たず…今何を思い、どう過ごしているのか

新型コロナウィルスの爆発的な流行によって、サッカー界は立ち止まることを余儀なくされている。ほとんどの国でリーグ戦やカップ戦が中止または延期され、再開のめどすら立っていない状況だ。そんな中、欧州組の日本人選手たちは日々どのように過ごしているのだろうか。オランダ1部のPECズウォレでプレーするDFファン・ウェルメスケルケン際が電話取材を通し、現地での生活や自らの心身の状態について明かしてくれた。(取材・文:舩木渉)

プレミアリーグ

プレミアリーグで旋風起こす若き才能たち。マンU、マンC、アーセナル…英国を賑わす期待の逸材【粕谷秀樹のプレミア一刀両断】

アーリング・ハーランドを筆頭に、今季の欧州サッカーはヤングガンズの台頭が目覚ましい。もちろん、プレミアリーグの強豪クラブでも将来有望な若手が続々とその才能を示し始めている。現在は新型コロナウイルスの感染拡大により試合の中断を余儀なくされているが、再開後に注目をしておくべき期待の逸材たちを紹介しよう。(文:粕谷秀樹)

田川亨介

FC東京、田川亨介は殻を破れるか。「困った時」に勝たせるストライカーへ飛躍を【東京五輪世代の今(10)】

新型コロナウィルス感染拡大の影響でJリーグの再開時期が未定になり、東京五輪は今夏の開催が見送られることが決まった。思いがけずおとずれた中断期間に、東京五輪世代の選手たちは何を思うのか。FC東京所属のFW田川亨介にその胸中を聞いた。(取材・文:元川悦子、取材日:2020年3月3日)

立田悠悟

清水エスパルス、立田悠悟が噛み締める喜びと決意。「心を打たれた」新監督との出会い【東京五輪世代の今(9)】

新型コロナウィルス感染拡大の影響でJリーグの再開時期が未定になり、東京五輪は今夏の開催が見送られることが決まった。思いがけずおとずれた中断期間に、東京五輪世代の選手たちは何を思うのか。清水エスパルスでキャプテンを務める立田悠悟にその胸中を聞いた。(取材・文:元川悦子、取材日:2020年3月21日)

20200402_juventus_getty

ユベントス、5年間の歴代フォーメーション。セリエA初の8連覇…ポグバからC・ロナウドの時代へ

イタリアサッカー界の絶対王者がユベントスだ。現在セリエAは8連覇中で、今季も首位に立つ。マッシミリアーノ・アッレグリ前監督は在任5年間でチームを2度にわたってチャンピオンズリーグ決勝に導いた。クリスティアーノ・ロナウドを手に入れた白黒の巨星は近年、どのような歩みで高みにたどり着いたのか。今回フットボールチャンネルでは、ユベントスの過去5年間の主要メンバーや基本システムをシーズンごとに紹介する。

20200403_focus_getty

世界のトッププレイヤー能力値ランキング11位~15位。なぜ…? トップ10入りを逃した理由とは…(19/20シーズン確定版)

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

0403Kagawaclub_getty

香川真司、所属クラブ歴代ポジション。セレッソ大阪、ドルトムント、マンU…共演した数々のスターたち

香川真司のキャリアは輝きに満ち溢れている。20歳でJ2得点王に輝き、21歳で伝統あるボルシア・ドルトムントに移籍。マンチェスター・ユナイテッドではプレミアリーグ優勝を経験している。今回は、香川が16歳でセレッソ大阪に加入してから現在に至るまでの活躍を、所属したクラブごとに振り返っていきたい。

0403Kagawadaihyo_getty

香川真司、日本代表歴代ポジション。岡田武史、ザック、ハリル…歴代指揮官は背番号10をどう起用したのか?

2008年に日本代表でデビューした香川真司は、長年に渡って伝統ある背番号10を背負い続けた。12年間で歴代11位となる97試合に出場し、同6位の31得点をマークしている。今回は、日本代表での香川の活躍を、歴代指揮官ごとにフォーメーションとともに振り返っていきたい。

20200402_bundesligapromising_getty

ブンデスリーガの消えた逸材たち。天国から地獄へ…才能を開花させられなかった5人の選手

才能を高く評価されていても、真の意味でスターになれるのはほんのひと握り。若くして華々しいデビューを飾りながら、サッカー界の厳しい競争に晒された末に才能を開花させられないまま転落していった逸材たちは無数にいる。今回は21世紀に表舞台から儚く消えていったドイツ・ブンデスリーガ出身の5人の“元逸材”たちを紹介する。

0402Mourinho_getty

モウリーニョ歴代フォーメーション。ポルト、チェルシー、インテル、レアル、マンU…スペシャルワンが作りし最強チームたち

「スペシャルワン」を自称するジョゼ・モウリーニョは、その名に違わぬ実績を各クラブで残してきた。今回、フットボールチャンネルでは、モウリーニョが監督として初めてタイトルを獲得したポルト時代から、現時点で最後にタイトルを獲ったマンチェスター・ユナイテッド時代までの戦績を、当時のフォーメーションとともに振り返っていく。

20200402_focus_getty

世界のトッププレイヤー能力値ランキング6位~10位。2人の超新星が堂々ランクイン!(19/20シーズン確定版)

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

0401Guardiola_getty

バルセロナに組み込まれた偽9番の歴史と本質。グアルディオラが実現した師匠クライフの構想【バルサの20年史(3)】

世界のフットボールシーンは、この約20年で大きく変わったと言える。選手の契約と移籍のあり方が変わり、名門クラブも栄枯盛衰を経験している。今回は120年を超える歴史を持つバルセロナの現代史を複数回に渡って辿っていきたい。(文:西部謙司)

0401Kahn_getty

下馬評を覆した2002年ドイツ代表。孤軍奮闘した「巨人」GKオリバー・カーン

2002年日韓ワールドカップ。ブラジルの優勝で幕を閉じたこの大会で、下馬評を覆して決勝に進出したのがドイツ代表だ。その中心となったのがGKオリバー・カーン。各国のアタッカーの前に巨人のように立ちはだかり、孤軍奮闘したのであった。(文:本田千尋)[sponsored content]

20200401_laligapromising_getty

ラ・リーガの消えた逸材たち。天国から地獄へ…才能を開花させられなかった5人の選手

才能を高く評価されていても、真の意味でスターになれるのはほんのひと握り。若くして華々しいデビューを飾りながら、サッカー界の厳しい競争に晒された末に才能を開花させられないまま転落していった逸材たちは無数にいる。今回は21世紀に表舞台から儚く消えていったスペイン、ラ・リーガ出身の5人の“元逸材”たちを紹介する。

新着記事

↑top