focus

U-20ワールドカップ

U-20日本代表、U-20W杯で戦う3ヶ国ってどんなチーム? 南米王者に優勝候補、実力屈指の猛者たち【編集部フォーカス】

U-20日本代表は23日からポーランドで開催されるFIFA U-20ワールドカップ2019に臨む。グループリーグではU-20イタリア代表、U-20メキシコ代表、U-20エクアドル代表と対戦することが決まっているが、この3ヶ国は一体どんなチームなのだろうか。今回は注目選手と合わせて紹介していく。

U-20ワールドカップ

FIFA U-20W杯、主役候補はこの5人! 韓国の神童に名将お墨付きのDF、見逃してはならない若き大器たち【編集部フォーカス】

ポーランドで行われるFIFA U-20ワールドカップ2019が23日より開幕する。本大会へ向け期待感は高まるばかりであり、U-20日本代表の戦いぶりにも注目が集まる。そんな中、今大会も世界中で活躍が大いに期待されている若き大器たちが各国に存在している。今回はFIFA U-20ワールドカップで見ておくべき選手を5人紹介する。

190521_icatch_getty

U-20日本代表、U-20W杯メンバー21人はこれだ! MF・FW編、頂点を目指す選手たちを一挙紹介【編集部フォーカス】

U-20日本代表は23日からポーランドで開催されるFIFA U-20ワールドカップ2019に臨む。久保建英ら主力数名が選外となる中、チームはどのような戦いを見せるか。フットボールチャンネル編集部では、影山ジャパンの21人を紹介する。今回はMF・FW編。

190521_icatch_getty

U-20日本代表、U-20W杯メンバー21人はこれだ! GK・DF編、頂点を目指す選手たちを一挙紹介【編集部フォーカス】

U-20日本代表は23日からポーランドで開催されるFIFA U-20ワールドカップ2019に臨む。久保建英ら主力数名が選外となる中、チームはどのような戦いを見せるか。フットボールチャンネル編集部では、影山ジャパンの21人を紹介する。今回はGK・DF編。

190521_kubo1_getty

久保建英の図抜けた感覚。名手から2戦連発、17歳にして持つ「いつもの形」と底知れなさ

明治安田生命J1リーグ第12節、FC東京対北海道コンサドーレ札幌が18日に行われ、ホームの東京が2―0で快勝した。後半14分に先制点を奪うと、試合を決定づけたのはMF久保建英。後半24分、コースを消しに来た相手DFの股の下を通す技ありのシュートを決めた。前節の磐田GKカミンスキーに続き、この試合では札幌GKク・ソンユンと名手から2試合連続で得点を挙げた17歳の図抜けた感覚に迫る。(取材・文:下河原基弘)

02nikkan01

松田直樹が捨てたフラット3の理想。日韓W杯ベスト16につながった隠れたファインプレーとは?【日本代表平成の激闘史(8)】

時代は平成から令和へと代わり、その間、ワールドカップに6回連続出場を果たすなど、サッカー日本代表は大きな躍進を遂げた。時代は変われども、後世へと語り継ぎたい日本代表名勝負を振り返る本企画。今回は平成14(2002)年6月に行われた、日韓ワールドカップでの日本代表の戦いを回顧する。(文:元川悦子)

プレイヤーランキング

ビッグクラブ注目の逸材がズラリ。世界最高の輝きを放ったサイドバックは誰だ! ポジション別プレイヤー活躍度ランキング!(5位~1位/4月版・SB編)

フットボールチャンネル編集部では、月ごとのポジション別選手ランキングを選定中。今回はサイドバック(SB)編の5位~1位を発表する。一体どの選手が名を連ねているのだろうか。

長谷部誠

長谷部誠、35歳の飛躍。自らはどう感じたのか? 枯渇する事なき意欲と晴れやかな表情

ブンデスリーガ最終節、バイエルン・ミュンヘン対フランクフルトは5-1でホームチームの勝利となった。その結果、バイエルンはリーグ7連覇を決め、フランクフルトは目標だった来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃した。それでも今季はCL出場権争いに加えてヨーロッパリーグ(EL)準決勝進出と躍進。その中でMF長谷部誠はリベロとして大きな貢献をした。試合後、長谷部は自らの口でシーズンを振り返った。(取材・文:本田千尋【ミュンヘン】)

本田圭佑

本田圭佑は豪州に何を残したのか。メルボルン・Vの同僚たちが語った『ケイスケ』のリアル

元日本代表の本田圭佑は今季限りでのメルボルン・ビクトリー退団を明言している。オーストラリアでプレーした1年間、現地での評価はいかなるものだったのか。そしてAリーグやクラブに何を残したのか。監督やチームメイトたちの証言を元に、本田の影響力とリアルな姿を紐解く。(取材・文:舩木渉)

00sydney01

うす笑いを浮かべた中田英寿、肩を落とした中村俊輔。最強軍団の挑戦は早すぎる終戦を迎えた【日本代表平成の激闘史(7)】

時代は平成から令和へと代わり、その間、ワールドカップに6回連続出場を果たすなど、サッカー日本代表は大きな躍進を遂げた。時代は変われども、後世へと語り継ぎたい日本代表名勝負を振り返る本企画。今回は平成12(2000)年9月に行われた、シドニー五輪での日本代表の戦いを回顧する。(文:元川悦子)

プレイヤーランキング

足切断の危機を乗り越えた名手も。世界最高の輝きを放ったミッドフィルダーは誰だ! ポジション別プレイヤー活躍度ランキング!(5位~1位/4月版・MF編)

フットボールチャンネル編集部では、月ごとのポジション別選手ランキングを選定中。今回はミッドフィルダー(MF)編の5位~1位を発表する。一体どの選手が名を連ねているのだろうか。

新着記事

FChan TV

↑top