海外サッカーコラム

世界各国の読み応え抜群なサッカーコラムはこちら! ここを読めばサッカーの今がわかります。

ズラタン・イブラヒモヴィッチ

やっぱりイブラヒモヴィッチは“神”だった。8戦12発で首位ミランをけん引、ライバル加入も大歓迎【分析コラム】 2021.01.19

セリエA第18節が現地18日に行われ、ミランはカリアリに2-0で勝利を収めた。前半戦首位ターンは目前で、本格的にリーグ優勝を狙える位置につけている。そして約2ヶ月ぶりに先発したズラタン・イブラヒモヴィッチの存在は、タイトルレースを勝ち抜くうえで大きな役割を果たしそうだ。(文:舩木渉)

アーセナル

アーセナル、ニューカッスル戦は文句なし。オーバメヤンも久々爆発、追い風は確かに吹いている【分析コラム】 2021.01.19

プレミアリーグ第19節、アーセナル対ニューカッスルが現地時間18日に行われ、3-0でホームチームが勝利している。ニューカッスルは前節から多くの変更を行っていたが、大失敗に終わった。一方のアーセナルはそんな相手の体たらくを見逃さず。エースにも久々に点が生まれるなど、申し分ない勝利を手に入れた。(文:小澤祐作)

パリ・サンジェルマン

ムバッペ、ネイマールありきのチームに終止符? イカルディらは覚醒の時? 新体制でPSGはどう変わるのか 2021.01.19

トーマス・トゥヘル監督と別れることを決断したパリ・サンジェルマン(PSG)。そんな同チームの新監督には、噂通りマウリシオ・ポチェッティーノが就くことになった。着任からわずか10日でタイトルを獲得するなど、アルゼンチン人指揮官のつかみは上々だが、PSGはここからどう変化していくのだろうか。(文:小川由紀子【フランス】)

20210119_worsegk11to15_getty

世界最高額の守護神は誰だ? サッカー選手GK市場価値ランキング11~15位。危険プレー続きのバタバタ守護神とは?【2021最新版】 2021.01.19

100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高いGKは誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングを紹介する。※成績は1月18日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

20210119_focus_getty

世界最高額の守護神は誰だ? サッカー選手GK市場価値ランキング6~10位。アーセナルの守り神に勢いに乗る若き男も【2021最新版】 2021.01.19

100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高いGKは誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングを紹介する。※成績は1月18日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

0119GK_getty

世界最高額のGKは誰だ? サッカー選手GK市場価値ランキング1~5位。世界最高の第2GKとは?【2021最新版】 2021.01.19

100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高いDFは誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングを紹介する。※成績は1月18日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

ガレス・ベイル

ベイルに居場所はないのか? 好調トッテナムで蚊帳の外、モウリーニョは“最後通告”を突きつけた【分析コラム】 2021.01.18

現地17日にプレミアリーグ第19節が行われ、トッテナムはシェフィールド・ユナイテッドに3-1で勝利を収めた。ハリー・ケインやソン・フンミンら好調な攻撃陣が結果を残す一方、ガレス・ベイルはベンチに座ったまま試合終了の笛を聴いた。レアル・マドリードから期限付き移籍で古巣復帰を果たし、大きな期待を寄せられながらほとんど活躍できていないかつてのエースに居場所はあるのだろうか。(文:舩木渉)

0118Stones_getty

マンチェスター・シティの“疑似パワープレー”が持つ破壊力。美しく相手を叩きのめすその威力とは?【分析コラム】 2021.01.18

プレミアリーグ第19節、マンチェスター・シティ対クリスタル・パレスが現地時間17日に行われ、4-0でシティが快勝した。

20210118_serieA_getty

インテルの23番が悪魔だった。絶対王者ユベントスが成す術なく完敗した要因とは?【分析コラム】 2021.01.18

セリエA第18節、インテル対ユベントスが現地時間17日に行われ、2-0でホームチームが勝利している。10連覇を目指すユベントスはこれ以上インテルとの勝ち点差を広げられるわけにはいかなかったが、成す術なく完敗を喫した。一体何が起きたのだろうか。(文:小澤祐作)

0118Pogba_getty

リバプール対マンU、頂上決戦で何が起きていたのか? ポグバが見せた野心と「良い兆候」【分析コラム】 2021.01.18

プレミアリーグ第19節、リバプール対マンチェスター・ユナイテッドが現地時間17日に行われ、0-0の引き分けに終わった。首位攻防戦は白熱した展開に。首位をキープしたユナイテッドは、優勝争いの主役に恥じない試合を見せた。(文:加藤健一)

20210118_worsedf11to15_getty

世界最高額のDFは誰だ? サッカー選手DF市場価値ランキング11~15位。アフリカ最強…? いや、世界屈指のCBとは【2021最新版】 2021.01.18

100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高いDFは誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングを紹介する。※成績は1月17日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

20210118_focus_getty

世界最高額のDFは誰だ? サッカー選手DF市場価値ランキング6~10位。激烈プレーの南米産CBとは?【2021最新版】 2021.01.18

100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高いDFは誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングを紹介する。※成績は1月15日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

0118ValueDF_getty

世界最高額のDFは誰だ? サッカー選手DF市場価値ランキング1~5位。リバプールの3人で最も価値が高いのは…【2021最新版】 2021.01.18

100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高いDFは誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングを紹介する。※成績は1月15日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

酒井宏樹

酒井宏樹は何もせず、長友佑都は…。マルセイユが大スランプ。最下位ニームに「惨めな試合」で敗戦【分析コラム】 2021.01.17

現地16日にリーグ・アン第20節が行われ、マルセイユはニーム・オリンピックに1-2で敗れた。試合前の時点で最下位だった相手に屈辱的な敗戦を喫した要因とは何だったのだろうか。そして酒井宏樹や長友佑都の現状は…。(文:舩木渉)

0117Mount_getty

チェルシーが手にした希望とは? 10人相手に苦戦も…4戦ぶり勝利で「前進している」【分析コラム】 2021.01.17

プレミアリーグ第19節、フラム対チェルシーが行われ、0-1でチェルシーが勝利を収めた。前半に退場者が出たフラムを相手に終盤までゴールが奪えなかったが、4試合ぶりに勝ち点3を掴んだチェルシー。現役時代にチェルシーで酸いも甘いも噛み分けたフランク・ランパードは「前進した」と小さな手ごたえを感じている。(文:加藤健一)

新着記事

↑top