海外サッカーコラム

香川真司

香川真司不在ドルト、CL出場圏内に踏みとどまる。終盤戦で現れた18歳の“新戦力” 2018.04.22

ボルシア・ドルトムントは21日、チャンピオンズリーグ出場権争いのライバルであるレバークーゼンに大勝した。“抜け殻”の相手を粉砕したのは、18歳の才能。ラストスパートの武器が増えている。(取材・文:本田千尋【ドイツ】)

アーセン・ヴェンゲル

ヴェンゲル王朝の終焉。プレミアの新時代を切り開いた先駆者、在位22年の偉大な功績 2018.04.21

ついに終わりの時がきた。20日、アーセナルは22年間にわたってクラブを率いたアーセン・ヴェンゲル監督の今季限りでの退任を発表した。プレミアリーグ無敗優勝や才能ある若手選手の抜てきなど、名伯楽が残した数々の功績は、イングランド・フットボールの歴史の一部として永遠に刻まれる。(文:舩木渉)

20180420_bvb2_getty

香川真司、練習再開も復帰はまだ。「手負い」のドルト、最良の薬はライバル撃破 2018.04.21

ボルシア・ドルトムントは20日、ブンデスリーガ第31節でCL出場権を争うレバークーゼンと対戦する。前節ダービーに敗れ、エースを負傷で失ったドルトムントは、多くの傷を抱えているが、今何よりも必要なのは結果だ。(取材・文:本田千尋【ドイツ】)

ウォルバーハンプトン

英2部に異変!? 補強資金50億円…1つのクラブを変えた中国資本と大物代理人。そこに渦巻く闇 2018.04.20

来季のプレミアリーグ昇格を最初に確定させたのはウォルバーハンプトンだった。一時は3部降格も経験するなど近年は低迷続きだったクラブが復活を遂げた裏には、「闇」とも言える2つのキーワードが隠れていた。イングランド中部に本拠地を置く古豪はいかにして6年ぶりのプレミアリーグ復帰を掴み取ったのだろうか。(文:舩木渉)

パリ・サンジェルマン

愛は金で買えない。愛想つかされるPSG、ネイマール獲得も失策に。リーグ優勝も一切話題に上らず… 2018.04.19

CLラウンド16で姿を消し、ここ最近は話題にも上がらなかったパリ・サンジェルマン。15日に行われたリーグ・アン第33節でモナコを破りリーグ優勝を果たしたが、盛り上がりは一向に見られない。むしろフランス国内の注目は、ELベスト4に進出したあの名門に向けられている。(取材・文:小川由紀子【フランス】)

ボルシア・ドルトムント

奈落の底に落ちるか…ドルトムント、打ち砕かれたプライドと失った新エース。CL争いへ正念場 2018.04.16

ボルシア・ドルトムントは15日、ブンデスリーガ第30節でシャルケと対戦し0-2で敗れた。152回目を迎えたレヴィア・ダービーに挑んだドルトだったが、この日は終始ホームチームに圧倒され見せ場はほとんどなし。ライバル相手にプライドを打ち砕かれた。おまけに試合終盤にはミチ・バチュアイが負傷するなどCL出場権獲得へ向け正念場を迎えている。(取材・文:本田千尋【ドイツ】)

本田圭佑

本田圭佑が繋げるパチューカの希望。シーズン10得点を達成、攻撃陣と共有する崩しのイメージ 2018.04.16

メキシコ1部のパチューカに所属する本田圭佑が現地時間14日のサントス・ラグーナ戦でシーズン10得点目を挙げた。チームへの貢献はそれだけにとどまらない。周囲の選手たちとイメージを共有し、攻撃陣のゴールまでのイメージを繋げる上で重要な役割を果たしている。(文:河治良幸)

20180415_kagawa1_getty

香川真司不在のダービー。ドルト指揮官、「シャルケ・キラー」の本領発揮なるか 2018.04.15

ボルシア・ドルトムントは現地時間15日のブンデスリーガでシャルケとのレヴィア・ダービーを戦う。香川真司はまだ回復していないが、3位と2位の直接対決は見所十分。シュテーガー監督の手腕でCLに近づけるだろうか。(取材・文:本田千尋【ドイツ】)

ユベントス

「審判の心はゴミ箱」。ユーベ大激怒のPK判定。皮肉な結末も、熱戦生んだ“レアル攻略法” 2018.04.12

チャンピオンズリーグのベスト4が出揃った。昨季の決勝カードの再戦となったユベントス対レアル・マドリーの終わり方が議論を巻き起こしている。1stレグの3点ビハインドから巻き返し、昨季王者をあと一歩まで追い詰めたユベントスにとっては皮肉な結末が待っていた。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

で・ロッシ

バルサ逆転敗退の衝撃を生んだ要因とは? ローマが構築した完璧なプランと指揮官の英断 2018.04.11

誰もがバルセロナのチャンピオンズリーグ準決勝進出を疑わなかった。4-1で終わった準々決勝1stレグを経て、10日の2ndレグを迎えるまでは。しかし、そんな絶望的な状況でも大逆転を信じ続けたのがローマのエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督だった。シーズン中に地道に積み上げてきたものを、この一戦で全て解放し、攻撃的な采配で見事にバルセロナを打ち破った。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

ボルシア・ドルトムント

香川不在のドルト。流れを変えたまさかの…。払拭した大敗の悪夢と取り戻した自信 2018.04.09

ボルシア・ドルトムントは8日、ブンデスリーガ第29節でシュトゥットガルトと対戦し、ホームで3-0の勝利を収めた。前節バイエルン・ミュンヘン相手に0-6の大敗を喫し、自信を失っていたドルトはこの日も前半から苦戦を強いられる苦しい展開に。なかなか活路を見出せない中、試合の流れを変えたのは…。(取材・文:本田千尋【ドイツ】)

本田圭佑

本田圭佑、ハリルの要求を体現する1試合2得点。パチューカをけん引する背番号2の輝き 2018.04.08

メキシコ1部のパチューカに所属する本田圭佑が、現地時間6日のプエブラ戦で輝いた。チームの大勝に貢献する2得点には、日本代表でヴァイッド・ハリルホジッチ監督が要求するプレーにつながる、本田なりの回答が込められていたのかもしれない。(文:河治良幸)

20180408_kagawa3_getty

香川真司の復帰は「今季の最終局面」か。前節大敗ドルト、“悪夢”引きずる余裕はなし 2018.04.08

ボルシア・ドルトムントは現地時間8日、シュトゥットガルトと対戦する。バイエルン・ミュンヘンの優勝が決まったが、ドルトムントの戦いはここから。熾烈なCL出場権争いを勝ち抜くために、好調シュトゥットガルトを攻略しなければいけない。(取材・文:本田千尋【ドイツ】)

監督

バルサは伝説作るか。マンCは宿敵の前で? 大詰め迎える欧州5大リーグ、優勝争いの行方 【編集部フォーカス】 2018.04.06

欧州5大リーグもいよいよ終盤戦に突入してきた。もちろん、この時期になると優勝争いの行方は誰もが気になるところだ。すでにリーグタイトルを手中に収めているクラブもあるが、最後まで優勝争いの行方がわからない国など、5つのリーグでも状況は様々である。今回フットボールチャンネル編集部では欧州5大リーグの優勝争いに一足早く目を向ける。

本田圭佑

本田圭佑の知られざる経営者としての「顔」。革新的な人事評価制度の導入はサッカー界に一石を投じるか 2018.04.06

サッカー選手・本田圭佑は経営者でもある。常に話題にあがるピッチ内と比べると経営者としての顔はあまり知られていないが、粛々と、着実にこなしている。その1つが人事評価制度の導入。業界では初となる取り組みに、本田の経営者としての本質が垣間見られた。(取材・文:植田路生)

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top