海外サッカーコラム

ポーランド代表

日本が突くべきポーランドの弱点とは? 真の姿を見せたコロンビアを相手に露呈した欠陥【ロシアW杯】 2018.06.25

ロシアワールドカップ・グループリーグH組第2節、コロンビアはポーランドを相手に3-0と完勝を収めた。ともに黒星発進となり、負ければ敗退が決定するという大一番で、コロンビアは真の強さを発揮。逆にポーランドは弱点を露呈して連敗となった。最終節、ポーランドと対戦する日本にとっては大きなヒントとなる一戦だった。(文:海老沢純一)

180624_korea_getty

韓国が痛感させられた世界との差。唯一の武器メンタルまでも…残す可能性はドイツ戦の奇跡【ロシアW杯】 2018.06.24

 ロシアワールドカップ・グループリーグF組、韓国代表はメキシコ代表と対戦して1-2で敗れた。スウェーデン戦に続いての連敗は、韓国にとって世界との差を痛感させられた結果となった。決勝トーナメントへの残された可能性は、王者ドイツとの最終戦での奇跡のみとなったが…。(文:キム・ドンヒョン【韓国】)

ロメル・ルカク

もはや止められぬベルギー。怪物・ルカクの何がすごいのか? その破壊力生む瞬時の判断力【ロシアW杯】 2018.06.24

現地時間23日に行われたロシアワールドカップ・グループリーグG組第2節、ベルギー対チュニジアの一戦は5-2でベルギーが大勝を収めた。若干の課題を残しながらも、安定した強さをみせたレッド・デビルズ。中でもロメル・ルカクの貢献度は高く、理想のCFと思わされるほどのものがあった。(文:小澤祐作)

ナイジェリア代表

日本も注意すべき“アフリカン”なカウンター。完璧な守備を粉砕した、ナイジェリアの破壊力【ロシアW杯】 2018.06.23

現地時間22日に行われたロシアワールドカップ・グループリーグD組第2節、ナイジェリア対アイスランドの一戦は2-0でナイジェリアが勝利した。この試合で勝利チームが発揮したのは、破壊力抜群のカウンターである。現地時間25日にセネガルと対戦する日本にとっても、良き資料になる試合になったことは間違いない。(文:小澤祐作)

ネイマール

ネイマールが見せた男泣き。ブラジルとアルゼンチンの差とは? 試合を動かした切り札【ロシアW杯】 2018.06.23

ロシアワールドカップ・グループリーグE組第2節、ブラジルはコスタリカと対戦して苦しみながらも2-0と勝利を収めた。前日にはアルゼンチンが敗れるなど南米勢が苦しむ今大会だが、ブラジルはついにエースのFWネイマールも得点を決めた。しかし、試合を動かしたのはエースの力だけではなかった。(文:海老沢純一)

ルカ・モドリッチ

アルゼンチンの崩壊はなぜ? モドリッチこそ世界最高、“メッシ依存症”より深刻な欠陥【ロシアW杯】 2018.06.22

ロシアワールドカップ・グループリーグD組第2節、アルゼンチン対クロアチアの一戦は、3-0でクロアチアが完勝。アルゼンチンはグループリーグ敗退の危機に陥ったが、この試合では“メッシ依存症”より深刻なアルゼンチンの欠陥が浮き彫りとなった。(文:海老沢純一)

キリアン・ムバッペ

驚異の19歳、ムバッペとは? 次々と偉業達成、フランスをけん引する怪物FWの進化【ロシアW杯】 2018.06.22

現地時間21日に行われたロシアワールドカップのグループリーグ第2節で、グループCのフランス代表はペルー代表に1-0で勝利を収めた。2連勝での決勝トーナメント進出を引き寄せたのは、キリアン・ムバッペのゴールだった。19歳の怪物ストライカーが、フランスサッカー界の歴史に名を刻んだのである。(文:舩木渉、データ提供:Wyscout)

イニエスタ

スペイン代表が示した強者の貫禄。復活のティキ・タカ、蘇る南ア大会優勝の感覚【ロシアW杯】 2018.06.21

現地時間20日に行われたロシアワールドカップのグループリーグ第2節。グループBではイランと対戦したスペインが強さを見せつけた。大会直前の監督解任に揺れた元王者は、その影響を感じさせないパフォーマンスを続けている。躍進を狙うアジアの雄を手のひらで転がすように振り回し、勝ち点3を奪っていった。(文:舩木渉)

メッシ&ロナウド

ロナウドとメッシの決定的な違いとは? “依存症”ではない頼り方。不可欠な献身的相棒【ロシアW杯】 2018.06.21

現地時間20日、ロシアワールドカップ・グループリーグB組第2節、ポルトガル対モロッコの一戦は1-0でポルトガルが勝利を収めた。この試合で決勝点を挙げたのが、エースのクリスティアーノ・ロナウドである。これで同選手は2試合連続ゴール。同選手がここまで活躍できる理由には、何があるのだろうか。(文:小澤祐作)

セネガル代表

セネガルの強さの秘密。欧州の守備戦術にアフリカの身体能力が加わった“異教徒の集団“【ロシアW杯】 2018.06.20

ロシアワールドカップ・グループHの第2節で日本が対戦するセネガルはポーランドとの初戦を2-1で制した。攻守において欧州トップクラスのリーグで活躍する選手の多いセネガルだけに、その戦い方は独特の強さを持つ。ポーランドを下したセネガルの全容とは?(文:本田千尋)

180618_prof_yamashita

日本代表、決勝トーナメント進出の可能性は何%? 前回大会は的中…独大学教授が分析【ロシアW杯】 2018.06.19

 日本代表は19日、ロシアワールドカップ・グループリーグH組第1節においてコロンビアと対戦する。ポーランド、セネガルも加わるH組の中で、日本が勝ち抜く可能性は何%なのか? 統計的な分析でサッカーに関する様々な予測を続けるドルトムント工科大学のアンドレアス・グロル教授に聞いた。(取材・文:山下祐司)

180618_robert_getty

ポーランド、脆弱な守備補うレバンドフスキらの破壊力。虎視眈々と狙う決勝T【ロシアW杯注目国分析】 2018.06.19

 2018FIFAワールドカップロシアは連日、熱戦が繰り広げられている。各国がそれぞれの目標を達成するために23選手を選抜し、コンティション調整を続ける中、注目国の状況をチェックする。今回は日本と同じグループHのポーランド。(文:本田千尋)

セネガル代表

セネガル、ダークホースへの期待。攻守に世界クラスの陣容、日本はどう挑むべきか?【ロシアW杯注目国分析】 2018.06.19

2018FIFAワールドカップロシアは連日、熱戦が繰り広げられている。各国がそれぞれの目標を達成するために23選手を選抜し、コンティション調整を続ける中、注目国の状況をチェックする。今回は日本と同じグループHのセネガル。(文:編集部)

ハメス・ロドリゲス

コロンビア、調整失敗は嘘? 日本への“油断”なく、準備万端で狙うは4強【ロシアW杯注目国分析】 2018.06.19

2018FIFAワールドカップロシアは連日、熱戦が繰り広げられている。各国がそれぞれの目標を達成するために23選手を選抜し、コンティション調整を続ける中、注目国の状況をチェックする。今回は日本と同じグループHのコロンビア。(文:編集部)

ベルギー代表

ベルギーが魅せた個の力。アザールとデ・ブルイネによる支配力と払拭されない不安…【ロシアW杯】 2018.06.19

ロシアワールドカップ・グループリーグG組第1節、ベルギーはパナマと対戦して3-0と快勝した。この試合では、FWドリース・メルテンスのゴールを皮切りにFWエデン・アザールやMFケビン・デ・ブルイネが個の力を見せつけた。しかし、その内容は大会前の懸念を払拭するものとはならなかった。(文:海老沢純一)

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top