海外サッカーコラム

堂安

堂安律、オランダで見つけた成功への道標。フローニンゲンが描く壮大な夢の一部に? 2017.07.28

U-20W杯で活躍し、ガンバ大阪からオランダ1部のフローニンゲンへと移籍した堂安律。新天地での挑戦をスタートさせた19歳は、移行期を迎えたクラブでどれほどの活躍が見込まれているのだろうか。欧州でのキャリアを成功させるために何が必要なのか。そして、フローニンゲンが思い描く夢のあるストーリーの一部になれるのだろうか。(取材・文:中田徹【フローニンゲン】)

20170727_100caps_getty

国際Aマッチ出場試合数ランキング、現役選手トップ10 レジェンド級勢ぞろい!【編集部フォーカス】 2017.07.27

サッカー界において、国の代表選手になることは非常に名誉であると同時に、困難が伴う。そのうえ長期間、複数の監督から代表に選ばれ続けることはさらに難しい。ゆえに国際Aマッチに100試合以上出場した選手は多くない。今回はW杯出場経験のある国から、現役選手の国際Aマッチ出場試合数トップ10を紹介する(キャップ数は選手情報サイト『transfermarkt』調べ)。

マンチェスター・ユナイテッドからエバートンに移籍したウェイン・ルーニー

ルーニーの完全復活に期待。エバートンへの帰郷が“暴れ馬”の野性を呼び起こす可能性【粕谷秀樹のプレミア一刀両断】 2017.07.27

マンチェスター・ユナイテッドから古巣であるエバートンに復帰したウェイン・ルーニー。ユナイテッドではクラブ最多となる通算ゴール数を記録していたものの、昨季は出場機会が激減。復活を期しての移籍となる。イングランド屈指のストライカーは、勝手知ったる古巣のクラブで完全復活を遂げることができるだろうか。(文:粕谷秀樹)

モリエンテス

モリエンテスが語る「やり直したい」あの一戦。誤審で失ったキャリア最高のゴール【独占インタビュー】 2017.07.26

レアル・マドリーなど欧州のビッグクラブでプレーし、スペイン代表としても長く活躍したフェルナンド・モリエンテス氏は、現在ラ・リーガのアンバサダーとして世界中を駆け回っている。今回、ラ・リーガと提携したJリーグが主催する「Jリーグワールドチャレンジ」の鹿島アントラーズ対セビージャに合わせて来日した同氏が、試合当日の忙しい合間を縫って独占インタビューに応じてくれた。元スペイン代表が独自の指導者論、そして記憶に刻まれた15年前のあの試合について語る。(取材・文:舩木渉)

パチューカに加入した本田圭佑

本田圭佑のポジションはどこに? パチューカ、開幕戦で見えたベースの戦い方と求められる役割 2017.07.25

日本代表の本田圭佑が加入したメキシコ1部・リーガMXのパチューカ。クラブW杯にも出場する北中米屈指の強豪であるが、リーグ戦前期の開幕戦となるUNAM戦では1-0で敗れた。本田は欠場となったが、出場するとすればどのポジションになるのだろうか。第1節の内容から、本田が入った場合のポジションや役割について考察する。(文:河治良幸)

ピーター・ボス

ドルト新監督が挑む“クライフ流”の大改革。刻まれたクロップのDNA、難航する再構築 2017.07.24

近年のボルシア・ドルトムントを語る上で、ユルゲン・クロップという男の功績は欠かせない。ゲーゲンプレッシングなる守備戦術を生み出した熱い男がチームに残した遺産はあまりにも大きかった。変革を望んだトーマス・トゥヘルは志半ばで去り、新たにピーター・ボス監督が就任。果たしてヨハン・クライフの信奉者である新指揮官は、ドルトムントで成功への道を見出せるのだろうか。(取材・文:本田千尋)

ユナイテッド

【戸田和幸の眼】マンU、負傷者続出もEL制覇。時の流れを象徴する新体制1年目【16/17シーズン査定】 2017.07.22

まもなくヨーロッパサッカーの新シーズンが開幕する。タイトル獲得や一昨季からの巻き返しなど様々な思惑を抱えていたプレミアリーグ6強クラブ、それぞれの昨季の戦いぶりはどのようなものだったのだろうか。スポナビライブのプレミアリーグ解説でお馴染みの戸田和幸氏が分析する。今回はリーグ戦では低調だったものの、ジョゼ・モウリーニョ新監督就任1年目でヨーロッパリーグを制したマンチェスター・ユナイテッドの1年を振り返ってもらった。(解説:戸田和幸/構成:フットボールチャンネル編集部)

20170722_vietnamkorea_getty

ベトナムに近づく韓国サッカー界。Kリーグオールスター遠征…スター選手が架け橋に 2017.07.22

昨年は日本のJリーグとの交流が目立ったベトナムサッカー界だが、今年になって隣国・韓国との関係を強化し始めている。韓越国交樹立25周年を迎え、ベトナムからスター選手のKリーグ移籍したり、U-22ベトナム代表とKリーグオールスターの親善試合が企画されたり、急速に関係を深めている。積極的に交流を進める両国の意図とはどんなものなのだろうか。(取材・文:宇佐美淳)

レアル・マドリーをUEFAチャンピオンズリーグ優勝に導いたジネディーヌ・ジダン監督

スペイン・トップレベルの監督に必要な資質。分業化進む指導の現場、求められる能力の変化 2017.07.21

欧州のサッカー界ではコーチングスタッフの数が増加傾向にあり、それに伴い指導の分業制が確立されてきている。これを受けて、これまで以上に監督に求められているのがマネージメント能力だ。7月上旬に行われた「スペインサッカーから見た日本の現在地」というトークイベントから、その内容の一端を紹介する。(取材・文:小澤一郎)

戸田和幸

【戸田和幸の眼】アーセナル、失意の1年。問われるヴェンゲルの真価【16/17シーズン総括】 2017.07.21

まもなくヨーロッパサッカーの新シーズンが開幕する。タイトル獲得や一昨季からの巻き返しなど様々な思惑を抱えていたプレミアリーグ6強クラブ、それぞれの昨季の戦いぶりはどのようなものだったのだろうか。スポナビライブのプレミアリーグ解説でお馴染みの戸田和幸氏が分析する。今回は19年続いていたCL出場権獲得を逃し、アーセン・ヴェンゲル監督の去就にも注目が集まったアーセナルの1年を振り返ってもらった。(解説:戸田和幸/構成:フットボールチャンネル編集部)

アルダ・トゥラン

アルダ・トゥラン「乾の2ゴールは完璧」「バルサの哲学にハマっている」【独占インタビュー】 2017.07.20

今季から楽天が世界的名門バルセロナの「メイングローバルパートナー」および「オフィシャルイノベーション&エンターテインメントパートナー」となった。13日に東京都世田谷区の楽天クリムゾンハウスで行われたパートナーシップ発表会見のために来日したバルセロナのMFアルダ・トゥランの独占インタビューをお届けする。世界トップレベルで活躍する名手は日本の印象、記憶に刻まれたある選手の活躍、そして新監督とともに迎えるシーズンについて何を語ったのだろうか。(取材・文:舩木渉)

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督

マンU、覇権奪還へ、高額の“買い漁り”。2年目のモウ、ピンポイントの補強方針 2017.07.19

昨シーズンはリーグカップとヨーロッパリーグを制し2冠を達成したマンチェスター・ユナイテッド。ここ数年は毎年のように一選手に対してリーグ最高額の移籍金を支払ってきたが、今夏もその姿勢は変わっていない。すべてはファーガソンの退任以来となるプレミアリーグ覇権奪還のため、クラブ上層部が動じる様子は全くない。(取材・文:Kozo Matsuzawa / 松澤浩三【イングランド】)

香川

香川の居場所はどこに…? トゥヘルの遺産引き継いだ新生ドルト、前途多難なチーム作り 2017.07.16

ボルシア・ドルトムントは15日、明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017で浦和レッズと対戦し、3-2で辛くも今季初勝利を挙げた。左肩脱臼の影響で離脱中の香川真司が欠場する中、ペーター・ボス新監督を迎えたドルトムントはチームとして満足に機能せず、多くの課題を露呈している。新体制で香川に居場所はあるのか、そしてどんな役割を担うことになるのか、様々なことが見えた一戦から考察する。(取材・文:舩木渉)

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top