海外サッカーコラム

本田圭佑

本田、なぜ突然使われた? 短時間でも上々のプレー、疲弊するミランの助けになる可能性も 2017.04.24

ミランは現地時間23日、セリエA第33節でエンポリとホームで対戦。ミランは戦術的に攻略を図る格下エンポリに押し込まれ、1-2の黒星を喫した。日本代表FW本田圭佑は昨年12月以来となるリーグ戦出場を果たし、短い時間ながら懸命なプレーを見せた。今季限りで契約満了による退団が濃厚な本田だが、シーズン終盤で疲労するチームの助けになることはできるのだろうか?(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

クラシコの舞台で2ゴールを奪ったリオネル・メッシ

メッシが見せた唯一無二である理由。“サイクルの終焉”を跳ね返したバルサとレアルの誤算 2017.04.24

リーガエスパニョーラ第33節において、レアル・マドリーとバルセロナの一戦、クラシコが行われた。首位を維持するマドリーに対して、アウェイのバルセロナはルイス・エンリケ監督が退任を表明するなどサイクルの終焉を迎えているかに思われていた。しかし、そんな空気を一掃したのはエースのリオネル・メッシだった。(文:海老沢純一)

香川真司

ドルトムント、香川温存で示した“地力の差”。逆転勝利の勢いと自信を胸にバイエルン戦へ 2017.04.23

現地時間22日に行われたブンデスリーガ第30節。ドルトムントはCLで疲弊した主力を温存しつつ、ボルシア・メンヒェングラッドバッハとのダービーマッチで力の差を見せつけた。この勝利はただの1勝ではなく、先に待ち構える大一番に向けた自信となる、意味のある勝ち点3だった。(取材・文:本田千尋【メンヒェングラッドバッハ】)

20170421_clasico0_getty

クラシコ激闘の記録。レアルとバルサ、優勝かけた大一番へ…直近5試合を振り返る【編集部フォーカス】 2017.04.23

今季最後のクラシコが今夜開催される。これまで幾多の名勝負を繰り広げてきたレアル・マドリーとバルセロナはどんな戦いを見せてくれるだろうか。彼らの激闘の記録を振り返っていけば、リーグ優勝の行方を左右する今夜の大一番をより一層楽しめるはずだ。

香川真司

香川、怒涛の勢いでドルトの柱に。類い稀な”バランス感覚”で掴んだ信頼…過密日程でも先発へ 2017.04.22

ボルシア・ドルトムントは、今月末から非常に重要な2連戦に挑む。残されたタイトル獲得と、来季のCL出場権獲得に向け、香川真司はチームの柱になった。ここにきて一気に指揮官の信頼を取り戻せた要因はどこにあるのだろうか。(取材・文:本田千尋【ドルトムント】)

インザーギ ガットゥーゾ

インザーギとガットゥーゾは今も現場で戦う。下積み修行中の“レジェンド監督”、泥臭さも健在 2017.04.22

フィリッポ・インザーギとジェンナーロ・ガットゥーゾ。かつてミランなどで活躍し、数々のタイトルを獲得してきた2人の名選手は、現在イタリアの下部リーグで監督を務めている。ミランで本田圭佑を指導したインザーギはヴェネツィアを3部リーグ優勝とセリエB昇格に導いた一方で、ピサを率いるガットゥーゾはセリエBで残留争いを強いられている。2人の“レジェンド監督”の現在の奮闘ぶりを追う。(文:神尾光臣【ミラノ】)

20170421_classico_getty

クラシコ通算得点ランキングベスト5。現役選手がトップ、歴代レジェンドの名も【編集部フォーカス】 2017.04.22

世界中が大注目の一戦、エル・クラシコが明日に迫っている。公式戦で過去232回対戦しているバルセロナとレアル・マドリーだが、これまでこのカードで最も多くゴールを挙げている選手は誰なのだろうか。

モナコ

CLで躍進するモナコ、強さの秘密は非凡な“普通さ”にあり? ドルトもハマった意外な落とし穴【西部の目】 2017.04.21

今季はモナコが強い。フランス1部ではパリ・サンジェルマンを抑えて首位に立ち、CLではドルトムントを破って準決勝進出を果たした。その強さの秘密はどこにあるのか。ちょっと見ただけではわからない、意外なところに落とし穴があった。(文:西部謙司)

パリ・サンジェルマン戦でリーグアンデビューを飾った川島永嗣

川島永嗣が語る「競争」という選択。あえて冒したリスク、仏リーグデビューという一歩 2017.04.21

パリ・サンジェルマン戦で、ついにフランス・リーグアン(1部リーグ)デビューを飾った川島永嗣。今季は所属元での出場機会に恵まれていなかったが、彼はなぜ厳しい競争が待っているチームを選んだのだろうか。PSG戦の翌日、日本代表GKが電話での単独インタビューに応じ、その胸中を語ってくれた。(取材・文:元川悦子)

レスター

レスター、2年がかりの夢物語は閉幕。CL敗退も、サポーターが送った暖かい拍手 2017.04.21

UEFAチャンピオンズリーグ準々決勝2ndレグでアトレティコ・マドリーとの試合に臨んだレスター・シティ。奇跡のプレミアリーグ制覇を経て欧州の舞台に挑んだチームは、イングランド勢で最高の成績を残し、大会を去ることとなった。2シーズンがかりで続いた「夢物語」はいったんの区切りとなりそうだ。(取材・文:Kozo Matsuzawa / 松澤浩三【イングランド】)

ジョン・テリー

それでもテリーが愛された理由。非道と言われようとも…チェルシーファンが注ぐ盲目の愛 2017.04.21

チェルシーのジョン・テリーは、今季限りでクラブを退団するとを発表した。過去に問題発言や不倫騒動などで世間を騒がせたこともあるテリーは、一般レベルでは人間性を疑われても仕方がないかもしれない。だが、それでもチェルシーファンは、クラブの黄金期を築き上げた偉大なる主将を愛し続けているのだ。(取材・文:山中忍【ロンドン】)

メッシを中心にいくつかチャンスは作ったが…

バルサ、奇跡の再現ならず。遠かった「1点目」。鉄壁ユーベ相手に重すぎた3点ビハインド 2017.04.20

19日、UEFAチャンピオンズリーグ準々決勝2ndレグが行われ、1stレグを0-3で落としたバルセロナはホームにユベントスを迎えた。ラウンド16のパリ・サンジェルマン戦で見せた逆転劇の再現が期待されたが、鉄壁の守備力を誇るイタリア王者を相手に1ゴールも奪うことができなかった。(文:舩木渉)

ユベントス

バルサを2戦連続完封。ユーベの強固な守備組織。共通理解が可能にする高度な連動性 2017.04.20

ユベントスは現地時間19日、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝でバルセロナと対戦。アウェイで0-0の完封を収め、2試合合計3-0で準決勝進出を決めた。リオネル・メッシ、ネイマールら強力攻撃陣を擁するバルセロナ相手に、ユベントスは凄まじいまでのハードワークを見せ、枠内シュートをわずか1本に抑えた。ユベントスは、いかにしてバルセロナから攻撃の精度を奪っていったのだろうか。(文:神尾光臣【ミラノ】)

香川

香川の奮闘も及ばず…ドルト、CL準々決勝敗退。爆発事件が未来を変えてしまったのか? 2017.04.20

ドルトムントは現地時間19日、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグでASモナコと対戦し、アウェイで1-3の敗戦。2試合合計スコア3-6で敗退が決まった。トップ下で先発出場した香川真司のパフォーマンスは決して悪くはなかったが、序盤に2失点したことでドルトムントは厳しい状況に追い込まれてしまった。1stレグ直前に起きた爆発事件が、ドルトムントの未来を変えてしまったのだろうか?(文:本田千尋【ドイツ】)

ハットトリックを達成し、CL通算100ゴールに到達したクリスティアーノ・ロナウド

レアルvsバイエルン、軽率な1プレーが導いた結末。CL100点も達成、まさにCロナ劇場に 2017.04.19

現地時間18日、UEFAチャンピオンズリーグ準々決勝2ndレグが行われ、レアル・マドリーが延長戦の末にバイエルン・ミュンヘンを下した。ドイツ王者はホームでの敗戦を取り返したものの、1人の軽率なプレーにより流れは激変。結果としてクリスティアーノ・ロナウド劇場のおぜん立てをしてしまった格好となった。(文:舩木渉)

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top