フットボールチャンネル

海外サッカー 3週間前

ドイツ代表はなぜ負けたのか。決定力不足は二の次、スペイン代表を遥かに下回っていたこととは?【ユーロ2024分析コラム】

シリーズ:分析コラム text by 安洋一郎 photo by Getty Images

UEFAユーロ2024(EURO2024)最新ニュース

 UEFAユーロ2024(EURO2024)準々決勝、スペイン代表対ドイツ代表が現地時間5日に行われ、2-1でスペイン代表が勝利した。どちらも自分たちの持ち味を発揮した中で、なぜスペイン代表は勝ち切ることができたのだろうか。敗れたドイツ代表との間にあった差を分析する。(文:安洋一郎)


スペイン代表がドイツ代表との死闘を制する

【写真:Getty Images】

 事実上の決勝戦とも言われたスペイン代表vsドイツ代表の好カードは、“死闘”と呼ぶに相応しい白熱した試合展開となった。

EURO2024はWOWOWで全試合生中継!
欧州サッカー最高峰の戦いを観るならWOWOWに加入[PR]


 両国ともに共通して言えるのが、ラウンド16までの4試合で見せてきた持ち味をこの大一番でも発揮していたということだ。

 スペイン代表はラミン・ヤマルとニコ・ウィリアムズの両WGの質的優位性でサイドを掌握し、51分にヤマルの突破から先制ゴールをゲット。この試合でもトランジションの局面では相手チームを上回っており、左SBのマルク・ククレジャやロドリのところでボールを引っかけてから得意のカウンターでゴールに迫っている。

 一方のドイツ代表は前半のシュートがわずか3本と、先発メンバーでは試合を動かすことができなかったが、ベンチの交代策とロングボール、クロスを中心とする戦術変更で最終的に自分たちに流れを持ってきた。

 特にスーパーサブのニクラス・フュルクルクを投入して前線に明確なターゲットを作る形は、これまでの4試合でも効果を発揮しており、89分にクロス攻撃から途中出場のフロリアン・ヴィルツがゴールを奪って同点に追いついた。

 89分に1-1となった時点でスペイン代表は守備固めにシフトしていたことから3トップ全員をベンチに下げており、流れは追いついたドイツ代表へと傾いていた。しかし、結果はスペイン代表の勝利。延長戦終了間際の119分にミケル・メリーノが劇的な決勝ゴールを決めて準決勝進出を決めた。

 なぜ、ドイツ代表は自分たちの流れに持って行ったにも関わらず、勝利を逃してしまったのだろうか。

1 2 3 4 5

KANZENからのお知らせ

scroll top
error: Content is protected !!