ブンデスリーガ

181210_dort_getty

ドルト、“ロイス・システム”が躍動。満喫と言えなくとも・・・ライバル退け無敗継続 2018.12.10

ブンデスリーガ第14節が8日に行われでボルシア・ドルトムントはライバルのシャルケに2-1と勝利した。“ロイス・システム”は対策されず、ドルトムントは多くのチャンスを作り出している。(取材・文:本田千尋【ドイツ】)

181202_dort_gettty

ドルト、“ロイス・システム”が示した打開策。サイドアタックの有効活用とジョーカーの存在 2018.12.02

ボルシア・ドルトムントは1日、ブンデスリーガ第13節で11位のフライブルクと対戦。2-0で勝利した。好調を維持するチームだが、少しずつ相手に対策され始めた。そんな中でドルトムントは、対策への“答え”を示している。(取材・文:本田千尋【ドイツ】)

ボルシア・ドルトムント

ドルトムントの強さは本物か。研究される“ロイス・システム”。それでも退けたプロビンチャの難敵 2018.11.26

ブンデスリーガ第12節、ドルトムントはアウェイでマインツと対戦して2-1と勝利を収めた。マインツが“ロイス・システム”を研究し、入念な戦術プランを練った事でドルトムントは苦戦を強いられた。それでもドローに終わらず勝ち切るのが今季のドルトムント。この強さは本物なのだろうか?(文:本田千尋【ドイツ】)

181028_dort_getty

ドルトムントはまだまだ発展途上。時折覗く脆さ、それでも・・・9戦無敗がもたらす自信 2018.10.28

現地時間27日に行われたブンデスリーガ第9節、ホームにヘルタ・ベルリンを迎え撃ったボルシア・ドルトムントは2-2で引き分けている。後半終了間際に同点のPKを決められ、勝ち点2を取りこぼした格好のドルトムント。しかし、無敗は継続中。勝利はできなかったが、ネガティブに考える必要はないだろう。(取材・文:本田千尋【ドルトムント】)

181022_dort_getty

圧巻の破壊力。ドルトムントが見せつける5戦22得点。欧州屈指の守備組織に挑む準備は、整った 2018.10.22

ドルトムントが強い。今季から就任したルシアン・ファブレ監督のもとで開幕から好調を維持し、ブンデスリーガ第8節シュツットガルト戦でも4-0と勝利。ここ5試合で22得点という破壊力を見せつけた。次戦はチャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリー戦。欧州屈指の守備を持つチームを迎え撃つ準備は整った。(文:本田千尋【ドイツ】)

パコ・アルカセル

ドルトムントに現れた新たな“飛び道具”。スペイン人FWが貴重な存在となるその理由 2018.10.07

現地時間6日に行われたブンデスリーガ第7節、ホームにアウクスブルクを迎え撃ったボルシア・ドルトムントは4-3で勝利している。過密日程の中、コンディションが万全ではなかったホームチームは苦戦を強いられた。しかし、今夏ドルトムントに新加入したスペイン人FWの活躍が、チームを救うことになった。(取材・文:本田千尋【ドルトムント】)

香川真司

今季リーグ戦初先発の香川。決定機逃すも焦りはなし。重要なのは「試合に絡み続けること」 2018.09.23

現地時間22日に行われたブンデスリーガ第4節、ホッフェンハイム対ドルトムントの一戦は1-1のドローに終わっている。この日、香川真司は今季初となるリーグ戦での先発出場を果たしている。55分に訪れた決定機は決め切れなかったが、本人に焦りの色は見受けられない。(取材・文:本田千尋【ドイツ】)

ドルトムント

香川真司はベンチ外も…ドルトムントが近づいた最適解。4-4-2が示した可能性 2018.09.15

ドルトムントはブンデスリーガ第3節でフランクフルトと対戦して3-1と勝利した。香川真司はベンチ外となったが、チームはパコ・アルカセルの投入と4-2-3-1から4-4-2に布陣を変更したことによって連動性を見せた。これまで最適解を見出せなかったが、徐々に答えへと近づいている。(取材・文:本田千尋【ドルトムント】)

180907_bye_getty

バイエルン、狙うはリーグ7連覇と欧州の頂点。二兎を追うクラブが備えるピカイチの総合力【欧州主要クラブ補強診断】 2018.09.10

2018/19シーズンは、夏の移籍市場が終了した。この夏も各チームで様々な移籍があったが、それぞれ主要クラブの動きはどうだったのだろうか。

180905_dort1_getty

ドルトムント、堅実な補強で臨む新体制1年目。不遇の香川真司にチャンスはあるか【欧州主要クラブ補強診断】 2018.09.05

2018/19シーズンは、夏の移籍市場が終了した。この夏も各チームで様々な移籍があったが、それぞれ主要クラブの動きはどうだったのだろうか。

180821_awel_getty

CLでは戦えない? ドルトムントに漂う苦難の予感。2部に辛勝は想定内も…完成形も期待薄 2018.08.21

ドルトムントは現地時間20日、ドイツ杯1回戦で2部のSpVggグロイター・フュルトと対戦して2-1と勝利した。今季の公式戦初戦だけに苦戦は想定内だったものの、チームのポテンシャルはチャンピオンズリーグを戦うレベルにはないことを予感させた。(文:本田千尋【ドイツ】)

バイエルン・ミュンヘン

ブンデスリーガ弱体化の原因とは。バイエルン「1強」時代が示す、ドイツサッカー界への影響 2018.07.26

日本人選手が多く在籍していることから我々にも馴染みの深いブンデスリーガ。だが、同リーグは現在、我慢の時を迎えている。UEFAリーグランキングでは7年ぶりにセリエAを下回った。ここまで弱体してしまった原因には何があるのだろうか。(文:小澤祐作)

20180524_icatch_getty

17/18ブンデスリーガベストイレブン。Fチャン編集部が選定、リーグを彩った名手たち【編集部フォーカス】 2018.05.24

今季もバイエルン・ミュンヘンの圧倒的な強さが目立ったブンデスリーガ。今季はどのような選手たちの働きが目立っただろうか。今回は、フットボールチャンネル編集部が選んだ2017/18ブンデスリーガベストイレブンを発表する。

180513_hsv_getty

かつては欧州制覇も・・・。ドイツの名門HSV、クラブ史上初の2部降格。懸命な追い上げも実らず 2018.05.14

ハンブルガーSVがブンデスリーガ1部を17位で終え、2部への自動降格が決定した。チャンピオンズカップ制覇の経験を持ち、数々の名選手もプレーした古豪は、クラブ史上初めて1部の舞台から降りることになった。過去にも苦境に立たされたことはあったが、今季は奇跡を起こすことができなかった。(文・青木務)

バサラマインツ

欧州でゼロからのクラブづくりFCバサラマインツの挑戦【08】海外で戦うための筋力トレーニング 2018.03.10

日本代表・岡崎慎司が創設に携わったFCバサラマインツ。ドイツ11部リーグからスタートし毎年優勝、現在はドイツ8部に属する。チーム創設にはどのような想いがあり、そして、そこで働くスタッフは何を感じているのか。欧州でゼロからクラブを作っていく様子を、現役スタッフが現地よりお伝えします(不定期連載です)。

新着記事

FChan TV

↑top