ブンデスリーガ

ブンデスリーガやドイツサッカーの最新コラム・ニュースを網羅! ここを読めばサッカーの今がわかります。

マルセル・ザビツァー 20/21サッカー選手能力値ランキング

20/21サッカー選手能力値ランキング69位。MFマルセル・ザビツァー(ライプツィヒ) 2021.04.19

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

トーマス・ミュラー 20/21サッカー選手能力値ランキング

20/21サッカー選手能力値ランキング31位。MFトーマス・ミュラー(バイエルン) 2021.04.08

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

鎌田大地

鎌田大地、大活躍の背景は? バイエルンも撃破。フランクフルトで見えてきた理想の選手像【分析コラム】 2021.02.21

現地20日にブンデスリーガ第22節が行われ、フランクフルトは王者バイエルン・ミュンヘンに2-1で勝利を収めた。この試合では日本代表MF鎌田大地が1得点1アシストと全得点に絡む活躍で、フランクフルトを勝利に導いた。チームの絶好調をけん引する24歳は、自らが理想とする選手像に限りなく近づいている。(文:舩木渉)

アルミニア・ビーレフェルト

世界王者バイエルンが大苦戦、ビーレフェルトは堂安律を失った。彼らを困難に陥れたのは…【分析コラム】 2021.02.16

現地15日にブンデスリーガ第21節が行われ、バイエルン・ミュンヘンとアルミニア・ビーレフェルトが3-3で引き分けた。昇格組のビーレフェルトは絶対王者バイエルンを追い詰めたが、代償として堂安律を負傷で欠くことに。なぜ合計6つものゴールが生まれた乱打戦になってしまったのだろうか。(文:舩木渉)

0202EndoWataru3_getty

遠藤航の何が素晴らしいのか? ブンデス最強のデュエルは武器の一つに過ぎない。活かされるJリーグでの経験【分析コラム】 2021.02.02

ブンデスリーガ第19節、シュトゥットガルト対マインツが現地時間29日に行われ、2-0でシュトゥットガルトが勝利を収めた。遠藤航はこの試合にフル出場し、チームの今季ホーム初勝利に貢献。ブンデスリーガトップのデュエル勝利数をマークして注目を集めているが、デュエルの強さは遠藤の武器の一つに過ぎない。(文:加藤健一)

0123Haaland_getty

ハーランドはなぜ止められない? レバンドフスキを凌駕するスタッツと、逆算された2つの得点パターン【分析コラム】 2021.01.23

ブンデスリーガ第18節、ボルシア・メンヒェングラートバッハ(ボルシアMG)対ボルシア・ドルトムントが現地時間22日に行われ、4-2でボルシアMGが勝利を収めた。敗れたドルトムントは3戦未勝利で暫定順位を5位に落としたが、アーリング・ハーランドは今季5度目の複数得点をマーク。試合数を上回るペースでゴールを重ねている。(文:加藤健一)

0120Wirtz_getty

17歳ドイツ新星が持つ規格外の才能とは?ハフェルツ匹敵の才能がドルトムントを撃破【分析コラム】 2021.01.20

ブンデスリーガ第17節、レバークーゼン対ボルシア・ドルトムントが現地時間19日に行われ、2-1でレバークーゼンが勝利した。5試合ぶりに勝利を収めたレバークーゼンは、前半戦の3位以内が確定。17歳のフロリアン・ヴィルツは、一時は首位に立ったチームを支える活躍を見せている。(文:加藤健一)

20201115_leipzig_getty

RBライプツィヒ最新スタメン全選手紹介&フォーメーション。バイエルンの9連覇阻止に立ち向かう、多士済々のタレント 2020.11.15

ブンデスリーガも7節を消化した。新加入選手の適応や負傷者の発生などによって、開幕前に描いていたメンバー構成から変更を余儀なくされたチームもある。今回は、RBライプツィヒの最新のスターティングメンバー11人をフォーメーションとともに紹介する(直近数試合のメンバーとフォーメーションを元に作成)。

1115Dortmund_getty

ドルトムント最新スタメン全選手紹介&フォーメーション。サンチョは無得点が続き、18歳の新鋭が主力に 2020.11.15

ブンデスリーガは7節を消化した。新加入選手の適応や負傷者の発生などによって、開幕前に描いていたメンバー構成から変更を余儀なくされたチームもある。今回は、ボルシア・ドルトムントの最新のスターティングメンバー11人をフォーメーションとともに紹介する(直近数試合のメンバーとフォーメーションを元に作成)。

20201115_bayern_getty

バイエルン・ミュンヘン最新スタメン全選手紹介&フォーメーション。盤石の布陣、前線の激しい競争で一歩前に出るのは… 2020.11.15

ブンデスリーガは7節を消化した。新加入選手の適応や負傷者の発生などによって、開幕前に描いていたメンバー構成から変更を余儀なくされたチームもある。今回は、昨季UEFAチャンピオンズリーグ(CL)を制したバイエルン・ミュンヘンの最新のスターティングメンバー11人をフォーメーションとともに紹介する(直近数試合のメンバーとフォーメーションを元に作成)。

1107Bundes_getty

ブンデスリーガ20/21 キャプテン一覧。ドイツ人だけじゃない、各国から集まる屈強なリーダーたち 2020.11.07

ブンデスリーガの2020/21シーズンが開幕した。9連覇を目指すバイエルン・ミュンヘン、初タイトルを目指すRBライプツィヒなど、今季も話題に欠くことはない。今回は、ピッチ内外で重要なタスクを担うキャプテンをクラブごとに紹介する(加入年は最初に加入した時期)。

20201021_bundesliga_getty

ブンデスリーガ全チーム、夏の移籍金総額ランキング。世界を騒がせ、最も“バブリー”だったクラブは? 2020.10.21

欧州の2020/21シーズンが開幕し、夏の移籍市場が終了した。今年も多くの選手が新天地を求め、世界最高レベルの選手も移籍を決断している。各クラブは巨額の資金を投じ、戦力強化に余念がなかった。今回フットボールチャンネル編集部では、ブンデスリーガに所属する全18チームの今夏の総支出額ランキングを紹介する(※移籍金は『transfermarkt』を参照)。

遠藤渓太

遠藤渓太の評価は高い。ウニオン・ベルリンは最高の完勝、ポジション争いの行方は? 2020.10.03

現地2日に行われたブンデスリーガ第3節のマインツ戦で、ウニオン・ベルリンに所属する日本代表FW遠藤渓太が公式戦デビューを果たした。チームは1部リーグでは史上最多の4得点を奪っての大勝を収めた中で、遠藤のパフォーマンスはどうだったのだろうか。そして、今後のポジション争いを占う。(文:舩木渉)

バイエルン・ミュンヘン

バイエルン期待の新戦力5人。新10番は完全復活なるか? 最年少記録続々樹立の17歳も台頭 2020.09.28

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)を制した2019/20シーズンを終えたばかりだが、バイエルン・ミュンヘンの2020/21シーズンはすでに開幕を迎えている。レンタル組の選手たちが所属元に戻った一方、攻撃陣には頼もしい選手が加入。さらに下部組織育ちの若手有望株も続々と頭角を現している。そこで今回は、より一層強さを増す欧州王者で注目の新戦力や若手のブレイク候補を5人紹介する。

0928Dortmund_getty

ドルトムント期待の新戦力5人。16歳のネクスト・サンチョが加入、15歳の神童は11月にデビューか? 2020.09.28

昨夏のボルシア・ドルトムントはマッツ・フンメルスが復帰、トルガン・アザールやユリアン・ブラントといったブンデスリーガ屈指のタレントを補強したが、昨季もバイエルン・ミュンヘンの8連覇を阻止することはできなかった。今夏は対照的にピンポイントの補強に留まったが、ジェイドン・サンチョやアーリング・ハーランドに続くべく、チームにはブレイクを狙う有望な若手がひしめいている。今回は、ドルトムントに加わった新戦力と、ブレイクが期待される若手選手5人を紹介する。

新着記事

↑top