ブンデスリーガ

0925bayern_getty_

バイエルン、ロベリーなき常勝軍団が挑む8連覇の偉業。守備陣の再構築と新たなアタッカーがカギに【欧州主要クラブ補強診断(11)】 2019.09.25

2019/20シーズンは、夏の移籍市場が終了した。この夏も各チームで様々な移籍があったが、それぞれ主要クラブの動きはどうだったのだろうか。今回はバイエルン・ミュンヘンの補強を読み解く。(文:編集部)

ドイツ

久保建英と同世代…ドイツで活躍する10代選手、能力値&市場価格ランキング・トップ5【編集部フォーカス】 2019.09.13

久保建英(18歳)、菅原由勢(19歳)、中村敬斗(19歳)。今夏は、Jリーグから海外へ移籍を果たした10代の選手が例年に比べても多かった。そうした若手選手の活躍には期待が寄せられるが、世界にも大きな注目を浴びる10代選手が数多くいるのも事実。今回フットボールチャンネル編集部では、ブンデスリーガで活躍する10代の選手を市場価格のランキング(トップ5)形式で紹介する(市場価格は『transfermarkt』を参照)。

0607%e3%83%96%e3%83%b3%e3%83%87%e3%82%b9%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%ac%e3%83%99%e3%82%b9%e3%83%8811fw

18/19ブンデスリーガベストイレブン。長谷部誠が選出! Fチャン編集部が選定する名手たち【編集部フォーカス】 2019.06.07

バイエルン・ミュンヘンの7連覇で幕を閉じた今季のドイツ・ブンデスリーガ。7連覇は同リーグでの最長記録だが、今季は2位・ボルシア・ドルトムントとの差はわずか2で、最終節で優勝が決まる接戦となった。今季のブンデスリーガはどのような選手たちの輝きが目立っていたのだろうか。フットボールチャンネル編集部が選んだ2018/19シーズンのブンデスリーガベストイレブンを発表する。

ボルシア・ドルトムント

ドルトムントが前節の敗戦から学んだこと。勝ち切った天王山、取り戻した挑戦者の姿勢 2018.12.22

現地時間21日、ブンデスリーガ第17節、ボルシア・ドルトムント対ボルシア・メンヒェングラッドバッハの一戦が行われ、2-1でホームチームが勝利した。前節はまさかの敗戦を喫したドルトムントだったが、この日は粘り強い戦いをみせた。そこには、挑戦者としての姿勢が表れていた。(取材・文:本田千尋【ドイツ】)

ボルシア・ドルトムント

ドルトムントの敗戦も悪くない? その理由は…。ボルシアMGとの“天王山”、危機的状況 2018.12.21

ボルシア・ドルトムントは現地時間21日、ボルシアMGと対戦する。開幕から好調だったドルトムントだが、DF陣に負傷者が続出。ボルシアMGもバイエルンを破り2位に付ける好チームだけに敗戦は十分に考えられる。しかし、現地在住記者はドルトムントの敗戦も悪くない結果だと考えている。その理由とは? (文:本田千尋【ドイツ】)

宇佐美貴史

「恐怖心はなかった」。宇佐美が語る自信。ドルトムントに欠けていた情熱と勝利への欲望 2018.12.19

現地時間18日に行われたブンデスリーガ第16節、フォルトゥナ・デュッセルドルフ対ボルシア・ドルトムントの一戦は2-1でホームチームが勝利した。アウェイチームは、これが今季リーグ戦初黒星。対戦相手の宇佐美が話したのは、ドルトムントに対する揺るがない自信だった。(取材・文:本田千尋【ドイツ】)

181216_reus_getty

ドルト、“仮の称号”に意味なし。それでも得られた優位性、さらなる進化への課題とは? 2018.12.16

ドルトムントは現地時間15日、ブンデスリーガ第15節でブレーメンと対戦し、2-1で勝利。今季好調のチームは前半戦を首位で折り返すことが決定している。しかし、達成感を得ているものは一人もいない。狙うはあくまで、シーズン王者だ。(取材・文:本田千尋【ドイツ】)

181210_dort_getty

ドルト、“ロイス・システム”が躍動。満喫と言えなくとも・・・ライバル退け無敗継続 2018.12.10

ブンデスリーガ第14節が8日に行われでボルシア・ドルトムントはライバルのシャルケに2-1と勝利した。“ロイス・システム”は対策されず、ドルトムントは多くのチャンスを作り出している。(取材・文:本田千尋【ドイツ】)

181202_dort_gettty

ドルト、“ロイス・システム”が示した打開策。サイドアタックの有効活用とジョーカーの存在 2018.12.02

ボルシア・ドルトムントは1日、ブンデスリーガ第13節で11位のフライブルクと対戦。2-0で勝利した。好調を維持するチームだが、少しずつ相手に対策され始めた。そんな中でドルトムントは、対策への“答え”を示している。(取材・文:本田千尋【ドイツ】)

ボルシア・ドルトムント

ドルトムントの強さは本物か。研究される“ロイス・システム”。それでも退けたプロビンチャの難敵 2018.11.26

ブンデスリーガ第12節、ドルトムントはアウェイでマインツと対戦して2-1と勝利を収めた。マインツが“ロイス・システム”を研究し、入念な戦術プランを練った事でドルトムントは苦戦を強いられた。それでもドローに終わらず勝ち切るのが今季のドルトムント。この強さは本物なのだろうか?(文:本田千尋【ドイツ】)

181028_dort_getty

ドルトムントはまだまだ発展途上。時折覗く脆さ、それでも・・・9戦無敗がもたらす自信 2018.10.28

現地時間27日に行われたブンデスリーガ第9節、ホームにヘルタ・ベルリンを迎え撃ったボルシア・ドルトムントは2-2で引き分けている。後半終了間際に同点のPKを決められ、勝ち点2を取りこぼした格好のドルトムント。しかし、無敗は継続中。勝利はできなかったが、ネガティブに考える必要はないだろう。(取材・文:本田千尋【ドルトムント】)

181022_dort_getty

圧巻の破壊力。ドルトムントが見せつける5戦22得点。欧州屈指の守備組織に挑む準備は、整った 2018.10.22

ドルトムントが強い。今季から就任したルシアン・ファブレ監督のもとで開幕から好調を維持し、ブンデスリーガ第8節シュツットガルト戦でも4-0と勝利。ここ5試合で22得点という破壊力を見せつけた。次戦はチャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリー戦。欧州屈指の守備を持つチームを迎え撃つ準備は整った。(文:本田千尋【ドイツ】)

パコ・アルカセル

ドルトムントに現れた新たな“飛び道具”。スペイン人FWが貴重な存在となるその理由 2018.10.07

現地時間6日に行われたブンデスリーガ第7節、ホームにアウクスブルクを迎え撃ったボルシア・ドルトムントは4-3で勝利している。過密日程の中、コンディションが万全ではなかったホームチームは苦戦を強いられた。しかし、今夏ドルトムントに新加入したスペイン人FWの活躍が、チームを救うことになった。(取材・文:本田千尋【ドルトムント】)

香川真司

今季リーグ戦初先発の香川。決定機逃すも焦りはなし。重要なのは「試合に絡み続けること」 2018.09.23

現地時間22日に行われたブンデスリーガ第4節、ホッフェンハイム対ドルトムントの一戦は1-1のドローに終わっている。この日、香川真司は今季初となるリーグ戦での先発出場を果たしている。55分に訪れた決定機は決め切れなかったが、本人に焦りの色は見受けられない。(取材・文:本田千尋【ドイツ】)

新着記事

FChan TV

↑top