日本代表

日本代表

セネガル戦、今度は乾が半端ない! 本田もゴール。決勝Tへ前進するドロー【どこよりも早い採点/ロシアW杯】 2018.06.25

 現地時間6月24日、日本対セネガルの一戦が行われ2-2で引き分け。西野ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

日本代表

本田圭佑が3大会連続の値千金弾!乾は1G1A! セネガルと引き分け決勝T進出に王手【ロシアW杯】 2018.06.25

日本代表は24日、ロシアワールドカップ・グループリーグH組第2節でセネガル代表と対戦した。

180624_daihyo_getty

【セネガル戦プレビュー】日本代表、狙うは「あくまで勝ち点3」。リスク覚悟の崇高な志は吉か凶か?【ロシアW杯】 2018.06.24

 日本代表は24日、ロシアワールドカップ・グループリーグ第2節でセネガル代表と対戦する。抜群の身体能力を持つ難敵との一戦だが、西野朗監督はリスクを覚悟で勝ち点3を狙う姿勢を示している。決勝トーナメントへ重要な試合で西野ジャパンはどのような戦いを見せるのか。(取材・文:河治良幸【エカテリンブルク】)

西野朗

日本代表、セネガル戦勝利へスタメン変更を決断せよ。16強へ西野監督に問われる「監督力」【ロシアW杯】 2018.06.24

日本代表は24日、ロシアワールドカップのグループ第2戦でセネガル代表と対戦する。コロンビアとの初戦で勝利を手にし、決勝トーナメント進出への道が開けるが、先の戦いを見据えるとこの第2戦で連勝を収めたい。西野朗監督は初戦と同様のメンバーで臨むことを示唆したが、現地で取材を続ける記者がスタメンの変更を提言した。(取材・文:元川悦子【エカテリンブルク】)

ジャッキー・ボヌベー

腹心が明かす幻の“ハリルプラン”。セネガル戦「面白い試合になる。鍵を握る選手は…」【ロシアW杯】 2018.06.24

日本代表は現地時間24日、ロシアワールドカップのグループH第2戦でセネガル代表と対戦する。今回、ハリルホジッチ監督の腹心として日本代表を支えた元アシスタントコーチのジャッキー・ボヌベー氏が実現されなかったプランを特別に明かしてくれた。(取材:フローラン・ダバディ、構成:編集部)

本田圭佑

“スーパーサブ”本田圭佑がやるべき仕事。対アフリカ勢への強さと日本代表で唯一持つ老獪さ【ロシアW杯】 2018.06.23

日本代表は24日、ロシアワールドカップ・グループリーグH組第2節のセネガル戦に臨む。本田圭佑は、この試合でもベンチスタートとなることが濃厚だが、担うべき役割は存在する。過去2大会連続でアフリカ勢から得点を奪っている背番号4がなすべきこととは?(取材・文:元川悦子【カザン】)

20180620_senegal_getty-1

セネガルは強いが隙もある。勝利に必要なラッキーボーイの出現、鬱憤を晴らしてほしいあの選手【宮澤ミシェルの独り言/ロシアW杯】 2018.06.23

 日本代表選出経験も持つ元Jリーガーで、現役引退後は解説者として活躍中の宮澤ミシェル氏の連載企画。第10回は、日本対セネガルを展望する。脅威の身体能力に組織力を肉付けしたアフリカの雄を相手に、西野ジャパンはどのように挑むべきか。(語り手:宮澤ミシェル)

日本代表

初戦勝利で決勝T進出85%に隠された“トリック”。全く楽観視できない日本代表の現実【ロシアW杯】 2018.06.23

日本代表は現地時間19日、ロシアワールドカップのグループリーグ第1節でコロンビア代表に劇的な勝利を収めた。そこで注目を浴びた、極めて楽観的なデータがある。ところがそれには隠された“トリック”があった。大会初戦に勝利して大いに盛り上がる日本も、その現実を直視しなければならない。(文:山下祐司)

昌子源

日本代表が狙うべきセネガル撃破へのプランとは? 求められる「対応力」と「応用力」【ロシアW杯】 2018.06.22

日本代表は現地時間21日にロシアワールドカップのグループリーグ第2節でセネガル代表と対戦する。グループ内最強との呼び声も高い迫力満点の攻撃陣をいかに食い止め、決勝トーナメント進出への道を切り拓けるか。今こそ必要なのは守備陣の踏ん張りと無失点だ。(取材・文:元川悦子【カザン】)

香川真司

韓国メディアが見た日本。「わさびたっぷりの『寿司タカ』」。宿敵をも魅了し絶賛の嵐【ロシアW杯】 2018.06.22

日本代表は19日、ロシアワールドカップ・グループH第1節においてコロンビア代表を2-1で下し、白星発進を飾った。日本中を歓喜に包んだこの一戦を、韓国メディアはどのように報じたのか。(文:キム・ドンヒョン)

西野朗

【岩政大樹×コロンビア戦】守備の課題見えづらい特殊な勝利。セネガル戦は「勝ち点1」を確実に【ロシアW杯】 2018.06.22

日本代表は現地時間19日、ロシアワールドカップのグループリーグ初戦でコロンビア代表と対戦し2-1で勝利を収めた。この試合ではどんな成果や課題が見つかったのか。2010年の南アフリカワールドカップにも出場し、現在東京ユナイテッドFCで選手兼コーチとして活躍する元日本代表DF岩政大樹に、現役ディフェンダー目線で話を伺った。(分析:岩政大樹、構成:編集部)

大迫勇也

英国メディアが見た日本。「大迫、半端ない」は少なく…コロンビアに勝利も実力には懐疑的【ロシアW杯】 2018.06.21

日本代表は19日、ロシアワールドカップ・グループH第1節においてコロンビア代表を2-1で下し、白星発進を飾った。日本中を歓喜に包んだこの一戦を、イギリスメディアはどのように報じたのか。(文:松澤浩三【イングランド】)

日本代表

フランスメディアが見た日本。「W杯には魔物が」。川島には酷評も…仏敗戦のコロンビア撃破に衝撃【ロシアW杯】 2018.06.21

日本代表は19日、ロシアワールドカップ・グループリーグH組第1節においてコロンビア代表を2-1で下し、白星発進を飾った。日本中を歓喜に包んだこの一戦を、フランスメディアはどのように報じたのか。(文:小川由紀子【フランス】)

180621_osakora_getty

ドイツメディアが見た日本。「本命にとって悪夢の始まり」。“ドイツの兵士たち”の躍動を賞賛【ロシアW杯】 2018.06.21

 日本代表は19日、ロシアワールドカップ・グループリーグH組第1節においてコロンビア代表を2-1で下して白星発進を飾った。日本中を歓喜に包んだこの一戦を、ドイツメディアはどのように報じたのか。(文:本田千尋)

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top