日本代表

岩崎悠人

森保J、岩崎悠人の突進力が逆風を追い風に変えるか。パキスタン戦で「全員戦力」の証明を 2018.08.16 NEW

森保一監督が率いるU-21日本代表は、16日にアジア大会のグループリーグ第2戦でU-23パキスタン代表と対戦する。初戦から中1日という厳しいスケジュールではあるが、勝利して決勝トーナメント進出を決めたいところだ。ネパール相手に苦戦を強いられ逆風が吹き荒れる中、若きサムライブルーに必要なこととは何だろうか。(取材・文:舩木渉【インドネシア】)

森保一

まさかの大凡戦。森保J、アジア大会初戦でネパールに苦戦。拭えぬ停滞感…改善の余地は? 2018.08.15

森保一監督率いるU-21日本代表は14日、アジア競技大会のグループリーグ初戦でネパールと対戦した。明らかな実力差のある相手に、終始主導権を握りながら1-0。勝ち点3こそ確保したものの、内容は十分とは言えなかった。停滞感の強かったチームに状況を改善する余地はあるのだろうか。(取材・文:舩木渉【インドネシア】)

森保一

U-21日本、超守備的ネパールに攻め手欠く。森保兼任監督はアジア大会初戦辛勝【どこよりも早い採点】 2018.08.14

8月14日、インドネシアで開催されているアジア競技大会のグループリーグ第1戦で、U-21日本代表がU-23ネパール代表と対戦した。森保一監督率いる若きサムライブルーのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

森保一

【アジア大会展望】五輪代表の土台構築へ、森保Jに求められるもの。選手個々の能力アップを重視せよ 2018.08.14

日本時間14日、U-21日本代表はインドネシアで開催されるアジア大会の初戦でネパール代表と対戦する。五輪代表への土台となる同大会で、飛躍を果たす選手は現れるのか。そして、森保Jに求められるものとは。(文:元川悦子)

180806_daihyo_getty

森保ジャパン20人。アジア大会制覇目指すU-21日本代表メンバーを紹介【編集部フォーカス】 2018.08.06

インドネシアのジャカルタで開催されるアジア大会に参加するU-21日本代表。2年後の東京五輪を見据えU-21世代で臨む日本は、グループステージでネパール、パキスタン、ベトナムと同組のグループDに入った。今回フットボールチャンネル編集部では、森保ジャパンに選出された20名を紹介する。

180502_miyazawa_ebi

日本サッカーの未来を考える。進むべき道が見えたからこそ…『20年後』見据えた成長を【宮澤ミシェルの独り言】 2018.08.01

日本代表選出経験も持つ元Jリーガーで、現役引退後は解説者として活躍中の宮澤ミシェル氏の連載企画。第15回は、日本サッカーの未来について。ロシアワールドカップで日本代表は今後への可能性を示したが、現状維持ではいけない。(語り手:宮澤ミシェル)

森保ジャパン

【メンバー発表直前】森保監督への推薦状。アジア大会で見たいU-21日本代表候補11人【編集部フォーカス】 2018.08.01

 今月14日に初戦を迎えるアジア競技大会には、森保一監督率いるU-21日本代表が参加する。東京五輪に向けて重要な強化の機会ではあるが、Jリーグ開催期間とも被っており、1月のAFC U-23選手権や5月から6月初旬にかけて行われたトゥーロン国際大会に出場したメンバーの一部は招集できない可能性がある。そこで今回は、U-21日本代表招集歴がないか今年に入ってから招集を受けていない選手たちの中から、東京五輪に向けて戦力になるポテンシャルを秘めた11人をフットボールチャンネル編集部が厳選した。

森保一

森保“兼任”監督は成立するのか。唯一の前例・トルシエ時代との明確な違い。成功への道筋は? 2018.07.27

日本代表の新監督に森保一氏が就任した。すでに東京五輪を目指すU-21代表を率いている同氏は、2つの代表チームを同時に指導することになる。唯一の前例と言えるフィリップ・トルシエ氏の時代と比較すると、日本サッカー界を取り巻く現状は明らかに異なる。森保新体制に成功への道筋は見えてくるのだろうか。(取材・文:元川悦子)

森保一

【識者の眼】森保ジャパン、世代交代へ選手入れ替えはあるか? 過去から読み解くアジア杯までのチーム作り 2018.07.27

7月26日、新たな日本代表監督に森保一氏の就任が発表された。フィリップ・トルシエ氏以来となる五輪代表監督との兼任で、サムライブルーの世代交代と年代間の融合というミッションに取り組む。半年後に控えるアジアカップで王座を奪還することが最初の目標になるが、ワールドカップからわずかな期間でどのようにチーム作りを進めていくべきなのだろうか。過去の例から読み解く。(取材・文:河治良幸)

180727_moriyasu_getty

森保ジャパン、初陣メンバーをシミュレーション。香川ら選外も? 海外組招集は制限すべきか 2018.07.27

 森保一氏が日本代表の監督に就任した。五輪代表との兼任となり、日本サッカー協会には新監督への手厚いバックアップが求められる。新体制の初陣は9月7日に行われるチリ代表とのキリンチャレンジカップ(札幌ドーム)。森保ジャパンはどのような形で船出するのだろうか。(文:青木務)

森保一

日本代表・森保一新監督を知る5つの軌跡。ドーハの悲劇を経験、広島での栄光と挫折、そして…【編集部フォーカス】 2018.07.27

西野朗監督の退任が決定し、森保一氏の日本代表監督就任が発表された。これまで数々の修羅場を潜り抜けてきた指揮官はサムライ・ブルーをどう進化させていくのか、注目が集まる。今回Fチャン編集部では、森保一新監督のキャリアを振り返る。

日本代表

日本代表監督に求めたい10の要件。今こそ見直すべき世界で勝つための将来設計【編集部フォーカス】 2018.07.26

 ロシアワールドカップを終えて、日本代表の西野朗監督が退任する。そして後任もまもなく決まると見られていている。ここ4年間で3人の監督がサムライブルーの指揮を執ったが、次の4年間は一貫した方針のもとで継続した強化が望まれる。そこで次期日本代表監督に求められる要素にはどんなものがあるだろうか。数々の条件が考えられる中から、フットボールチャンネル編集部が10の要件を厳選した。

180502_miyazawa_ebi

日本代表新監督、最有力候補・森保一氏に拭えない不安。最高の適任者はJリーグにいる【宮澤ミシェルの独り言】 2018.07.26

 日本代表選出経験も持つ元Jリーガーで、現役引退後は解説者として活躍中の宮澤ミシェル氏の連載企画。第14回は、日本代表の新監督について。最有力候補とされる森保一氏の手腕に間違いはないが、不安な点もあるという。(語り手:宮澤ミシェル)

日本代表

日本が世界で勝つために必要なことは? キーワードは“数学”。最先端理論をどう活用すべきか 2018.07.20

日本代表はロシアワールドカップでベスト16に終わった。高い壁だったベスト8に片手をかけたところで蹴落とされ、世界に歴然たる差を見せつけられた。今大会で上位進出国とそうでない国との間に見られたギャップをどう埋めていくべきか。そこに日本サッカー発展の鍵が隠されているはずだ。(文:舩木渉)

川島永嗣

川島永嗣は本当に「いらない」のか。過剰な批判への疑問、今こそ深めるべきGKへの理解【検証・西野J<6>/ロシアW杯】 2018.07.12

ロシアワールドカップでベスト16に進出した西野ジャパン。なぜこれまで低調だった日本代表は結果を残すことができたのか。そしてベスト8進出には何が足りなかったのか。短期集中連載でお届けする。(文:舩木渉)

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top