日本代表

イラクとの一戦をドローで終えた日本代表

ハリルJ、“ぶっつけ本番”が裏目に。2列目のテコ入れは逆効果。プランの整合性への疑問符【識者の眼】 2017.06.14

13日、2018年ロシアW杯アジア最終予選のイラク-日本戦が行われ、試合は1-1のドローに終わった。7日のシリア戦から布陣を変えてきた日本代表。特に2列目の配置は初めての並びとなったが、結果としてこれはマイナス面のほうが大きかった格好に。公式戦に向けた準備の整合性に疑問符が付いた。(文:河治良幸)

日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督

ハリルJ、体裁を整えることで精一杯。攻撃のオプションなく、勝ち点1は悪くない結果【西部の戦術アナライズ】 2017.06.14

13日、ロシアW杯アジア最終予選イラク戦に臨んだ日本代表。早い時間にセットプレーから先制ゴールを奪ったものの、終盤に失点を喫し勝利を逃した。けが人が出たことも含めて消耗度の高い試合となったが、ハリルジャパンは守備的なゲームプランでこの一戦に臨んでおり、ドロー自体は想定内だったと言えるのではないか。(文:西部謙司)

20170614_haraguchi3_getty

原口元気がイラク戦で味わった屈辱。ベンチで噛み締めた無力感…捲土重来への覚悟 2017.06.14

日本代表は13日、ロシアW杯アジア最終予選でイラク代表と対戦して1-1で引き分けた。気温35度を超える酷暑のテヘランで行われた一戦、日本を立て続けにトラブルが襲った。そんな中で自らへの信頼の薄さを嘆く1人の男がいた。試合終了をベンチで見守ることとなった原口元気は、悔しさを押し殺そうと絞り出すように言葉を紡ぐ。(取材・文:元川悦子【テヘラン】)

ハリルホジッチ

英国人が見たイラク戦「日本はシュートを打って!」「ハリルの采配は良くない」 2017.06.14

日本代表は13日、ロシアW杯アジア最終予選でイラク代表と対戦して1-1で引き分けた。この試合中、イングランド人ライターのショーン・キャロル氏に随時話を聞いた。

大迫勇也(左)

日本がイラクと1-1ドロー。6大会連続W杯出場に王手も…次戦豪州戦に不安残す 2017.06.13

日本代表は13日、2018年ロシアW杯アジア最終予選でイラク代表と対戦した。

日本代表

イラク戦、前半早々に先制も勝ち点2を落とす【どこよりも早い採点】 2017.06.13

6月13日、日本対イラクの一戦が行われ1-1で引き分け。ハリルジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

岡崎 大迫

目覚めよ、ストライカーの本能。大迫と岡崎、2大エースのゴールがハリルJを変える 2017.06.13

いよいよロシアW杯アジア最終予選のイラク戦当日を迎えた。12日にはイラク戦開催地のイランで、イラン代表がアジア一番乗りでW杯出場を決めた。日本もそれに続けるか。重要な一戦に向け、ハリルジャパンのFW陣に必要なのはイランのエースFWアズムンのようなストライカーの本能かもしれない。(取材・文:元川悦子)

イラク代表の両翼。ウディネーゼ(イタリア)でプレーするアリ・アドナン(左)とAIKソルナ(スウェーデン)でプレーするアフメド・ヤシン(右)

ハリルJ、イラクが誇る「左右の槍」に警戒せよ。欧州で研いだ牙。両翼の破壊力【識者の眼】 2017.06.13

13日、2018年ロシアW杯アジア最終予選イラク戦に臨む日本代表。前回対戦時は山口蛍の劇的ゴールでハリルジャパンがなんとか勝ち点3をもぎ取った相手であり、今回も厳しいゲームになることが予想される。イラク代表のストロングポイントは両サイドの破壊力。左右の槍の攻撃力を減退させることができれば、日本は勝利に近づけるはずだ。(文:河治良幸)

日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督

【英国人の視点】ハリルJ、“鬼門”の6月決戦。海外組増加の日本代表、例年続く低調なパフォーマンス 2017.06.13

13日、2018年ロシアW杯アジア最終予選のイラク戦に臨む日本代表。7日に開催されたシリア戦のパフォーマンスは低調であったが、この試合は親善試合であり結果が最優先というゲームではない。だがイラク戦はまさしく結果第一の一戦だ。この決戦に挑むにあたり、日本代表には若干気がかりなことがある。(取材・文:ショーン・キャロル)

山口蛍

日本対イラク、直近5試合を振り返る。W杯予選の激闘、アジア杯の辛勝…5年で6度目の対戦へ【編集部フォーカス】 2017.06.13

6月13日、2018年W杯アジア最終予選イラク戦に臨む日本代表。ここ5年で6度目の対戦となり、何かと縁のある相手。1994年アメリカW杯の出場権を逃すことになった“ドーハの悲劇”で引き分けて以降、イラクに全勝している日本だが、どの試合も一筋縄ではいかない難しさがあった。今回は、中東の雄との直近5試合を振り返る。

日本代表GK川島永嗣。経験豊富な守護神にかかる期待は大きい

川島永嗣、苦境経て進化した守護神の決意。不確定要素多い守備陣、勝負所で頼れる最後の砦 2017.06.12

13日、2018年ロシアW杯アジア最終予選イラク戦に臨む日本代表。気温35度超・湿度10%程度という過酷な環境で行われる試合に向けて着々と準備を進めているが、決して簡単な試合にはならないだろう。今回のハリルジャパンはDF陣に不確定要素が多く、経験豊富な守護神・川島永嗣に大きな期待がかかってくる。(取材・文:元川悦子【テヘラン】)

本田圭佑

本田が示す日本サッカーの新たな可能性。31歳バースデーのイラク戦で果たすべき役割 2017.06.11

 13日のロシアW杯アジア最終予選のイラク戦に向け、試合開催地のイラン・テヘランで練習を続ける日本代表。過酷な暑さとも戦わねばならないうえ、負傷者続出にも悩まされている。ここで重要な役割を果たすのが本田圭佑だ。試合当日に31歳の誕生日を迎える背番号4は、定位置奪回へ相当な覚悟を胸に秘めている。(取材・文:元川悦子【テヘラン】)

長友佑都

長友の負傷でハリルJにさらなる危機。大混戦のW杯予選突破へ…今こそ日本進化の時 2017.06.10

 13日に行われるロシアW杯アジア最終予選のイラク戦に向け、9日に決戦の地・イラン入りした日本代表。そこでの初練習、長友佑都が足を痛めてまさかの途中離脱。香川真司の欠場が決まり、山口蛍の出場も微妙、他にもコンディションに不安を抱えた選手が多い中、窮地に立たされたハリルジャパンはいかに戦うべきなのだろうか。(取材・文:元川悦子)

日本代表の乾貴士。シリア戦の好パフォーマンスで強烈な印象を残した

乾貴士、勝ち取った「ジョーカー枠」。2年ぶり代表で「楽しむ」を具現化できた3つの理由 2017.06.09

約2年2ヶ月ぶりに日本代表復帰した、FW乾貴士(エイバル)の株が赤丸急上昇中だ。スペインの地で磨きがかけかれた切れ味鋭いドリブルと、ブランクをまったく感じさせない周囲とのコンビネーションを、途中出場した7日のシリア代表とのキリンチャレンジカップ2017で存分に披露。13日に待つイラク代表とのワールドカップ・アジア最終予選第8戦(テヘラン)における「ジョーカー枠」をも勝ち取った、29歳が掲げるキーワード「楽しむ」を実践できた3つの理由を探った。(取材・文:藤江直人)

本田圭佑

本田がハリルJの“救世主”か。負傷者続出…深刻な人材不足を解決する強烈な個性 2017.06.09

シリアとの国際親善試合を終えた日本代表は、多くの負傷者を抱えたまま海外遠征に臨む。次の試合は13日にイランの首都テヘランで行われるイラク戦。来年のロシアW杯出場権獲得に向けて負けられない重要な試合、中盤の人材不足に直面したヴァイッド・ハリルホジッチ監督はどのようにチーム作りを進めていくのか。そこでは本田圭佑がキーマンになるかもしれない。(取材・文:元川悦子)

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top