フットボールチャンネル

日本代表 1か月前

最高だったのは?サッカー日本代表、シリア代表戦全選手パフォーマンス査定。【W杯アジア2次予選】

シリーズ:日本代表パフォーマンス査定 text by 編集部 photo by Shinya Tanaka

サッカー日本代表 最新ニュース

 サッカー日本代表は11日、FIFAワールドカップ26アジア2次予選 兼 AFCアジアカップサウジアラビア2027予選・グループリーグB組第6節でシリア代表と対戦し5-0で勝利。この試合での選手のパフォーマンス、そして監督の采配はどうだったのか。今回はポジション別にA~Dの4段階で評価する(データは『Sofa Score』を参照)。


FW

サッカー日本代表FW上田綺世

【写真:田中伸弥】

上田綺世(背番号9)
シリア代表戦:フル出場
評価:A

日本代表はDAZNで観よう!
通常より1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]

 ミャンマー代表戦で2ゴールを記録した小川航基に負けじと高い決定力を見せつけ、13分に打点の高いヘッドから先制ゴールを記録。ストライカーらしい狡猾な動き出しからボールを呼び込み何度もチャンスを伺った。いくつか決定機になりそうな場面もあったため、2点目を決められなかったのは悔やまれる。

小川航基(背番号19)
シリア代表戦:なし
評価:なし

1 2 3 4 5 6

KANZENからのお知らせ

scroll top
error: Content is protected !!