南野拓実

181019_nmd_getty

「日本はいいチーム。でも、まだ弱い」その理由。別次元の“NMD”、階段上り始めた新世代【宮澤ミシェルの独り言】

日本代表選出経験も持つ元Jリーガーで、現役引退後は解説者として活躍中の宮澤ミシェル氏の連載企画。第21回は、日本代表が臨んだパナマ、ウルグアイ戦について。ロシアワールドカップの主力が加わった森保ジャパンは、この2連戦で何を得たのか。(語り手:宮澤ミシェル)

日本代表

中島、南野、堂安の推進力は日本代表を変える! 長友、吉田、原口が受けた強烈インパクト

日本代表が4-3と勝利を遂げた16日のウルグアイ戦、チームの中心となったのは中島翔哉、南野拓実、堂安律の3人だった。2列目で強く素速いプレーで相手を翻弄した姿には、吉田麻也ら長く代表を支えてきた選手たちもその強烈なインパクトを受けていた。(取材・文:元川悦子)

堂安律

森保ジャパンには夢がある。ウルグアイ撃破が生んだ希望、「即時奪回」がもたらした4得点

日本代表は16日、ウルグアイ代表に4-3で勝利を収めた。ロシアワールドカップでベスト8に入った世界的な強豪から奪った4つのゴールには、ある共通点があった。躍動する森保ジャパンに浸透した、ある意識がチームに勢いを与えている。(取材・文:舩木渉)

日本代表

南野に最高評価、中島、堂安も!“NMD”はもはや不可欠。一方で…心配なロシア組も【どこよりも早い採点】

10月16日、日本対ウルグアイの一戦が行われ4-3で勝利。森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

日本代表

森保J、強豪ウルグアイを4発粉砕! 22年ぶり大金星。南野の3戦連続弾含む2発で3連勝

日本代表は16日、キリンチャレンジカップでウルグアイ代表と対戦した。

181016_minamino_getty

香川真司超えはすぐそこに。ハリルに干され、W杯も落選…南野拓実の真の逆襲が始まる

日本代表は16日、埼玉スタジアムでウルグアイ代表と対戦する。森保一監督体制が発足して以降、FW南野拓実は3試合連続で先発起用される見通しとなっている。これまで長く日本代表に君臨してきた香川真司に代わる存在として台頭してきたが、世界有数の強豪相手のこの一戦は重要な試金石となる。(取材・文:元川悦子)

日本代表

新世代台頭の森保J、南野拓実や伊東純也が躍動。ウルグアイ戦で問われるロシアW杯組の真価

日本代表は12日、国際親善試合でパナマ代表に3-0の快勝を収めた。そこで輝いたのは、先月のコスタリカ戦に続きまたも南野拓実や伊東純也ら若い力だった。新世代の台頭に押されるロシアワールドカップ出場組の選手たち。ウルグアイ戦では彼らの真価が問われ、早くも森保ジャパンは分岐点を迎えるかもしれない。(取材・文:元川悦子)

南野拓実

南野拓実の先制点をもたらした3つの鍵。パナマ戦勝利を引き寄せたゴールのメカニズム

日本代表は12日、国際親善試合でパナマ代表に3-0の快勝を収めた。勝利を大きく引き寄せた先制点の場面は、スコアラーの南野拓実だけでなく、周囲の選手の狙いが複雑に噛み合った。どのような流れでチャンスを作り、ゴールにつなげたのか、3つの鍵を紐解く。(取材・文:河治良幸)

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top