セリエA

セリエAやイタリアサッカーの最新コラム・ニュースを網羅! ここを読めばサッカーの今がわかります。

20201027_milan_getty

首位ミランはローマにも不可解な主審にも負けない。イブラヒモビッチ効果により輝く若き才能とは 2020.10.27

セリエA第5節、ミラン対ローマが現地時間26日に行われ、3-3のドローに終わっている。開幕5連勝を狙ったミランだが、残念ながら勝ち切ることはできなかった。ただ、不可解な判定にも負けず、アンテ・レビッチ負傷により出番を得た男の活躍などもあるなど、決してネガティブなドローではなかった。(文:小澤祐作)

1026Dybala_getty

ユベントスは何に苦しめられている? 手探りが続くピルロ監督がはまった敵将の術中 2020.10.26

セリエA第5節、ユベントス対エラス・ヴェローナが現地時間25日に行われ、1-1の引き分けに終わった。アンドレア・ピルロ監督が就任したユベントスは、ここまで2勝3分で5位と苦しんでいる。選手が入れ替わり、チームは転換期を迎えているが、その先に出口は見えるのだろうか。(文:本田千尋)

冨安健洋

冨安健洋に突きつけられた課題。ボローニャ3連敗、泥沼をかき分けた先に待つものは… 2020.10.25

現地24日にセリエA第5節が行われ、ボローニャはラツィオに1-2で敗戦。これでリーグ戦3連敗となった。開幕から全試合に先発フル出場している日本代表DF冨安健洋はどんなパフォーマンスを披露したのだろうか。(文:舩木渉)

20201024_serieA_getty

セリエA全チーム、夏の移籍金総額ランキング。世界を騒がせ、最も“バブリー”だったクラブは? 2020.10.24

欧州の2020/21シーズンが開幕し、夏の移籍市場が終了した。今年も多くの選手が新天地を求め、世界最高レベルの選手も移籍を決断している。各クラブは巨額の資金を投じ、戦力強化に余念がなかった。今回フットボールチャンネル編集部では、セリエAに所属する全20チームの今夏の総支出額ランキングを紹介する(※移籍金は『transfermarkt』を参照)。

ミラン

ミランが急上昇! しかし総合評価は…。CL権のカギは良くも悪くもイブラヒモビッチの手中に【欧州主要クラブ補強診断(11)】 2020.10.23

欧州の2020/21シーズンが開幕し、夏の移籍市場が終了した。この夏も各チームで様々な移籍があったが、各国の主要クラブはそれぞれどんな動きを見せたのだろうか。今回は昨季のセリエAを6位で終えたミランの補強動向を読み解く。

インテル

インテル、質・量ともに充実のA評価補強。ハキミは大当たり、打倒ユベントスへ強力な陣容整う【欧州主要クラブ補強診断(10)】 2020.10.22

欧州の2020/21シーズンが開幕し、夏の移籍市場が終了した。この夏も各チームで様々な移籍があったが、各国の主要クラブはそれぞれどんな動きを見せたのだろうか。今回は昨季のセリエAを2位で終えたインテルの補強動向を読み解く。

ユベントス

ユベントス、楽しみな若手タレント続々確保。ピルロ新監督就任、唯一疑問が残るのは…【欧州主要クラブ補強診断(9)】 2020.10.21

欧州の2020/21シーズンが開幕し、夏の移籍市場が終了した。この夏も各チームで様々な移籍があったが、各国の主要クラブはそれぞれどんな動きを見せたのだろうか。今回は昨季のセリエAで優勝を果たしたユベントスの補強動向を読み解く。

冨安健洋

OG献上も…冨安健洋はよく戦った。戦犯扱いは出来ない、サッスオーロ戦で課された高難度のミッション 2020.10.19

セリエA第4節、ボローニャ対サッスオーロが18日に行われ、3-4でアウェイチームが勝利している。日本代表DFの冨安健洋はこの日も先発フル出場を果たしたが、オウンゴールを献上したりと少し苦い内容となってしまった。それでも、全体的に見れば冨安は決して責められるべきではない。(文:小澤祐作)

アンドレア・ピルロ

ユベントスはどうした? ピルロ監督が直面する強豪の宿命、絶対王者は賭けに勝てるのか 2020.10.18

セリエA第4節、クロトーネ対ユベントスが現地時間17日に行われ、1-1のドローに終わっている。クロトーネは開幕3連敗中だったが、ユベントスは勝ち点1を奪うに留まってしまった。アンドレア・ピルロ新監督の下、何が問題となっているのだろうか。(文:神尾光臣【イタリア】)

ミラン

ミランが強い! 4年ぶりインテル撃破、イブラヒモビッチにも負けず劣らずの輝きを放ったのは? 2020.10.18

セリエA第4節、インテル対ミランが現地時間17日に行われ、1-2でアウェイチームが勝利している。実に4年ぶりにリーグ戦における「ミラノダービー」を制したミランは、これで無傷の開幕4連勝。今季は一味違う。では、なぜライバル相手に勝ち切ることができたのか。(文:小澤祐作)

1006PapuGomez

欧州主要リーグ サッカー選手活躍度ランキング1位~20位(9月版) 2020.10.16

フットボールチャンネル編集部では、欧州主要リーグで活躍した選手のランキングを月ごとに作成。9月の1位~20位を発表する。一体どの選手が名を連ねているのだろうか。(データは『Whoscored.com』を参照)

1006PapuGomez

C・ロナウドよりすごい! 世界最高の輝きを見せたのは? 欧州サッカー選手活躍度ランキング1位~5位(9月版) 2020.10.06

フットボールチャンネル編集部では、欧州主要リーグで活躍した選手のランキングを月ごとに作成。今回は9月の1位~5位を発表する。一体どの選手が名を連ねているのだろうか。(データは『Whoscored.com』を参照)

冨安健洋

冨安健洋はまさに壁。最高の現代型CB、またも際立つパフォーマンス。その安定感はセリエAトップクラス 2020.10.05

セリエA第3節、ベネベント対ボローニャが現地時間4日に行われ、1-0でホームチームが勝利している。日本代表DFの冨安健洋はこの日も先発フル出場。チームとしては残念ながら敗れてしまったが、21歳の個人パフォーマンスはかなり際立っていたと言えるだろう。(文:小澤祐作)

20200930_intermilan_getty

インテル期待の新戦力5人。モヒカン頭のファイターが加入、17日で買い戻された若手FWも 2020.09.30

ユベントスのセリエA10連覇阻止に最も近いのは、インテルだろう。2019/20シーズンは最終的に勝ち点1差の2位フィニッシュで、アントニオ・コンテ監督率いるチームは絶対王者に肉薄した。満を時してタイトル奪取に挑む新シーズンに向けて、頼もしい新戦力が加わっている。そこで今回は2020/21シーズンのインテルで期待の新加入選手やブレイク候補の若手選手たちを5人紹介する。

20200930_milan_getty

ミラン期待の新戦力5人。ピルロのようなMFにヴィエリのようなストライカー、そして3代目マルディーニも 2020.09.30

ズラタン・イブラヒモビッチ加入により生まれ変わったミランは、長年辿り着いていないチャンピオンズリーグの舞台を目指す。その目標に向け、クラブはサンドロ・トナーリやブラヒム・ディアスを補強。そして下部組織からも将来有望な若手が台頭するなど、期待感の持てるチームが出来上がりつつある。今回はそんなミランに加わった新戦力と、ブレイクが期待される若手選手5人を紹介する。

新着記事

↑top