フットボールチャンネル

セリエA 7か月前

戦火を逃れた少年がナポリのアイドルに。クワラツヘリアの壮絶な少年時代【現地発コラム前編】

text by 弓削高志 photo by Getty Images

イタリア セリエA 最新ニュース

22/23シーズン、イタリアの名門ナポリは実に33年ぶりのスクデット獲得を成し遂げた。その立役者となったのが、ジョージア代表MFクヴィチャ・クワラツヘリアだ。ナポリ加入当時、ほぼ無名だった小国生まれの男は、いかにしてワールドクラスの選手になったのか。そのストーリーを前後編でお届けする。今回は前編。(文:弓削高志【イタリア】)


ナポリ加入1年目でMVP。愛称は「クワラドーナ」に

ナポリに所属するジョージア代表MFクビチャ・クワラツヘリア
【写真:Getty Images】

 守備の伝統国イタリアは、ドリブラーにとって危険極まりない場所だ。どんなに活きのいい新人選手でも、瞬く間に熟練DFたちの餌食となって潰される例が後を絶たない。

【今シーズンのセリエAはU-NEXTで!
無料トライアル実施中!】



 だから、22年の夏に東欧の辺境国ジョージア(旧国名グルジア)からやってきたMFクヴィチャ・クワラツヘリアが与えたインパクトは鮮烈かつ絶大だった。ナポリが1100万ユーロ(約15.4億円)で獲得した01年生まれの若者は、すらりとした長身からしなやかなスラローム・ドリブルを繰り出し、イタリア中のDFたちをきりきり舞いさせた。

 5大リーグ初挑戦にも関わらず、左右の両足から魔法のようなアシストとゴールを重ね、クラブに33年ぶりのリーグ優勝をもたらすと、デビューシーズンにリーグ年間MVPまで受賞してしまった。ナポリのホームスタジアムにその名を冠された“神”ディエゴ・アルマンド・マラドーナにあやかり、クワラツヘリアは今や国中で「クワラドーナ」の愛称で親しまれている。

「誇らしい気分だよ。でもマラドーナに喩えられるのだから、その分重大な責任も感じるね」

 南米流の奔放な人生を送った本家に比べ、東欧生まれの青年クワラツヘリアは内気で信心深い。性格のちがいはあれど、アッズーリ色のユニフォームに背番号77を背負う“クワラドーナ”が現在のセリエA最強アタッカーの一人であることは論を俟たない。グラウンドで誰より雄弁な彼はナポリとセリエAの歴史を書き換えた。

 未だ成長の余地を残す22歳の大器クワラツヘリアは、サッカー界の傍流からどうやってワールドクラスのプレーヤーへと上り詰めたのか。

1 2

KANZENからのお知らせ

scroll top