フットボールチャンネル

セリエA 4週間前

「出来が悪い時も…」眠っていた巨人・スカマッカはなぜ覚醒したのか。変化のきっかけとは?【コラム】

シリーズ:コラム text by 佐藤徳和 photo by Getty Images

イタリア セリエA 最新ニュース

今季ウェストハムからアタランタに移籍し母国復帰を果たしたイタリア代表FWジャンルカ・スカマッカが好調だ。3月6日以降、公式戦10試合で8ゴールを奪っており、UEFAヨーロッパリーグ(EL)でのリバプール撃破などに大きく貢献している。前半戦、なかなか調子が出なかった巨人は、なぜここにきて覚醒したのか。(文:佐藤徳和)


ついに目覚めた巨人

アタランタに所属するイタリア代表FWジャンルカ・スカマッカ
【写真:Getty Images】

 覚醒。眠っていた“巨人”、アタランタのジャンルカ・スカマッカが、ついに目を覚ました。この男の人物史があるならば、3月6日が大きな分岐点になったと記載しなければならない。この日を堺に、まるで生まれ変わったようなパフォーマンスを見せているからだ。3月6日以前、今季の公式戦27試合の出場で、7ゴール。それが、一変して3月6日以降は、10試合で8ゴールと、センセーショナルな活躍を披露している。

今シーズンのセリエAはSPOTV NOWで配信中!
U-NEXTから加入で無料トライアル実施中![PR]


 3月6日、UEFAヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント・ラウンド16第1戦のスポルティングCP戦が行われた。このポルトガルの強豪とは、グループステージでも対戦し、第2戦ですでに1ゴールを挙げていた。今季3度目となった一戦、0-1で迎えた38分に同点弾をマーク。アレクセイ・ミランチュクからのショートパスを受けると、キックフェイントで相手をかわし、グラウンダーのシュートを決めた。そして、3月14日の2ndレグでも躍動。1-1の58分、ここでもミランチュクの折り返しをダイレクトで流し込み、これがベスト8進出を決める決勝点となった。スカマッカは、プリメイラ・リーガで首位を走る相手から4試合で3ゴール。ポルトガルの名門を相手に強烈なインパクトを残した。

 そして、誰もがリバプールの勝ち抜けを予想したEL準々決勝。世界有数のクラブの前にも1m95cmの巨漢FWが立ちはだかった。第1戦の37分、ダビデ・ザッパコスタのクロスに合わせて先制点を奪うと、59分にはシャルル・デ・ケテラーレからの浮き球のクロスをフリーでシュート。これもネットに突き刺さり、アンフィールドのサポーターを沈黙させた。さらに、マリオ・パシャリッチのダメ押しとなる3点目の起点にもなり、獅子奮迅の働きで、今季のリバプールにホームで初めて黒星をつけた。

 イタリアメディアの『ガッゼッタ・デッロ・スポルト』も、スカマッカのプレーに10点満点中9の異例の高い採点をつけ、「恐らく彼の若いキャリアで最高の試合だった。ボックス内での存在感、揺るぎない技術と冷静さで2ゴールし、3点目もお膳立て。これまでになかったチームプレーを見せた」と絶賛した。本拠地での第2戦は0-1と敗れたが、トータルスコア3-1で逃げ切りに成功。プレミアリーグの雄を相手にも、怯むことなく戦い、クラブ史上初となるELベスト4進出の原動力となった。

 セリエAでも安定したパフォーマンスで、3ゴール。ナポリ、カリアリ、ベローナから、それぞれ1得点を挙げ、さらにフィオレンティーナとのコッパ・イタリア準決勝第2戦で、ハーフボレーのスーパーゴールを決めて、公式戦10試合で8ゴールと抜群の決定力を発揮している。

 目覚めたスカマッカに一体何があったのか。

1 2 3 4

KANZENからのお知らせ

scroll top