アタランタ

20200804_focus_getty

19/20セリエAベストイレブン。欧州得点王にミランの若き守護神、最多選出はユベントスではなく…

ユベントスの9連覇で幕を閉じた2019/20シーズンのセリエA。今季も最後まで熱い戦いが繰り広げられたが、その中でどのような選手たちの輝きが目立っていたのか。今回はフットボールチャンネル編集部が選んだ2019/20シーズンのセリエAベストイレブンを紹介する。(市場価格は『transfermarkt』を参照)

冨安健洋

冨安健洋にとってアタランタが“最悪な相手”だった理由。痛すぎた好プレー披露の代償

セリエA第35節、アタランタ対ボローニャが現地時間21日に行われ、1-0でホームチームが勝利している。日本代表DFの冨安健洋はこの日も先発出場。タッチ数は両チームトップの70回を記録するなど、精力的にプレーしていた。しかし、過密日程の中、体が悲鳴をあげた。ボローニャは残り試合を冨安なしで戦わなければならないかもしれない。(文:神尾光臣【イタリア】)

新着記事

↑top