フットボールチャンネル

セリエA 2週間前

「辞めようと思ったことは…」イタリア代表、カラフィオーリの“軌跡”。EUROの主役は、絶望の淵から這い上がった【コラム】

シリーズ:コラム text by 佐藤徳和 photo by Getty Images

UEFAユーロ2024(EURO2024)最新ニュース

現在ドイツで開催されているUEFAユーロ2024(EURO2024)。そんな4年に一度の大舞台で、一人の若者が輝きを放っている。それがイタリア代表DFリッカルド・カラフィオーリだ。2023/24シーズンのボローニャで本格ブレイクし、世界が注目する大会でも輝きを放つなど、まさにノリに乗っているが、そのキャリアのスタートは、決して簡単なものではなかった。(文:佐藤徳和)


「ローマのバンディエラとなると確信している」

イタリア代表DFリッカルド・カラフィオーリ
【写真:Getty Images】

 サン・ピエトロ大聖堂の裏手に広がるローマの13番目の行政区域、アウレリオ地区。バチカン市国に聳えるカトリック教会の総本山からわずかな距離に位置しながら、目立った観光名所はなく、観光客が足を踏み入れることはほとんどない。しかし、ピオ11世の名を冠したグラウンドからは、サン・ピエトロのクーポラが眼前に迫る。観光客が見ることのできない壮大な景色だ。

EURO2024はWOWOWで全試合生中継!
欧州サッカー最高峰の戦いを観るならWOWOWに加入[PR]


 ここは、UEFAユーロ2024(EURO2024)で、一躍脚光を浴びているイタリア代表DFリッカルド・カラフィオーリが初めて所属したペトリアーナ・カルチョが活動するグラウンド。カラフィオーリがローマで出場機会を増やしていた頃、ペトリアーナ・カルチョのステーファノ・セッティミーニ会長は、幼少期をこう回想していた。

「子どもにとって、とても大切な育成の期間をこのクラブで過ごした。ローマで重要な『ガレアッツィ・トーナメント』でも優勝したんだ。リッカルドだけでなく、彼を支え、育てた彼の家族も称えなければならない。家族のおかげで、彼はプロになるまでの間、道を見失うことなく成長できた」。

 カラフィオーリ一家が暮らすアウレリオ地区から、ローマのトレーニングセンター、トリゴーリアまでは、往復で約50キロ。両親は、息子のために、日々車で送り迎えをし、犠牲を厭わなかった。

 セッティミーニは「9歳になってすぐに、ローマはリッカルドの獲得を決めた。他にも前から複数のクラブが、彼を注目していたが、ローマが先手を打った。育成年代技術顧問のブルーノ・コンティは、すでに彼の才能を理解し、下部組織で育てることを決意したんだ」と話す。さらに「私はリッカルドがやがてイタリア代表になり、そして、ローマのバンディエラとなると確信している。もしかすると、カピターノになるかもしれないね」と続けた。アッズーリの一員になることは的中させたが、多くの子どもたちが憧れる地元のビッグクラブ、ローマでの活躍を言い当てることは、残念ながら叶わなかった。

 カラフィオーリは、2010年からローマの下部組織に所属。U15からすべての年代のイタリア代表にも名を連ねるエリートだった。誰もが、リッカルドの明るい未来を思い描いていた。けれども、16歳の時に、選手生命に関わる大けがに見舞われる。

1 2 3 4 5

KANZENからのお知らせ

scroll top
error: Content is protected !!