日本

平畠啓史 JOY

“俺の日本代表イレブン”。もし今年W杯があるなら? Jリーグのご意見番たちが選出!

ウェブ番組『F.Chan TV』とのコラボ企画。今回は、Jリーグサポーターにはおなじみの平畠啓史さんとJOYさんの二人に「今年W杯があるならこんなイレブンにしてほしい!」というテーマで仮想日本代表の11人を選出してもらった。(構成:浜川絵理、取材日:3月10日)

本田圭佑

本田、ラストチャンスか。タイ戦で先発復帰案も浮上、強気で挑むサバイバルマッチ

本田圭佑が、代表キャリアにおける危機に立たされている。代表のエースに君臨し続けてきた本田だが、これまでプレーしてきた右サイドのポジションでは久保裕也がUAE戦で1ゴール1アシストの活躍を見せるなど、ポジションを奪われつつある。28日に行われるタイ戦では先発に復帰する可能性もあるが、もし十分な出場機会を与えられなければ、代表の立場も危うくなる。それでも、「試練がすごく楽しい」と強気な姿勢でサバイバルマッチに挑もうとしている。(取材・文:元川悦子)

FIFAクラブワールドカップ2016で決勝進出を果たした鹿島アントラーズ

鹿島、FIFAクラブワールドカップ2016で躍進の秘訣。サッカー戦術解析モデルBuildup 6による分析

昨年日本で開催されたFIFAクラブワールドカップ2016で決勝進出を果たした鹿島アントラーズ。開催国枠での出場となったが、Jリーグチャンピオンシップからの勢いをもって臨んだ大会では、日本のサッカーファン・関係者に強烈な印象を残す戦いぶりを見せつけた。鹿島の強さはどこにあったのか。サッカー戦術解析モデルBuildup 6による分析で、その一端が見えてきた。(文:大井義洋)

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top