フットボールチャンネル

日本代表 1か月前

英国人が見たサッカーU-23日本代表対米国戦「特に斉藤光毅は…」「OAは必要ない。なぜなら…」「決まっていないのは…」

シリーズ:英国人が見た○○戦 text by 編集部

サッカー日本代表 最新ニュース

サッカーU-23日本代表は現地時間6月11日、国際親善試合でU-23アメリカ代表と対戦。開始早々にPKで先制ゴールを奪うと、後半も追加点を挙げ、2-0で勝利を収めた。この一戦について、日本サッカーに精通するイングランド人ライターのショーン・キャロル氏に随時話を聞いた。(語り手:ショーン・キャロル)

斉藤光毅から生まれたPK「狙っていなかったと思う(笑)」

U-23日本代表

【写真:Getty Images】

――おはようございます! 今日はパリ五輪のメンバー発表前最後の強化試合になります。現地時間7日にも同カードの試合が非公開で行われ、今日は2試合目です。

日本代表はDAZNで観よう!
通常より1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]

「面白いカードですよね。アメリカ合衆国代表はフィジカルが強く、スピードもあります。U-23日本代表が世界でどこまで行けるのか、腕試しになると思います」

――AFC U-23アジアカップには不在だった斉藤光毅と三戸瞬介が両WGに入りました。ファーストプレーでいきなり斉藤が仕掛けましたね。

「いきなり背後を取ったね。平河悠にチャレンジすることになるね」

――斉藤のキックが相手の腕に当たり、PKを獲得しました!

「PK! これも斉藤から生まれたシーンですね」

――斉藤は相手の腕を狙いましたか?

「狙っていなかったと思う(笑)」

――PKを藤尾翔太が決めて日本代表が先制しました。今季のJ1リーグでは13試合で6得点をマークしています。

「藤尾はFC町田ゼルビアに移籍してから自信がついたね」

――日本は斉藤へロングボールを集める狙いがありそうですね。

「彼の突破力を活かしたいですね。結果も伴っていますし」

1 2 3 4 5

KANZENからのお知らせ

scroll top
error: Content is protected !!