日本代表

0906osako_getty

日本代表、大迫勇也は「連れてってもらう」からエースへ脱皮。快勝によぎる4年前の残像 2019.09.06

キリンチャレンジカップ2019の日本代表対パラグアイ代表戦が5日に行われ、日本が2-0で勝利を収めた。この日、代表44試合目の出場で15得点目となった大迫勇也のゴールが、日本代表の先制点となった。しかし、快勝してなお、カタールワールドカップに向けて必要不可欠なエースは、来るアジア2次予選に向けてチームの課題に警鐘を鳴らした。(取材・文:元川悦子【鹿嶋】)

0906nakajima_getty

中島翔哉は日本代表のメッシ・ロール。個に依存した攻撃、「奪って運ぶ」課題は残されたまま【西部の目】 2019.09.06

キリンチャレンジカップ2019の日本代表対パラグアイ代表戦が5日に行われ、日本が2-0で勝利を収めた。大迫勇也、南野拓実、堂安律、中島翔哉の前線4人が揃い踏みした前半は、2点をあげて結果を残したが、彼らが退いた後半は攻撃が停滞。依然として前線の個に頼る課題は残されたままだ。(文:西部謙司)

日本代表

英国人が見たパラグアイ戦。久保建英は「注目されすぎ」「キリンカップはそんなもん」 2019.09.05

日本代表は5日、キリンチャレンジカップ2019でパラグアイ代表と対戦し、2-0で勝利を収めた。この試合中、現地で試合を取材し、日本サッカーに精通するイングランド人ライターのショーン・キャロル氏に随時話を聞いた。(語り手:ショーン・キャロル)

日本代表

パラグアイ戦、相手の堅守を破壊。半端ない大迫を最高評価に! 右サイドは久保建英の時代か?【日本代表どこよりも早い採点】 2019.09.05

日本代表は5日、キリンチャレンジカップ2019でパラグアイ代表と対戦して2-0で勝利。この試合で森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

日本代表

日本対パラグアイ、華麗なパス回しから2発! 大迫勇也&南野拓実のゴールで2-0勝利 2019.09.05

日本代表は5日、キリンチャレンジカップ2019でパラグアイ代表と対戦した。

安西幸輝

日本代表は安西幸輝を使うべき。パラグアイ戦の意義、戦力拡充の重要な機会に 2019.09.05

日本代表は5日、キリンチャレンジカップでパラグアイ代表と対戦する。カタールワールドカップのアジア2次予選を直後に控えるタイミングで、南米のチーム相手の親善試合を戦う意味とは。そして試合に勝つだけでなく今後の戦いを見据える上で、試しておきたいオプションとは。(取材・文:舩木渉)

0905osako_japan_getty

だからこそ、大迫勇也が日本代表をけん引しなければいけない。エースが口にした明確な目標とは? 2019.09.05

日本代表FW大迫勇也は、所属するブレーメンではリーグ戦3試合で3得点と好調を維持している。3年後に控えるカタールワールドカップに向けて、29歳のエースは、「中心選手としての責任感」を抱きながら、いよいよ始まるアジア2次予選に臨む。(取材・文:元川悦子【鹿嶋】)

日本代表

【日本代表スタメン案】南野拓実と久保建英の2シャドーを推す。平均年齢22.6歳のDFラインもあり? パラグアイ戦のイレブンをFチャン編集部が厳選 2019.09.05

日本代表は5日、キリンチャレンジカップ2019でパラグアイ代表と対戦する。コパ・アメリカ2019(南米選手権)後、初となる代表戦。2022年カタールワールドカップ・アジア二次予選を控えた中、内容と結果の両方でポジティブな要素を残したいところだが、森保ジャパンはどのような戦いを見せるだろうか。

日本代表

サッカー 日本代表 最新メンバー&背番号一覧 2019.09.04

日本代表のチーム情報、最新選手一覧、ニュースは下記の通り(キリンチャレンジカップ2019 9月5日 パラグアイ代表戦、2022年カタールワールドカップ アジア2次予選 同10日 ミャンマー代表戦)

0618kubo_tnk

久保建英は「日本代表のトップ下」になれるのか? 競争を勝ち抜くために示すべき長所とは 2019.09.04

久保建英がコパ・アメリカに引き続き日本代表に名を連ねた。今回の招集メンバーを見ると、久保のポジションはトップ下であると想定できる。現状、トップ下のレギュラーは南野拓実だが、久保がポジション争いに食い込むために必要なこととは?(取材・文:元川悦子)

0903doan_japan_getty

日本代表、堂安律が求める攻撃の「新たなバリエーション」。引いた相手を崩すための課題と教訓 2019.09.03

日本代表は5日にパラグアイとのキリンチャレンジカップの後、10日にカタールワールドカップアジア2次予選・ミャンマー戦を戦う。オランダのフローニンヘンからPSVへと移籍を果たした堂安律は、強い思いを持って今回の代表合宿に臨んでいる。(取材・文:元川悦子【鹿嶋】)

森保一

日本代表、この23名がカタールワールドカップへのベースに。その理由を生む過去の事例とは? 2019.08.31

日本サッカー協会(JFA)は30日、来月5日に行われるキリンチャレンジカップ2019、カタールワールドカップ・アジア二次予選に挑む日本代表メンバー23人を発表している。久保建英や堂安律といった若手選手から川島永嗣や吉田麻也といったベテラン選手が名を連ねた今回の森保ジャパン。23名のうち、実に19名が海外組という陣容となったが、このメンバーが3年後のカタールW杯のベースになるのだろうか。(取材・文:河治良幸)

0830kubo_nakajima_getty

久保建英、中島翔哉らを日本代表に呼ぶべきでない理由。無闇な招集は新天地の適応の妨げに… 2019.08.30

9月5日のパラグアイ戦と10日のミャンマー戦に臨む日本代表メンバーが30日に発表される。今夏は欧州組の移籍も多く、Jリーグから欧州へと活躍の舞台を移した選手も目立った。開幕して間もない欧州組の選手たちは、選考にどのような影響を与えるのだろうか。過去の前例も踏まえて、どのような選考が最適になるのだろうか。(文:元川悦子)

0830jleague

進藤亮佑、小池裕太、名古新太郎、宮原和也、中谷進之介、古橋亨梧、川辺駿、永戸勝也…彼らを日本代表に推す理由【西部の目】 2019.08.30

カタールワールドカップ・アジア2次予選、日本代表は9月10日に初戦のミャンマー戦を迎える。今夏のコパ・アメリカ2019(南米選手権)では、五輪世代とA代表の融合が図られたが、その間の世代にもJリーグで活躍する実力者は多い。そこで今回は、五輪世代より年長で、Jリーグで活躍する選手を取り上げていく。(文:西部謙司)

ボローニャ美女

ボローニャ美女60人に聞いた!イケメン日本代表総選挙<後編・1位〜5位>。栄冠の行方は…?【編集部フォーカス】 2019.08.19

日本代表DFの冨安健洋は今夏、シント=トロイデンからボローニャへと加入した。今回はそのボローニャの女性たちに協力してもらい、サッカー日本代表イケメン総選挙を開催した。ボローニャ女子を虜にした日本代表選手とは?2019年に招集された全選手を対象とする。今回は5位から1位を発表する。(取材:浜川絵理【イタリア】)

新着記事

FChan TV

↑top