フットボールチャンネル

フォーカス 2週間前

発表間近! サッカーU-23日本代表、パリ五輪予想メンバー18人全選手紹介&フォーメーション。厳しいサバイバルを制すのは?

シリーズ:編集部フォーカス text by 編集部

年代別サッカー日本代表 最新ニュース

パリ五輪(オリンピック)開幕まで残り1ヶ月を切った。今月3日には大岩剛監督より、オーバーエイジを含めた本大会に臨む18人の五輪代表メンバーが発表されることになっている。そこで今回はこれまでのパフォーマンスやクラブでの活躍を加味し、フットボールチャンネルが独自に予想した18人のメンバーを紹介する。(スタッツは6月30日時点のデータサイト『transfermarkt』と『SofaScore』を参照)


ゴールキーパー

鈴木彩艶
【写真:Getty Images】

鈴木彩艶(すずき・ざいおん)
生年月日:2002年8月21日(21歳)
所属クラブ:シント=トロイデン(ベルギー)
23/24リーグ戦成績:32試合/50失点

U-23日本代表はDAZNで観よう!
通常より1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


 正GKはこの男になるのではないか。アジアカップでは森保一監督の信頼を掴み、A代表のゴールマウスを守った。今季はベルギーリーグで32試合に出場し、セーブ率69%を記録。何よりもシュートへの反応速度が素晴らしい。高い身体能力を活かして、精度の高いパントキックとレンジの長いGKスローを繰り出すことも可能だ。一方で、明確な弱点となるのがハイボール処理。アジアカップでは致命的な判断ミスでピンチを招くことも少なくなかった。プレッシャーが重くのしかかる舞台で落ち着いて本領発揮できるかが懸念材料である。

小久保玲央ブライアン(こくぼ・れお-)
生年月日:2001年1月23日(23歳)
所属クラブ:ベンフィカ(ポルトガル)
23/24リーグ戦成績:16試合/19失点 ※ベンフィカBチーム

 同じくベンフィカで育ったヤン・オブラクのように総合力の高いGKだ。長い手足と抜群の反射神経を活かし、好セーブを連発する。セービング技術と守備範囲の広さに関しては同ポジションを争う鈴木彩艶(シント=トロイデン)と互角か、それ以上のものがあるのではないか。U-23アジアカップ2024では、ウズベキスタン代表との決勝戦で後半アディショナルタイムにPKをストップ。劇的な展開を演出しU-23日本代表を優勝へ導いた。鈴木と比べてロングフィードの精度には改善の余地がある。

1 2 3 4 5 6 7

KANZENからのお知らせ

scroll top
error: Content is protected !!