フットボールチャンネル

フォーカス 3週間前

発表間近! サッカーU-23日本代表、パリ五輪予想メンバー18人全選手紹介&フォーメーション。厳しいサバイバルを制すのは?

シリーズ:編集部フォーカス text by 編集部

サイドバック


【写真:Getty Images】


関根大輝(せきね・ひろき)
生年月日:2002年8月11日(21歳)
所属クラブ:柏レイソル
2024リーグ戦成績:16試合0ゴール0アシスト

 柏レイソルが誇る身長187㎝の大型右SB。2025シーズンから柏でプレーすることになっていたが、1年前倒して今季プロデビュー。ルーキーながらリーグ戦16試合に先発し主力に定着した。特徴は「サイドバックの色を少し強めた冨安健洋(アーセナル)」と説明した方が分かりやすいかもしれない。両足を遜色なく使うことができ、その高い足元の技術は静岡学園仕込み。冨安と同様に対人守備に絶対的な自信を持っており、長い足を使ったボール奪取とシュートブロックにはかなりの見応えがある。U-23アジアカップでは5試合にフル出場。パリ五輪で遂に世界に見つかってしまうかも。

半田陸(はんだ・りく)
生年月日:2002年1月1日(22歳)
所属クラブ:ガンバ大阪
2024リーグ戦成績:14試合0ゴール0アシスト

 完成度の高いクレバーな守備職人。10代の頃はCBとして起用されていたが、年齢が上がるにつれ右SBでの出場がメインになった。フィジカル、球際の強さは言わずもがな、相手選手を剥がせる突破力も兼ね備えている。6月のアメリカ遠征でも披露した通り、左SBとしても十分にプレー可能だ。今季はガンバ大阪でリーグ戦14試合に出場し、青黒の堅守を支える重要な存在の1人になっている。驚いたのが、半田がピッチに立った試合では一度も負けていないこと。パリ五輪決勝まで「不敗神話」を継続してもらいたい。

大畑歩夢(おおはた・あゆむ)
生年月日:2001年4月27日(23歳)
所属クラブ:浦和レッズ
23/24リーグ戦成績:12試合0ゴール0アシスト

 U-23アジアカップで評価を高めた攻撃的SB。豊富な運動量と的確な状況判断で攻守にわたって存在感を発揮する。小柄ながら1対1のデュエルに滅法強く、対峙するアタッカーたちを何度も苦しめてきた。そして「味方と連動したプレー」に間違いがないことも際立つ。流れに合わせて細かくポジションを修正し、絶妙なタイミングでサイドを駆け上がって攻撃に厚みをもたらすことができる。ライバルであるバングーナガンデ佳史扶(FC東京)が6月のアメリカ遠征で途中離脱したこともあって、パリ五輪では大畑が左SBを務めることになるのではないか。

1 2 3 4 5 6 7

KANZENからのお知らせ

scroll top
error: Content is protected !!