日本代表

日本代表

日本代表よ、ミャンマー代表を侮るな。「個の強い」2トップは健在、その特徴とは? 2019.09.10

日本代表は10日、2022年カタールワールドカップ・アジア二次予選の初戦でミャンマー代表と対戦する。相手は格下と見られており、森保ジャパンはアウェイとはいえ、勝ち点3を持ち帰ることがタスクだ。ただ、当然ながら油断は禁物。ミャンマーは直近の試合でモンゴルに敗れているとはいえ、近年アジアの中でも力を付け始めているチームの一つだ。そんなミャンマー代表はどのような特徴を持つのか。日本代表が警戒すべき点は?(取材・文:河治良幸【ミャンマー】)

0910minamino_getty

日本代表、南野拓実が”呆然とするしかなかった”5年前。因縁の地・ミャンマーで苦い過去を払拭へ 2019.09.10

日本代表は10日、2022年カタールワールドカップ・アジア2次予選の初戦でミャンマー代表と対戦する。一時はクラブでも代表でも苦しい時間を過ごしたが、今季はクラブですでに6得点を挙げるなど、好調を維持。期待のかかる背番号9が、重要な初戦を前に決意を語っている。(取材・文:元川悦子【ミャンマー】)

日本代表

【日本代表スタメン案】NMD解体で久保建英の起用を。左サイドバックに安西幸輝も面白い? ミャンマー戦のイレブンをFチャン編集部が厳選 2019.09.10

日本代表は10日、2022年カタールワールドカップ・アジア二次予選の初戦でミャンマー代表と対戦する。5日に行われたパラグアイ代表戦では2-0と完勝を収めた日本代表。次なる舞台はアウェイということになるが、果たして森保ジャパンはどのような戦いを見せるだろうか。

0909yoshida_getty

日本代表主将・吉田麻也が語るベテランの役割。過酷なアウェー環境で考える「理想と現実」とは? 2019.09.09

日本代表は10日にカタールワールドカップのアジア2次予選で初戦に挑む。久保建英、堂安律、冨安健洋など、20歳前後の選手が抜擢される中で、36歳の川島永嗣や、32歳の長友佑都、31歳の吉田麻也といった、過去のアジア予選を経験したベテランも選出されている。彼らがチームにもたらす影響力とはどういったものになるだろうか。(取材・文:元川悦子【ミャンマー】)

久保建英

久保建英は東南アジアのスペシャリスト。圧倒的な経験値、傑出した技術でミャンマー戦の鍵に 2019.09.08

日本代表は10日にカタールワールドカップのアジア2次予選で初戦に挑む。アウェイにに乗り込んで対戦するのはミャンマー代表。すでにその一戦に向けた調整は始まっているが、いきなり“アウェイの洗礼”を浴びた。過酷な環境をいかに乗り越えるか。その鍵は、最年少の久保建英が持っているかもしれない。(取材・文:元川悦子【ヤンゴン】)

日本代表

日本代表、もはやホームの親善試合に意味なし。明らかに手を抜く相手…早急に“強化”の見直しを 2019.09.06

日本代表は5日に行われたキリンチャレンジカップでパラグアイ代表に2-0の勝利を収めた。南米から来日した相手は、全員が揃って練習できたのが前日の1時間のみだっただけでなく、チーム全体のコンディションは惨憺たるものだった。こういった状況の繰り返しが容易に想像できる日本国内での親善試合を続けることに意味はあるのだろうか。(取材・文:舩木渉)

橋本拳人

日本代表・橋本拳人、スタメン唯一の国内組が見せた輝き。チームの心臓部は激しい定位置争いへ 2019.09.06

日本代表は5日、キリンチャレンジカップ2019でパラグアイ代表と対戦し、2-0で勝利を収めている。大迫勇也、南野拓実ら攻撃陣がしっかりと結果を残す格好となったが、その中で輝きを放ったのがスタメン唯一の国内組であった橋本拳人だ。FC東京所属のMFがアピールしたことにより、チームの心臓とも言える中盤底のポジション争いを活性化するかもしれない。(取材・文:河治良幸)

0906osako_getty

日本代表、大迫勇也は「連れてってもらう」からエースへ脱皮。快勝によぎる4年前の残像 2019.09.06

キリンチャレンジカップ2019の日本代表対パラグアイ代表戦が5日に行われ、日本が2-0で勝利を収めた。この日、代表44試合目の出場で15得点目となった大迫勇也のゴールが、日本代表の先制点となった。しかし、快勝してなお、カタールワールドカップに向けて必要不可欠なエースは、来るアジア2次予選に向けてチームの課題に警鐘を鳴らした。(取材・文:元川悦子【鹿嶋】)

0906nakajima_getty

中島翔哉は日本代表のメッシ・ロール。個に依存した攻撃、「奪って運ぶ」課題は残されたまま【西部の目】 2019.09.06

キリンチャレンジカップ2019の日本代表対パラグアイ代表戦が5日に行われ、日本が2-0で勝利を収めた。大迫勇也、南野拓実、堂安律、中島翔哉の前線4人が揃い踏みした前半は、2点をあげて結果を残したが、彼らが退いた後半は攻撃が停滞。依然として前線の個に頼る課題は残されたままだ。(文:西部謙司)

日本代表

英国人が見たパラグアイ戦。久保建英は「注目されすぎ」「キリンカップはそんなもん」 2019.09.05

日本代表は5日、キリンチャレンジカップ2019でパラグアイ代表と対戦し、2-0で勝利を収めた。この試合中、現地で試合を取材し、日本サッカーに精通するイングランド人ライターのショーン・キャロル氏に随時話を聞いた。(語り手:ショーン・キャロル)

日本代表

パラグアイ戦、相手の堅守を破壊。半端ない大迫を最高評価に! 右サイドは久保建英の時代か?【日本代表どこよりも早い採点】 2019.09.05

日本代表は5日、キリンチャレンジカップ2019でパラグアイ代表と対戦して2-0で勝利。この試合で森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

日本代表

日本対パラグアイ、華麗なパス回しから2発! 大迫勇也&南野拓実のゴールで2-0勝利 2019.09.05

日本代表は5日、キリンチャレンジカップ2019でパラグアイ代表と対戦した。

安西幸輝

日本代表は安西幸輝を使うべき。パラグアイ戦の意義、戦力拡充の重要な機会に 2019.09.05

日本代表は5日、キリンチャレンジカップでパラグアイ代表と対戦する。カタールワールドカップのアジア2次予選を直後に控えるタイミングで、南米のチーム相手の親善試合を戦う意味とは。そして試合に勝つだけでなく今後の戦いを見据える上で、試しておきたいオプションとは。(取材・文:舩木渉)

0905osako_japan_getty

だからこそ、大迫勇也が日本代表をけん引しなければいけない。エースが口にした明確な目標とは? 2019.09.05

日本代表FW大迫勇也は、所属するブレーメンではリーグ戦3試合で3得点と好調を維持している。3年後に控えるカタールワールドカップに向けて、29歳のエースは、「中心選手としての責任感」を抱きながら、いよいよ始まるアジア2次予選に臨む。(取材・文:元川悦子【鹿嶋】)

日本代表

【日本代表スタメン案】南野拓実と久保建英の2シャドーを推す。平均年齢22.6歳のDFラインもあり? パラグアイ戦のイレブンをFチャン編集部が厳選 2019.09.05

日本代表は5日、キリンチャレンジカップ2019でパラグアイ代表と対戦する。コパ・アメリカ2019(南米選手権)後、初となる代表戦。2022年カタールワールドカップ・アジア二次予選を控えた中、内容と結果の両方でポジティブな要素を残したいところだが、森保ジャパンはどのような戦いを見せるだろうか。

新着記事

FChan TV

↑top