日本代表

日本代表

伊名将の腹心が日本代表を徹底解剖。トルクメニスタン戦で見つかった課題とは?【敏腕分析官の眼】 2019.01.12

日本代表は昨年のロシアワールドカップを終えて以降、森保一監督の下で新たなチーム作りを進めてきた。そして迎える初めての公式戦はアジアカップ。大陸王座奪還に向けてサムライブルーの強みと弱みはどこにあるのだろうか。イタリアの名将ロベルト・ドナドーニ氏の下で映像分析のスペシャリストとして働くアルベルト・ナビウッツィ氏が9日のグループリーグ初戦・トルクメニスタン戦を詳細に分析し、日本代表を丸裸にする。(分析・文:アルベルト・ナビウッツィ【YouCoach/イタリア】)

乾貴士

乾貴士は日本代表の起爆剤となれるか。ロシアW杯とは異なる意識、重要な新10番の起用法 2019.01.11

日本代表は現地時間13日、AFCアジアカップ・グループリーグ第2節でオマーン代表と対戦する。初戦となったトルクメニスタン戦で苦戦を強いられた森保J。2戦目は結果はもちろん、内容も問われる一戦となりそうだ。そんな重要な一戦で勝利のカギを握るのは新10番・乾貴士なのかもしれない。ロシアW杯戦士のその起用法とは。(取材・文:元川悦子【UAE】)

日本代表

森保Jが露呈したカウンターへの脆弱性。必然の2失点…今こそ守備組織整備の時 2019.01.10

日本代表は9日、アジアカップのグループリーグ初戦でトルクメニスタン代表と対戦し3-2で勝利を収めた。まさに「辛勝」と表現できる内容。FIFAランキングで127位の相手は、日本の守備の脆弱な部分を正確に見抜いて狙ってきた。必然だった2失点から大苦戦の要因を読み解く。(取材・文:舩木渉【UAE】)

日本代表

日本代表、勝利のきっかけとなった乾から原口への助言。3得点はいかにして生まれたのか? 2019.01.10

現地時間9日、日本代表はAFCアジアカップ・グループリーグ第1節でトルクメニスタン代表と対戦し、3-2で勝利を収めた。前半に1点ビハインドを背負うなど苦戦を強いられた森保Jだったが、後半の修正が実を結び、なんとか勝ち点3を奪った。ラスト45分間、日本はいかにして3得点を奪ったのだろうか。(取材・文:河治良幸【UAE】)

190110_daihyo2_getty

日本代表、「最悪の前半」はなぜ起こったのか? 再現された8年前の悪夢と「何か起きる予感」 2019.01.10

日本代表は9日、AFCアジアカップ・グループステージ第1節でトルクメニスタン代表と対戦。3-2と逆転での白星発進となったが、0-1で終えた前半の45分間は最悪な展開といえるものだった。これまで順調だった森保ジャパンに何が起こったのか。その要因を探る。(取材・文:元川悦子【UAE】)

190110_daihyo3_getty

日本代表、苦戦を招いた6つの要因。反省点ばかりの初戦、“自作自演”の逆転勝利【西部の目】 2019.01.10

日本代表は9日、AFCアジアカップ・グループリーグ第1節でトルクメニスタン代表と対戦した。最終的に3-2と勝利したものの、先制を許す展開を強いられている。特に前半は低調だった。(取材・文:西部謙司【UAE】)

日本代表

英国人が見たトルクメニスタン戦「堂安弾、他の日本人ならシュートすら打ってない!」「MVPはやっぱり大迫」 2019.01.10

日本代表は現地時間9日、AFCアジアカップ2019・グループリーグ第1節でトルクメニスタン代表と対戦し、3-2の勝利を収めた。この試合中、現地UAEで試合を取材し、日本サッカーに精通するイングランド人ライターのショーン・キャロル氏に随時話を聞いた。(語り手:ショーン・キャロル)

日本代表

トルクメニスタン戦、不甲斐ない前半に大きな課題。白星発進もアジアの怖さ痛感【どこよりも早い採点】 2019.01.09

1月9日、日本対トルクメニスタンの一戦が行われ3-2で勝利。森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

大迫勇也

日本、下克上は何とか許さず! 127位トルクメニスタンに冷や汗も…逆転白星発進 2019.01.09

日本代表は9日、AFCアジアカップ2019・グループステージ第1節でトルクメニスタン代表と対戦した。

大迫勇也

「優勝できる自信? もちろん」。大迫が見せたエースの自覚。トルクメニスタン戦、カギ握るのは? 2019.01.09

日本代表は9日、アジアカップのグループリーグ初戦でトルクメニスタン代表と対戦する。FW大迫勇也はセンターFWとして不可欠といえる存在であり、本人もその自覚を見せている。しかし、負傷の影響もあり万全の状態とは言い切れない。北川航也と武藤嘉紀の起用法も重要となる。(取材・文:元川悦子【UAE】)

堂安律

NMD崩壊…重圧を楽しむ堂安律が示すべきもの。アジア制覇なくして日本代表に未来なし 2019.01.09

日本代表は9日、アジアカップのグループリーグ初戦でトルクメニスタン代表と対戦する。大会開幕前から離脱者が相次ぎ、チーム事情や体調不良などもあって23人全員が揃ったのは初戦の3日前だった。それでも勝たなければいけないのがアジアの戦い。優勝できなければサムライブルーに未来はない。(取材・文:舩木渉【UAE】)

20190109_turkmenistan_getty

日本代表、トルクメニスタンは未知との遭遇。波乱含みのアジア杯、初戦の怖さと攻略法は? 2019.01.09

日本代表は9日、アジアカップのグループリーグ初戦でトルクメニスタン代表と対戦する。事前情報の極めて少ない相手になるが、FIFAランキングで格下だからと甘く見てはならない。中央アジアのミステリアスな怖さを秘めたチームをいかに攻略していくべきか。どこよりも詳細に読み解く。(取材・文:河治良幸【UAE】)

gen

【トルクメニスタン戦スタメン案】“中島の代役”よりも注目。最大の懸念を払拭する起用を。日本代表のイレブンをFチャン編集部が厳選 2019.01.09

日本代表は9日、AFCアジアカップ2019でトルクメニスタン代表と対戦する。ロシアワールドカップ後に森保一監督体制がスタート。5試合を戦い4勝1分という成績で2018年を終えた。上り調子のまま、森保ジャパンは初の公式大会であるアジアカップに臨むこととなる。2大会ぶりの優勝を果たす上で、初戦は結果が求められる。

181114_minamino_getty

南野拓実よ、新たな歴史の創造主となれ。NMD崩壊で決意…今こそ必要な“帝王”の覇気 2019.01.08

日本代表は7日もアブダビで練習を行った。アジアカップのグループリーグ初戦まであと2日。大会開幕から優勝候補の強豪たちが格下と見られる相手に苦しめられる中、サムライブルーが同じ流れに巻き込まれてはいけない。そこで必要なのは、ゴールを決めるべき人が決めること。南野拓実にはその期待がかかる。(取材・文:元川悦子【UAE】)

日本代表

日本代表、イタリア名将の腹心が徹底分析。森保ジャパンはどう攻撃し、どこに弱点があるのか?【敏腕分析官の眼】 2019.01.08

日本代表は昨年のロシアワールドカップを終えて以降、森保一監督の下で新たなチーム作りを進めてきた。そして迎える初めての公式戦はアジアカップ。大陸王座奪還に向けてサムライブルーの強みと弱みはどこにあるのだろうか。イタリアの名将ロベルト・ドナドーニ氏の下で映像分析のスペシャリストとして働くアルベルト・ナビウッツィ氏が昨年9月以降の複数の試合を詳細に分析し、日本代表を丸裸にする。(分析・文:アルベルト・ナビウッツィ【YouCoach/イタリア】)

新着記事

FChan TV

↑top