フットボールチャンネル

日本代表 2週間前

サッカー日本代表、中村敬斗は「ギラギラしている」。アジア杯での屈辱をバネに、WBで意識したプレーとは?【現地発コラム】

シリーズ:コラム text by 元川悦子 photo by Getty Images

サッカー日本代表 最新ニュース

サッカー日本代表は6日、FIFAワールドカップ26アジア2次予選 兼 AFCアジアカップサウジアラビア2027予選・グループリーグB組第5節でミャンマー代表と対戦し、5-0で大勝している。この試合で勝利の立役者となったのが、2ゴールを挙げた中村敬斗だった。WBで出場した同選手は、屈辱を味わったアジア杯を経てあるプレーを意識していた。(取材・文:元川悦子【ミャンマー】)

▽著者プロフィール:元川悦子

1967年、長野県生まれ。94年からサッカー取材に携わり、ワールドカップは94年アメリカ大会から2014年ブラジル大会まで6回連続で現地に赴いた。「足で稼ぐ取材」がモットーで、日本代表は練習からコンスタントに追っている。著書に『U-22』(小学館)、『黄金世代』(スキージャーナル)、「いじらない育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」(NHK出版)、『僕らがサッカーボーイズだった頃』シリーズ(カンゼン)などがある。

「アジアカップで感じた『タテ突破の壁』を…」

中村敬斗
【写真:Getty Images】

 4バックと3バックを臨機応変に可変させながら、「攻撃的3バック」という新オプションを作ることに挑んでいる今回の日本代表。6月6日のFIFAワールドカップ26アジア2次予選・ミャンマー戦(ヤンゴン・トゥウンナ・スタジアム)は重要なチャレンジの場となった。

日本代表はDAZNで観よう!
通常より1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


 雨季真っ只中の現地はこの日も雨が降ったり止んだりのあいにくの天気。試合開始の18時40分時点で雨は止んでいたが、気温28度・湿度80%超とピッチに立っているだけで暑さが絡みつくような状況だった。

 そんな中、森保一監督が送り出したのは、代表3試合目の1トップ・小川航基や昨年11月以来の復帰となった鎌田大地らフレッシュなメンバー。基本布陣は頭から3−4−2−1で、左ウイングバック(WB)には中村敬斗が入った。

 昨年3月の第2次・森保ジャパン発足時から代表に名を連ね、A代表定着を果たしている中村。だが、1〜2月のAFCアジアカップカタール2024では肝心な準々決勝・イラク戦で前田大然に先発の座を奪われ、出番を得られないまま、自身初のビッグトーナメントが終わるという屈辱を味わった。

「バーレーン戦が個人的によくなくて、スタメンを外れたのは仕方ないと思った。三笘(薫)選手がケガから帰ってきたので途中から流れを変える役割を担うことは分かっていたし、イラン戦に出れなかったことは悲観はしていないけど、もっと成長しないといけないと強く思いましたね」と本人も厳しい表情で述懐する。

 その後、スタッド・ランスに戻ったが、定位置確保に時間がかかり、コンスタントな先発出場は4月中旬以降までズレ込んだ。

「アジアカップで感じた『タテ突破の壁』をフランスでこの半年はすごく意識しました。1対1、個の強いリーグだし、仕掛ける環境に身を置けているので、そこで磨いた『持ったら仕掛ける』という部分を代表で出したかった」と中村は目の色を変えてこの一戦に臨んだのである。

1 2 3 4

KANZENからのお知らせ

scroll top