元川悦子

1967年、長野県生まれ。94年からサッカー取材に携わり、ワールドカップは94年アメリカ大会から2014年ブラジル大会まで6回連続で現地に赴いた。「足で稼ぐ取材」がモットーで、日本代表は練習からコンスタントに追っている。著書に『U-22』(小学館)、『黄金世代』(スキージャーナル)、「いじらない育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」(NHK出版)、『僕らがサッカーボーイズだった頃』シリーズ(カンゼン)などがある。

1117_asano_ideguchi_getty

日本代表、W杯落選の地獄から這い上がれ! 完全復活ののろしを上げる男たち

日本代表は19日、キリンチャレンジカップ2019でベネズエラ代表と対戦する。14日の2022年カタールワールドカップ・アジア2次予選・キルギス戦からは9選手が変更。南野拓実、吉田麻也ら主力選手が欧州へと戻った中で、前回大会で日本代表をワールドカップへと導いた浅野拓磨と井手口陽介に注目したい。(取材・文:元川悦子)

1115Nagatomo_getty

長友佑都はなぜ格下国にまで狙い撃ちされたのか…? ベテラン日本代表が直視すべき現実とは

日本代表は14日、2022年カタールワールドカップ・アジア2次予選の第4節でキルギス代表と敵地で対戦。2-0で勝利を収めたものの、DF長友佑都の左サイドから攻め込まれるシーンが度々見られた。日本代表が露呈した弱点と、そこから生まれた教訓とは?(取材・文:元川悦子【キルギス】)

柴崎岳

日本代表、最大の不安は…? 柴崎岳が追い込まれる深刻な立場、苦境を跳ね返さなければ…

日本代表は14日、2022年カタールワールドカップ・アジア2次予選の第4戦でキルギス代表と対戦する。グループリーグ4連勝を狙う森保ジャパンだが、ボランチ陣の状態は不安要素だ。中でもMF柴崎岳の現状は深刻。所属クラブでもここ最近は出場することができておらず、厳しい立場に置かれている。だからこそ、背番号7はこの試合で力を示さなければならない。(取材・文:元川悦子【キルギス】)

1113Nakajima_getty

中島翔哉は日本代表の10番に相応しい存在か。ポルトでの厳しい扱いとエースナンバーの行方

日本代表は14日に2022年カタールワールドカップ・アジア2次予選・キルギス戦を戦う。日本代表で背番号10を背負う中島翔哉は、所属するポルトで思うような出場機会を得られておらず、コンディション面では不安を抱える。キルギス戦は今後も中島が10番を背負うことができるかのターニングポイントになりそうだ。(取材・文:元川悦子【キルギス】)

1112Kubo_getty

日本代表、久保建英ら不在はピンチかチャンスか。大きく変わる攻撃陣、その人選は?

日本代表は14日に2022年カタールワールドカップ・アジア2次予選・キルギス戦を戦う。久保建英、堂安律らがU-22日本代表に招集されたため、これまでとは異なるメンバー構成となることが予想される。33歳の長友佑都は「若ければ若いほど背負っている爆弾は大きい」と神妙な面持ちで語る。(取材・文:元川悦子【キルギス】)

前田大然

前田大然はなぜマリティモで活躍できるのか? 現地で直撃、東京五輪への狭き門を突破するために【欧州組の現在地(6)】

今シーズン、欧州各国リーグでは多くの日本人選手がプレーする。若手からベテランまで、様々な思いを胸に挑戦する選手たちについて、日本代表を長く取材する熟練記者がレポートする。第6回はマリティモのFW前田大然。(取材・文:元川悦子【ポルトガル】)

1105ItoJunya1_getty

伊東純也がリバプール戦で痛感した「意識」の違いとは? ベルギーで感じる焦りと手応え【欧州組の現在地(5)】

今シーズン、欧州各国リーグでは多くの日本人選手がプレーする。若手からベテランまで、様々な思いを胸に挑戦する選手たちの現在地について、日本代表を長く取材する熟練記者がレポートする。第5回はヘンクのMF伊東純也。(取材・文:元川悦子【ヘンク】)

1101Ueda1_getty

植田直通が遂げる「頭と技術を駆使する」DFへの変貌。ベルギーで学ぶ「ちょっとした技術や工夫」【欧州組の現在地(4)】

今シーズン、欧州各国リーグでは多くの日本人選手がプレーする。若手からベテランまで、様々な思いを胸に挑戦する選手たちの現在地について、日本代表を長く取材する熟練記者がレポートする。第4回はセルクル・ブルージュのDF植田直通。(取材・文:元川悦子【ブルージュ】)

堂安律

堂安律はPSVの救世主になるチャンスをふいにした。現地で直撃。大敗で感じた乗り越えるべき壁【欧州組の現在地(3)】

今シーズン、欧州各国リーグでは多くの日本人選手がプレーする。若手からベテランまで、様々な思いを胸に挑戦する選手たちの現在地について、日本代表を長く取材する熟練記者がレポートする。第3回はPSVのMF堂安律。(取材・文:元川悦子【アイントホーフェン】)

1030kamada1_getty

鎌田大地が劇的成長を遂げる理由とは? 現地で直撃「自分は上に行ける」。自らに感じる可能性【欧州組の現在地(2)】

今シーズン、欧州各国リーグでは多くの日本人選手がプレーする。若手からベテランまで、様々な思いを胸に挑戦する選手たちの現在地について、日本代表を長く取材する熟練記者がレポートする。第2回はフランクフルトのMF鎌田大地。(取材・文:元川悦子)

1030hasebe1_getty

長谷部誠はまるで衰えない。現地で直撃。日本代表引退から1年3カ月、欧州最高峰で躍動する35歳【欧州組の現在地(1)】

今シーズン、欧州各国リーグでは多くの日本人選手がプレーする。若手からベテランまで、様々な思いを胸に挑戦する選手たちの現在地について、日本代表を長く取材する熟練記者がレポートする。第1回はフランクフルトのDF長谷部誠。(取材・文:元川悦子)

20190910_moriyasu_tnk

日本代表に課される命題は? タジキスタンにも苦戦…顕在化されるメンバー固定の弊害

日本代表は15日のタジキスタン戦で勝利を収め、カタールワールドカップ・アジア2次予選で3連勝を飾った。それでも、この試合では前半無得点と苦しめられ、ピンチも招いた。日本より格下の相手が徹底分析して日本代表戦に臨んでくる中で、メンバー固定の弊害が少しずつ顕著になってきている。(文:元川悦子)

20190905_kubo4_tnk

久保建英は日本代表に何をもたらすのか。熾烈を極める2列目の競争、試金石となるタジキスタン戦

日本代表は現地15日にタジキスタン代表と対戦する。10日のモンゴル戦では出場機会がなかった久保建英は、この試合でどのような活躍を見せるのだろうか。今回選出されたメンバー以外にも、久保建英のライバルは多い。タジキスタン戦の活躍が今後の試金石になるかもしれない。(文:元川悦子)

1014kubo_getty

久保建英、18歳で直面する2つの課題。中村俊輔や香川真司も経験した高いハードル

10日のモンゴル戦では、先発した伊東純也が3アシストをマークし、これまでレギュラーとして活躍してきた堂安律、久保建英が争う右サイドのポジション争いはさらに熾烈を極めることとなった。18歳の久保建英が飛躍の階段を上がるための課題はどこにあるのだろうか。(文:元川悦子)

久保建英

久保建英が見せるべき「伝家の宝刀」とは? 伊東純也の台頭で競争激化。18歳がやるべきこと

サッカー日本代表は10日、カタールワールドカップ(W杯)アジア2次予選第2戦でモンゴルに6-0と勝利した。この試合で右サイドに入った伊東純也が3アシストを記録する活躍でポジション争いは激化の様相を呈した。久保建英は厳しい立場になりつつあるが、自らの力を示すことはできるか。(文:元川悦子)

新着記事

↑top