フットボールチャンネル

日本代表 3週間前

藤田譲瑠チマは「ウザいほど…」。サッカーU-23日本代表を救う「10年以上の絆」「それが僕らのストロング」【コラム】

シリーズ:コラム text by 元川悦子 photo by Getty Images

年代別サッカー日本代表 最新ニュース

 サッカーU-23日本代表は25日、国際親善試合でU-23ウクライナ代表と対戦し、2-0で勝利を収めた。発足時からチームを支え続けてきた2人の大黒柱、山本理仁と藤田譲瑠チマは、チームの現状を冷静に見つめながら、4月に控えるパリ五輪アジア最終予選での活躍を誓う。(取材・文:元川悦子)


荒木遼太郎&松木玖生がU-23日本代表にもたらすもの

U-23日本代表の藤田譲瑠チマ
【写真:Getty Images】

「今、やっておかないといけないのは『勝つこと』。マリ戦は『自分たちがやってやる』といった気持ちがいつもの試合に比べて少なかった。そういう気持ちをチーム全体としてどんどん出さないといけない、少しエゴを出してもいい」

日本代表はDAZNで観よう!
通常より1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


 中盤の要・藤田譲瑠チマがこう語気を強めていたように、大岩剛監督率いるU-23日本代表にとって、25日のU-23ウクライナ代表戦は絶対に白星が必要な一戦だった。U-23マリ代表に1-3で完敗し、4月のパリ五輪アジア最終予選(AFC U-23アジアカップカタール2024)を前に暗雲が立ち込めた雰囲気を一掃するためにも、やはり勝利という結果が何よりも重要だったからだ。

 指揮官が送り出したのは、藤田や松木玖生ら主軸と最終予選滑り込みを狙う好調の荒木遼太郎、染野唯月らを組み合わせた陣容。特にポイントとなったのが、荒木をインサイドハーフ(IH)の一角に置いた中盤の関係性だ。
 

「玖生はチームでやっている時も結構、落ちながらプレーしてくれるんで、そこで今回も落ちてくれるかなと。自分は高い位置取りながらやろうと思いました」と荒木が言うように、彼は染野と縦関係の2トップに近いポジションでプレー。松木と藤田が2ボランチ気味で立って、攻守のバランスを保とうとした。

 こうした意識がプラスに働き、日本は前半から連動性の高いハイプレスを見せ、次々とボールを奪取。2年ぶりに代表復帰した荒木がたびたびビッグチャンスを迎えた。これが入っていたら理想的な展開だったのが、枠を越えていったのは悔やまれた。ただ、藤田も荒木加入効果を前向きに評している。

1 2 3 4

KANZENからのお知らせ

scroll top