フットボールチャンネル

Jリーグ 2か月前

「すごく腹立たしい」鹿島アントラーズ、屈辱的な連敗の理由。相手から「キツそうだった」と言われてしまう現状【コラム】

シリーズ:コラム text by 元川悦子 photo by Getty Images

Jリーグ 最新ニュース

明治安田J1リーグ第7節、FC東京対鹿島アントラーズが7日に国立競技場で行われた。連敗を避けたい鹿島だったが、ミスが目立つなど立ち上がりから流れを作れず、後半に入り2点を失って0-2の完敗を喫している。一体なぜ、屈辱的な連敗という結果になってしまったのだろうか。(取材・文:元川悦子)


「鹿島はキツそうだった」

明治安田J1リーグ第7節、FC東京戦に敗れた鹿島アントラーズ
【写真:Getty Images】

 3月の代表ウィークが終わり、3月29日から4月7日にかけて3連戦となった2024明治安田J1リーグ。A代表とU-23日本代表に選手派遣をしなかった鹿島アントラーズは2週間じっくりと調整でき、今季就任したランコ・ポポヴィッチ監督の目指すゴールに直結したサッカーを突き詰められたはずだった。

JリーグはDAZNが全試合独占配信!
通常より1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


 鈴木優磨のPK 1本で1-0と勝利した3月30日のジュビロ磐田戦では成果の一端は見られたものの、続く4月3日のアビスパ福岡戦は0-1と完敗。指揮官も「あれだけイージーなパスミスが出るのは技術・メンタルの両方がいい状態ではなかった」と苦言を呈した。

 悲願のJ1タイトル奪還を目指すなら、リーグ戦連敗は許されない。しかも7日のFC東京戦は5万人超の大観衆が集まる東京・国立競技場での一戦。そこで勝ち点3を手にし、鹿島らしい強さと老獪さを示す必要があった。

 今回、ポポヴィッチ監督がスタメンに抜擢したのはトップ下の樋口雄太と左ワイドの仲間隼斗。チャヴリッチは右ワイドに配置した。ただ、3試合を通して見ると、変化を加えたのは2列目の組み合わせだけ。最前線の鈴木優磨とボランチより後ろは全て同じで、選手たちの疲労が気がかりだった。

 案の定、この日の鹿島はスタートから疲れが見て取れた。相手ボランチの高宇洋も「鹿島は疲れていてキツそうだった」と言う。佐野海舟と知念慶の両ボランチを軸にボールを奪って速く攻めようという姿勢は感じられたが、ミスパスが目立ち、逆襲を食らう場面が散見された。

1 2 3 4

KANZENからのお知らせ

scroll top