J1

浦和レッズ

【英国人の視点】浦和、ACL制覇なら低迷は帳消し? 「100年後も語り継がれる」チームになるために

優勝候補に挙げられながら低調な戦いに終始し、ミハイロ・ペトロビッチ監督は解任。浦和レッズは大きな転機を迎えている。それでもアジアを制すれば、すべてが帳消し。選手たちの名前はクラブの歴史に刻まれる。10年前のACL制覇を経験した歴戦の勇士たちは、アジアの頂点を極めるために必要なことを知っている。(取材・文:ショーン・キャロル)

チャナティップ

札幌MFチャナティップに漂う大ブレイクの予感。タイの英雄が秘めるピッチ内外の影響力

この夏、北海道コンサドーレ札幌に加入したタイ代表MFチャナティップ・ソングラシン。東南アジアの強豪ムアントン・ユナイテッドやタイ代表で絶対的な地位を築いていたアタッカーは、さらなる成長を望んで日本の地を踏んだ。そしてすぐさま周囲の信頼をつかみ、可能性を感じさせるプレーを連発している。(取材・文:舩木渉、協力:本多辰成)

セレッソ大阪戦で同点弾をアシストしたジュビロ磐田のMF中村俊輔

磐田・中村俊輔、主役であり黒子に。稀代の名手がジュビロの仲間と進める歩み

8月19日、明治安田生命J1リーグ第23節が開催され、ジュビロ磐田はセレッソ大阪との試合を1-1の引き分けで終えた。先制点を許す展開となったが、86分に中村俊輔がショートコーナーから川又堅碁の同点弾を演出。名波ジュビロ加入から7ヶ月、周囲との連係を磨き上げたサックスブルーの背番号10がまばゆい輝きを放っている。(取材・文:青木務)

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top