フットボールチャンネル

フォーカス 1か月前

鹿島アントラーズじゃなければ…? 他クラブなら主力になれそうな選手5人。確かな能力を持つ控えたち

シリーズ:他クラブなら主力になれそうな選手5人 text by 編集部 photo by Getty Images

Jリーグ 最新ニュース

 J1リーグで最多の優勝回数8回を誇る名門・鹿島アントラーズは、分厚い選手層を誇っている。それだけに、ピッチ上に立つ11人に選ばれることは簡単ではない。今回は、鹿島以外のクラブであれば、主力としてプレーしていても不思議ではない能力を持った選手を紹介する。※各データは4月26日時点。


GK:山田大樹

鹿島アントラーズの山田大樹
【写真:Getty Images】

生年月日:2002年1月8日(22歳)
2024リーグ成績:出場なし

JリーグはDAZNが全試合独占配信!
通常より1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]

 鹿島アントラーズの育成組織で育った山田大樹は、2017年のU-15日本代表招集を皮切りに、各世代別代表を経験してきた有望なGKで、2020年にトップチームに昇格した。

 しかし、1つしかないGKのポジションを獲得するのは簡単ではなく、プロ1年目に沖悠哉のコンディションの問題でデビューする機会があったものの、翌2021シーズンからはカップ戦を含めて出番なし。4番手GKという扱いが続いた。

 そこで、2023シーズンはファジアーノ岡山に期限付き移籍で加わって経験を積もうとしたが、シーズン序盤にミスが続いたこともあってポジション争いに敗れてしまい、J2出場は7試合にとどまった。鹿島に戻ってきた今季も、レギュラーのGKは早川友基で、ここまで出番がない状況が続いている。

 プロとしての経験は浅い山田だが、現在はU-23アジアカップを戦っているU-23日本代表メンバーに招集されている。小久保玲央ブライアンと野澤大志ブランドンに次ぐ第3GKという扱いだが、3月シリーズに呼ばれていなかったことを考えると、サプライズ招集と言えるだろう。

 山田は、190cmの長身を武器としたハイボールの処理に安定感があり、このポイントだけでも十分に欲しがるクラブはいそうなもの。ポテンシャルは高く評価されているだけに、経験を積める舞台を見つけた方が自身の成長につながるかもしれない。

1 2 3 4 5

KANZENからのお知らせ

scroll top