フットボールチャンネル

Jリーグ 1か月前

大当たり補強!? J2リーグ、スタートダッシュ成功の新戦力6人。いきなり大活躍の新人は?

シリーズ:編集部フォーカス text by 編集部 photo by Getty Images

Jリーグ 最新ニュース

明治安田J2リーグの2024シーズンが開幕しておよそ2カ月が経過した。好スタートを切ったクラブは、新戦力のフィットも重要なポイントになっている。今回は、今季のJ2で好発進した新加入選手をピックアップして紹介する。※情報は4月24日時点。スタッツはJリーグ公式を参照。


GK:藤田和輝


【写真:Getty Images】

生年月日:2001年2月19日(23歳)
所属クラブ:ジェフユナイテッド千葉(レンタル移籍)
今季リーグ戦成績:8試合(クリーンシート3回)

JリーグはDAZNが全試合独占配信!
通常より1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]

 J1昇格を狙うジェフユナイテッド千葉において、GK藤田和輝は欠かせない存在だ。

 現在23歳の藤田は、アルビレックス新潟の下部組織出身。2019年に新潟でトップチーム昇格を果たし、出場機会を求めて2022シーズンから昨季まで栃木SCへレンタル移籍していた。栃木での1年目はなかなか結果を残すことができなかったが、2年目となる昨季はレギュラーの座を掴んでリーグ戦32試合に出場。この活躍が認められて、シーズン終盤にはU-22日本代表の正GKとしてアジア大会を戦っている。今季からは、レンタル移籍先をジェフユナイテッド千葉へ移し、ここまでリーグ戦8試合に出場中だ。

 藤田の強みは、並外れた反応速度にある。ミドルレンジのシュートだけでなく、至近距離からのシュートにも抜群の反応を見せ、スーパーセーブを連発。今季はPKストップでチームを救う試合もあった。また、足元の技術にも定評があり、両足から高精度のフィードを供給することが可能だ。小林慶行監督が志向するサッカーにこの上なく適した、モダンなGKだと言えるだろう。加入から数試合でチームへの適応を見せ、頼れる守護神として安定感のあるパフォーマンスを披露し続けている。

 千葉は現在リーグ12位。先日行われた第11節ブラウブリッツ秋田戦は、勝てばJ1昇格プレーオフ圏内に入る可能性があったが、試合終盤に立て続けに失点して1-2の敗戦を喫してしまった。最悪の負け方となったが、それでも藤田はリーグ優勝を諦めていない。自身のInstagramの投稿で「僕はこのチームで本気で優勝したいと思っています」と優勝への強い想いを示し、前を向いている。

1 2 3 4 5 6

KANZENからのお知らせ

scroll top