フットボールチャンネル

Jリーグ 1か月前

「本当に厳しい言葉を…」FC町田ゼルビア、昌子源の「声」がもたらす刺激。偉大な“2人の主将”に追いつくために【コラム】

シリーズ:コラム text by 元川悦子 photo by Getty Images

Jリーグ 最新ニュース

明治安田J1リーグ第9節、FC東京対FC町田ゼルビアが21日に行われた。連敗を避けなければいけない状況で迎えたこの一戦で町田は、相手に攻め込まれる時間帯もあったものの耐え抜き、敵地で2-1の勝利を奪っている。首位に返り咲く上で、主将・昌子源の存在は重要なものとなった。(取材・文:元川悦子)


「常に『自分が出ていたら…』と思っている」

FC町田ゼルビア
【写真:Getty Images】

 今季J1初参戦ながら、開幕から快進撃を見せ、首位を走ってきたFC町田ゼルビア。青森山田高校からJリーグに転身して2年目の黒田剛監督が徹底追求してきた「勝負の際(キワ)の部分」へのこだわりは凄まじく、鹿島アントラーズや川崎フロンターレといった幾度となくタイトルを経験してきたクラブも撃破している。

JリーグはDAZNが全試合独占配信!
通常より1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


 だが、似たスタイルを追求する昨季王者・ヴィッセル神戸戦と対峙した4月13日の第8節は惜しくも1−2で敗戦。首位陥落を余儀なくされ、チーム立て直しが求められていた。

 こうした中、町田は17日のYBCルヴァンカップ・ギラヴァンツ北九州戦を消化。指揮官はここまで出番の少なかった面々を主に起用し、戦力底上げを図ると同時に2−1で勝利。キャプテン・昌子源も久しぶりの先発フル出場を果たし、チームの機運を高めようと試みた。

「神戸戦は残念ながらピッチに立てなくて、敗戦を見届けることになって悔しかった。『自分が出てたら、もしかしたら…』っていうのは常に思ってるので。その中で、ルヴァンでチャンスもらった。キャンプでは僕とイボ(ドレシェヴィッチ)がずっと出てたんですけど、監督からは『キャンプの時のように絶対的な存在感をまずしっかり見せてほしい。若い選手や普段試合に出てない選手中心で行くけど、そこでしっかりリーダーシップ張ってくれ』と言っていただいて、自分でもそこに集中したんです」と本人も言う。

 そのパフォーマンスを黒田監督も高く評価。21日のJ1・FC東京戦で昌子や谷晃生、宇野禅斗、望月ヘンリー海輝、高橋大悟といった面々をスタメンに抜擢。新たな戦力にチーム活性化と勝利という結果を託したのだ。

1 2 3 4

KANZENからのお知らせ

scroll top