フットボールチャンネル

Jリーグ 1か月前

「満足してんじゃねえぞと…」名古屋グランパス、稲垣祥に訪れた苦境。「自覚している」2失点関与に何を思ったのか【コラム】

シリーズ:コラム text by 元川悦子 photo by Getty Images

Jリーグ 最新ニュース

明治安田J1リーグ第10節、浦和レッズ対名古屋グランパスが28日に行われた。6戦無敗でこの試合を迎えた名古屋は、上位陣にプレッシャーをかけたかったところだが、1-2で敗れている。その2失点に絡んでしまったのが、この日がJ1通算300試合目の出場だった主将・稲垣祥。節目のゲームでのプレーに、何を思ったのだろうか。(取材・文:元川悦子)


名古屋グランパスは優勝争いに参戦したかったが…

名古屋グランパスMF稲垣祥と浦和レッズFWチアゴ・サンタナ
【写真:Getty Images】

 2024年の大型連休に突入し、明治安田J1リーグも節目の第10節を迎えた。前節に首位奪還を果たしたFC町田ゼルビアがジュビロ磐田に敗れ、セレッソ大阪、サンフレッチェ広島もドローに終わる中、6戦無敗で5位につけていた名古屋グランパスとしては上位陣に肩を並べるビッグチャンス。4月28日のアウェイ・浦和レッズ戦を制して、優勝争い参戦を果たしたかった。

JリーグはDAZNが全試合独占配信!
通常より1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


 キャスパー・ユンカー、山岸祐也、酒井宣福らFW陣に、左サイドの山中亮輔と負傷者が相次ぎ、守備の要であるハ・チャンレも出場停止と厳しい状況に見舞われた長谷川健太監督。だが、今回は24日のYBCルヴァンカップ・大宮アルディージャ戦でいい働きを見せた中山克広や大卒新人・倍井謙らをスタメン起用し、攻撃の活性化を図った。

 そんなチームを統率するのが、ボランチの稲垣祥だ。2014年に日本体育大学からヴァンフォーレ甲府入りし、プロキャリアをスタートさせてから、この日でJ1・300試合目。節目の一戦を白星で飾るとともに、自らの存在感をしっかりと示したかったはずだ。米本拓司との30代ボランチコンビの安定感はJ1随一とも言われるだけに、浦和のボール回しを確実に封じたかった。

 序盤の名古屋は主導権を握り、押し込む展開に持ち込むことができた。

1 2 3 4

KANZENからのお知らせ

scroll top