浦和レッズ

190212_icatch_getty

Jリーグ、歴代ガッカリ外国人監督5人。名門も大混乱、泣かず飛ばずに終わった愚将たち【再掲】

1993年のJリーグ開幕以降、多くの外国人監督が指揮を執り、日本サッカーのレベル向上に貢献してきた。確かな手腕を発揮する指揮官がいる一方で、結果を残せぬままその座から退いた者も少なくない。今回フットボールチャンネル編集部では、泣かず飛ばずに終わった外国人監督たちを紹介する(2019年2月13日のものを再掲)。

0319Urawareds_getty

浦和レッズ、5年間の歴代フォーメーション。ミシャと掴んだタイトル、アジアの頂点から残留争いまで

Jリーグの各クラブは、毎年メンバーを変えながらシーズンを戦っている。5年前と比べると、ほとんどのチームでメンバーの大半が入れ替わっている。今回、フットボールチャンネルでは、浦和レッズの過去5年間の主要メンバーや基本システムをシーズンごとに紹介していく。

0227_urawareds_fcのコピー

酒蔵力が浦和レッズの“聖地”である理由。岡野雅行が退団セレモニーで語ったその思い【聖地の浦和レッズ論・後編】

浦和レッズを嫉妬してしまう要因は、その莫大な年間予算だけではない。実はスタジアム以外に〝聖地〞を持っているという理由もある。酒蔵力浦和本店は「浦和レッズサポーターのサポーター」として名高い。言うまでもなく今井俊博店長もレッズと苦楽をともにしてきた。そんな男から特濃の〝浦和レッズ論〞に耳を傾けた3/6発売の『フットボール批評issue27』から一部抜粋し、前後編で先行公開する。今回は後編。(文:吉沢康一)

0227_urawareds_fc2のコピー

浦和レッズの“聖地”はいかにして聖地となったのか? 酒蔵力浦和本店店長が語る特濃の物語【聖地の浦和レッズ論・前編】

浦和レッズを嫉妬してしまう要因は、その莫大な年間予算だけではない。実はスタジアム以外に〝聖地〞を持っているという理由もある。酒蔵力浦和本店は「浦和レッズサポーターのサポーター」として名高い。言うまでもなく今井俊博店長もレッズと苦楽をともにしてきた。そんな男から特濃の〝浦和レッズ論〞に耳を傾けた3/6発売の『フットボール批評issue27』から一部抜粋し、前後編で先行公開する。今回は前編。(文:吉沢康一)

齊藤未月 橋岡大樹

湘南ベルマーレ対浦和レッズ、予想スタメン&プレビュー。いよいよ2020年のJリーグ開幕!

待ちに待ったJリーグの開幕だ。21日には他に先駆けて湘南ベルマーレ対浦和レッズのオープニングマッチが行われる。昨季は残留争いで苦しんだ両チームはどんな戦いを見せてくれるだろうか。両チームの現状や、リーグ開幕戦の出場メンバーを占う。

20200207_focus_getty

J1新加入期待の外国人選手5人(2)。U-23豪州代表DF、ブラジルからは続々と刺客が日本へ!

今季のJリーグが間もなく開幕する。どのチームも戦力補強に余念がなく、多くの選手が新天地を求めた。そして、日本に活躍の場を移した外国人選手も多い。それぞれのチームで彼らはどのようなパフォーマンスを見せるだろうか。今回フットボールチャンネルでは、J1クラブに加入した新たな外国人選手を5人紹介する。

1225Urawa_getty

浦和レッズ、補強評価は最低の…。大槻監督は続投、14位からの巻き返しは可能か?【2020年J1補強診断】

2020年のJ1リーグが間もなく開幕する。新シーズンに向け各クラブはどのような補強を行ったのだろうか。今回は、14位からの巻き返しを狙う浦和レッズを取り上げる。(文:編集部)

昌子源

Jリーグ、主要移籍まとめ(5)。新天地を求めた選手を随時紹介、今回はこの5人

2020シーズンのJリーグ開幕まであとわずか。各クラブの補強も進み、来る開幕へ向けて準備を着々と進めている。象徴と呼ばれた選手が新天地を求めるなど、移籍市場は活況を呈している。フットボールチャンネルでは、移籍を決意した選手たちを紹介していく。今回はこの5人(随時、追加紹介していく)。

新着記事

↑top