フットボールチャンネル

フォーカス 3日前

本間至恩らはどうなる…。Jリーグで苦戦する欧州出戻り選手6人。思うような結果が出ていないのは?

シリーズ:編集部フォーカス text by 編集部 photo by Getty Images

Jリーグ 最新ニュース

近年、多くの選手が海外へと活躍の場を移している。その一方で、海外から日本に戻ってくる選手も多い。今夏にも本間至恩や林大地といった選手がJリーグに戻ってきた。しかし、海外でプレーしていたからといって、全員が再びJリーグで輝けるとは当然ながら限らない。今回はJリーグで苦戦する欧州出戻り選手を6人紹介する。(成績は「transfermarkt」参照)


MF:柴崎岳(しばさき・がく)

鹿島の柴崎岳
【写真:Getty Images】

生年月日:1992年5月28日
前所属クラブ:レガネス(スペイン)
現所属クラブ:鹿島アントラーズ
今季リーグ成績:7試合0ゴール0アシスト

JリーグはDAZNが全試合独占配信!
通常より1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


「青森山田高校史上最高傑作」との呼び声高い柴崎岳は、今季ほとんど試合に出られていない。

 高校1年次から背番号10を背負って活躍し、2011年に鳴り物入りでプロの世界に飛び込んだ柴崎は、すぐに頭角を現し、2012年にナビスコカップ(現YBCルヴァンカップ)のMVP、Jリーグのベストヤングプレーヤー賞を受賞した。その後も、2015年にシーズン2桁アシストを記録するなど、チームの中心選手として活躍。2016年に行われたクラブワールドカップの決勝、レアル・マドリード戦では、2得点を挙げ実力を世界に証明して見せた。

 この魔法の右足は、海を越えてもなお輝き続ける。2017年冬にスペイン2部テネリフェへの移籍が決まると、同年夏には同1部のヘタフェに加入し、17/18シーズン第4節のバルセロナ戦ではゴールも記録した。しかし、ここがキャリアのピークだった。同じ試合で左足中足骨を骨折すると、復帰後は出場機会が激減。2019年からはスペイン2部でプレーする日々が続いていた。

 そんな中、昨年夏に柴崎は古巣・鹿島へと復帰した。7シーズンぶりの帰還にファンも喜んだが、10月に左ハムストリングを負傷しシーズンを終える。今季もシーズン前の怪我で出遅れ、戦線に復帰したのは5月末に。ここまでリーグ戦の合計プレータイムは200分未満となっている。鹿島は今夏に佐野海舟が海外移籍でクラブを離れた為、ボランチの枠が1つ空く状態になる。柴崎はそのポジションのレギュラーを奪取し、出場機会を増加させることが出来るだろうか。

1 2 3 4 5 6

KANZENからのお知らせ

scroll top
error: Content is protected !!