フットボールチャンネル

フォーカス 2週間前

本間至恩らはどうなる…。Jリーグで苦戦する欧州出戻り選手6人。思うような結果が出ていないのは?

シリーズ:編集部フォーカス text by 編集部 photo by Getty Images

MF:安部裕葵(あべ・ひろき)


【写真:Getty Images】


生年月日:1999年1月28日
前所属クラブ:バルセロナB(スペイン)
現所属クラブ:浦和レッズ
今季リーグ戦成績:出場なし

 瀬戸内高校から鹿島アントラーズに加入した安部裕葵は、ルーキーイヤーにリーグ戦13試合出場を記録すると、翌シーズンはベストヤングプレーヤー賞を受賞。プロ3年目となる2019年にはジーコら鹿島の名だたる名選手が継承してきた背番号10を背負った。

 さらに同年には東京五輪世代を中心に構成されたコパ・アメリカの日本代表メンバーにも招集され、デビューを果たす。そして大会終了後にバルセロナBに完全移籍を果たすなど、誰もが名手への階段を駆け上がっていると信じて疑わなかった。

 しかし、度重なる怪我によって、彼のキャリアは転落していく。2020年冬に負った大腿二頭筋の怪我が尾を引き、復帰直後も再発を繰り返した。結局、怪我の影響で2020年以降まともにプレーすることが出来ないまま、バルセロナとの契約満了を迎えることとなった。

 フリーとなった安部は昨年の夏に浦和レッズへと加入。しかし、浦和のユニフォームでプレーする姿を未だサポーターに見せることはできていない。能力は間違いないだけにもう一度そのプレーを見せてほしいところだが、果たして完全復活の時はやってくるのだろうか。

1 2 3 4 5 6

KANZENからのお知らせ

scroll top
error: Content is protected !!