フットボールチャンネル

フォーカス 2週間前

本間至恩らはどうなる…。Jリーグで苦戦する欧州出戻り選手6人。思うような結果が出ていないのは?

シリーズ:編集部フォーカス text by 編集部 photo by Getty Images

MF:食野亮太郎(めしの・りょうたろう)

ガンバの食野亮太郎
【写真:Getty Images】


生年月日:1998年6月18日
前所属クラブ:マンチェスター・シティ(イングランド)
現所属クラブ:ガンバ大阪
今季リーグ戦成績:7試合0ゴール0アシスト

 ガンバ大阪の下部組織出身の食野亮太郎は、ユース時代に高円宮杯U-18サッカーリーグでチームを優勝に導き、2017年シーズンからトップチームに昇格した。

 トップチーム昇格後の2シーズンはU-23チームの一員としてJ3でプレーする機会が多かったものの、安定した活躍を披露。プロ3年目となる2019年からはJ1での出場機会が増加し、J1初ゴールを含むリーグ戦12試合3ゴールをマークしている。重心の低いドリブルはJ1の舞台でも強烈なインパクトを残し、ファンからは「浪速のメッシ」の愛称で親しまれた。

 すると同年8月、食野は今や世界屈指の強豪となったマンチェスター・シティに完全移籍を果たす。しかし、これがキャリアの歯車を狂わせた。いわゆる同クラブの“青田買い戦略”の対象としてスポットライトを当てられた格好で、世界的なスターが集うシティに居場所があるわけはなく、加入後はレンタル地獄の日々だった。

 最初のレンタル先だったスコットランドのハーツでは、出場したリーグ戦で19試合3ゴール1アシストと満足できない結果に終わる。翌シーズンに移籍したリオ・アヴェ、そして21/22シーズンを過ごしたエストリル(いずれもポルトガル)でも目立った活躍を見せられず、2022年夏に古巣・G大阪に戻ることを決断している。

 G大阪復帰後も、かつてのような圧巻のプレーは見せられていない。年々出場機会が減少し、今季はここまでリーグ戦7試合のみの出場に留まっている。まだ26歳とこれからの選手だが、復活はあるのだろうか。

1 2 3 4 5 6

KANZENからのお知らせ

scroll top
error: Content is protected !!