フットボールチャンネル

フォーカス 2週間前

本間至恩らはどうなる…。Jリーグで苦戦する欧州出戻り選手6人。思うような結果が出ていないのは?

シリーズ:編集部フォーカス text by 編集部 photo by Getty Images

MF:井手口陽介(いでぐち・ようすけ)

神戸の井手口陽介
【写真:Getty Images】


生年月日:1996年8月23日
前所属クラブ:セルティック(スコットランド)
現所属クラブ:ヴィッセル神戸
今季リーグ戦成績:12試合0ゴール0アシスト

 ガンバ大阪ユースに在籍していた井手口陽介は、ユース在籍中の2014年にトップチームへ飛び級で昇格した。2015年の天皇杯決勝で途中出場ながら優勝に貢献すると、翌年からレギュラーとして活躍し、ベストヤングプレーヤー賞を受賞。2017年もリーグ戦30試合4ゴール6アシストの成績を残し、G大阪の攻守の要として君臨していた。

 この逸材を海外クラブが見逃すはずもなく、2017年オフにリーズ・ユナイテッドへと加入。しかし、就労ビザの関係でスペインやドイツのクラブにレンタルされると、出場機会を得ることが出来ず、2019年にG大阪へ復帰することとなった。

 Jリーグ復帰後の3シーズンで安定した活躍を見せた井手口は、2022年冬にスコットランドの強豪セルティックに完全移籍し、満を持して2度目の海外挑戦を果たした。しかし、これも失敗。怪我に悩まされた影響もあり、在籍2シーズン目は屈辱的な公式戦出場なしに終わっている。

 当然、そのような結果でセルティックに残り続けることは難しく、昨年にアビスパ福岡へ期限付きで加入。ここで主力としてタイトル獲得に貢献するなど再び評価を高めると、今冬セルティックからの完全移籍で前年のJ1王者ヴィッセル神戸に加入した。しかし、ここまで山口蛍や扇原貴宏といった絶対的レギュラーの影に隠れ、J1では12試合の出場に留まっている。試合に出場さえすれば井手口らしいプレーを見せるだけに、もどかしい日々が続いている。27歳とライバル2人に比べてまだ若いが、レギュラーを掴み取れなかったのは予想外と言えるだろう。

1 2 3 4 5 6

KANZENからのお知らせ

scroll top
error: Content is protected !!