フットボールチャンネル

Jリーグ 1週間前

期待ハズレ…。Jリーグ前半戦“ガッカリ”助っ人6人。2024シーズン、大苦戦する外国籍選手たち

シリーズ:編集部フォーカス text by 編集部 photo by Getty Images

Jリーグ 最新ニュース

2024シーズンの明治安田J1リーグは折り返し地点を過ぎた。首位を走る町田ゼルビアのFWオ・セフンなど、今季も外国人選手たちが印象的な活躍を残している。しかしながら、中には高い期待に応えられず、チームに貢献できていない外国人選手も存在する。今回は、今季のJ1リーグ前半戦でインパクトを残せなかった助っ人外国人選手たちを紹介する。(情報は7月4日時点の『transfermarkt』参照)


FW:オラ・ソルバッケン(ノルウェー代表)

オラ・ソルバッケン
【写真:Getty Images】

生年月日:1998年9月7日(25歳)
所属クラブ:浦和レッズ
リーグ前半戦成績:3試合0ゴール1アシスト

JリーグはDAZNが全試合独占配信!
通常より1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


 オラ・ソルバッケンの浦和レッズ加入は、今季開幕前に大きな話題となった出来事の1つだ。何しろ、イタリアの名門ローマに所属する選手がレンタル移籍でJリーグにやってくるのだから注目されて当然である。ワールドクラスのプレーを多くの人が期待していたはずだ。

 しかし、蓋を開けてみれば前半戦19試合のうちソルバッケンが出場した試合はわずか3試合。負傷の影響もあってベンチメンバーに入れない試合が続き、ピッチに姿を現すのに5月中旬まで時間を要した。

 それでも、ピッチに立てばワールドクラスの才能の片鱗を見せている。姿勢の良いドリブルで対峙した選手を翻弄し、決定機を作り出すプレーが何度かあった。ソルバッケンの華麗なテクニックに心を躍らせた浦和サポーターも少なくなかっただろう。

 しかし、ようやくそのプレーが見れたと思っていたのも束の間、クラブは7月1日にソルバッケンのレンタル期間が終了し、保有元のローマにレンタルバックすることを発表した。これにより浦和での出場記録は公式戦6試合1アシストでストップとなる。その実力は疑いようがないが、輝いたのはほんの数試合。期待値が高かっただけにガッカリ感が否めない幕切れだ。

1 2 3 4 5 6

KANZENからのお知らせ

scroll top
error: Content is protected !!