川崎フロンターレ

川崎フロンターレ

川崎Fが連覇で作り上げた常勝への「道」。別次元の強さ、終わりなき「やるべきこと」の追求

2018年の明治安田生命J1リーグ王者は、川崎フロンターレに決まった。10日のセレッソ大阪戦には敗れたが、2試合を残して2連覇が確定。年間を通して力強さを維持し、独特のスタイルを貫き通せた理由とは。そして、この連覇がフロンターレの未来に何をもたらすだろうか。(取材・文:舩木渉)

中村憲剛

中村憲剛は38歳でも代役不在。フロンターレ連覇を導いた起用法、誰の目にも明らかな進化

明治安田生命J1リーグ第32節が10日に行われ、2試合を残した段階ながら川崎フロンターレの優勝が決定した。昨季に続く連覇を達成したチームの中心には、中村憲剛がいる。38歳の大ベテランは成長を続け、代役不在の大黒柱であり続けた。(取材・文:藤江直人)

181022_2_getty

明暗がはっきりと分かれた2強。川崎Fが優勝に王手、広島は終了直前に悲劇【J1優勝争いの現状】

明治安田生命J1リーグ第31節が10月31日から11月4日までに行われた。川崎フロンターレが盤石の戦いで勝ち点3を伸ばすなか、サンフレッチェ広島は足踏みが続いている。リーグ王者が間も無く決まる。

181105_kashiwa_getty

柏レイソル、見失った迷路の出口。付け焼き刃の新システムで0-3、今やるべきことは?

明治安田生命J1リーグ第31節が3日に行われ、柏レイソルは川崎フロンターレに0-3で敗れた。システムを変えて挑んだが、成す術なく完敗。収穫など皆無で、順位も17位のまま。レイソルは王者に対し、どのように戦ったのだろうか。(取材・文:青木務)

新着記事

FChan TV

↑top