フットボールチャンネル

Jリーグ 1週間前

「いったい誰がやるんだ…」小林悠が明かす熱い思い。川崎フロンターレを想うベテランが「力不足」を感じる【コラム】

シリーズ:コラム text by 藤江直人 photo by Getty Images

Jリーグ 最新ニュース

 明治安田J1リーグ第21節、川崎フロンターレ対サンフレッチェ広島の試合が6月29日にUvanceとどろきスタジアム by Fujitsuで行われ、1−1の引き分けに終わった。長きに渡って川崎を牽引してきた小林悠は、勝利から遠ざかる川崎の現状を憂い、自らに矢印を向けた。(取材・文:藤江直人)


言い訳にはならない。2試合連続のシュート0本

小林悠
【写真:Getty Images】

 求められている仕事とは何なのか。自問自答を繰り返した川崎フロンターレのベテラン、36歳のFW小林悠は自らに矢印を向けながら、ホームのUvanceとどろきスタジアム by Fujitsuのピッチに足を踏み入れた。

JリーグはDAZNが全試合独占配信!
通常より1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]

 戦列復帰を果たして3試合目。先発して66分までプレーした22日のアルビレックス新潟戦、80分から途中出場した26日の湘南ベルマーレ戦と、小林が放ったシュートはともに0本だった。

 怪我明け、という状況は言い訳にならない。小林自身、コンディションを問われると「大丈夫です」と即答する。J1歴代で7位につけ、現役に限れば168ゴールのFW興梠慎三(浦和レッズ)に次ぐ通算140ゴールをマークしているストライカーは、貪欲なまでにシュートを意識してチャンスを待った。

 ドリブルでもちこんでゴールを陥れるタイプではない。相手ゴール前における特異な動き出しをストロングポイントだと自負し、味方とのコンビネーションを駆使しながら勝負を挑んでいく。

 それでもサンフレッチェ広島と対峙した、6月29日のJ1第21節はちょっと違った。最初の交代カードとして、FW山田新に代わって投入されてから9分後の71分。小林の一撃がスタンドを沸かせた。

1 2 3 4 5 6

KANZENからのお知らせ

scroll top
error: Content is protected !!